挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

プロローグ(第三部)

236/300

はじめに(第三部)

 東大陸西部の雄、イースィンドの王都は、花の都との呼び名も高い。

 海を背にした王城は、崖の上に咲く百合だと言われる。王貴区で競うように威容を誇る貴族の屋敷は、薔薇の花にも例えられる。そびえ立つ尖塔は藤のようで、王立図書館は蓮の花、人並み絶えない下級区も、群生した野菊のようだと讃えられる。

 魔導レンガ製の城壁により四つに分けられた王都の区画は、そのどれもに目を見張るような『花』がある。巨大な建築物がある。街の細部を彩る繊細な装飾がある。絶え間なく船が行き交う港があって、大輪の花を咲かせた門がある。

 文化基準が極めて高いこの街は、存在そのものが観光名所と言っても過言ではなく、事実、王都の玄関口である下級区は、連日連夜、多くの旅人でにぎわっている。

 花束のような街の百花繚乱たる日常。その中で、何でも屋〈フリーライフ〉は、どのような花であるのだろうか。

 添え物なのだろうか。それとも、主役となり得るのだろうか。安寧を求める店主の意に反して、フリーライフには騒動が絶えない。

 今日もまた、中級区の片隅に位置する何でも屋に、花のように美しい少女たちが訪れる。とある青年を中心に、色とりどりの花が集まり始める。

 この物語は、何でも屋〈フリーライフ〉を舞台に彼らが織り成す、ドタバタラブコメディ――。

 兼、愛と欲望のサスペンスである。

次回、『淫獣伝』

隙を晒した獲物を前に、飢えたヒロインが牙をむく。

敗北条件は【既成事実】。貴大は見事、防衛なるか?

次回もお楽しみに!



……はたして、最終部のはじまりがこれでいいのだろうか(・・;)
mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ