挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

真実の欠片編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

235/300

真実の欠片編登場人物

真実の欠片編 主要登場人物


○佐山貴大(21歳)

 この物語の主人公にして、様々な事象、企みの鍵となる存在。彼が幸せになった時、〈アース〉に何かが起きる。が、本人にはその自覚はなし。

 記憶喪失状態で第三部に突入。



○上島優介(21歳)

 これまでに起きた事件の大部分の黒幕。優介は貴大を不幸にしようとして、何年も根回しをして、暗躍し続けた。

 なぜ、友に対してそのようなことをするのかと問えば、自分は世界転移の日、超常的な存在と出会い、何らかの真実を得たからだと言う。そして、死ぬことができない体になったとも。

 壁を越えろと優介は言う。試練を乗り越えてみせろと貴大に発破をかける。それこそが最善の方法なのだ、だからこそ、苦痛や難事は甘んじて受けねばならないと彼は語る。

 そうすることで、全ては解決するのだと――。

 ただし、優介は狂っている。蓮次と同じように常軌を逸している。全ては狂人の世迷言かもしれない。



○群れなす女たち

 貴大の幸せを一心に願う女たち。老いも若きも、人種さえもバラバラだが、共通してイニシャルがM.Cである。

 彼女らは、ただひたすらに貴大の幸せを願っている。貴大が幸せになるのなら、どんなことでもしてあげようと思っている。同時に、貴大が自力で幸せになれることも確信している。

 神か、天使か、はたまた聖女や聖母の集団か。彼女たちの笑顔は、深い慈愛に満ちている。





○エルゥ・ミル・ウルル(28歳)

 優介が用意したモンスターたちを大量虐殺! 数に応じた新アイテム、新素材をゲット! 奇妙な声を上げて笑う彼女のテンションは止まることを知らない。

 もう、こいつが黒幕でよくないですかね?

次章から、フリーライフは最終幕に突入します。

とはいっても、しばらくはラブコメが続きますので、ご安心ください。

さてさて、第三部のプロローグは、記憶喪失になった貴大にヒロインたちの魔の手が迫ります。お楽しみに!
mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ