挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

サイドストーリーズ6

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

210/315

サイドストーリーズ6登場人物

サイドストーリーズ6 主要登場人物


○佐山貴大(21歳)

 あまりのトラブル続きで、廃人と化した主人公。

 今日も今日とてまとわりつく知り合いに幻影を見せては、ご近所さまを騒がせている。


○ゴルディ=ブライト(12歳)

 言わずと知れたアニマル・ビューティー。

 長く、ふんわりとした髪! クルミアをお姉さんにしたような見た目! 包容力グンバツのやわらかボディに、いつも優しいニコニコ笑顔! おまけに、大きな体に反して十二歳という反則ロリ!

 完璧じゃないですか……獣人ヒロイン枠は、ゴルディさんに決まりですね。

クルミア「ゴルディ!?」

 転生して若返ったことによって、心もリフレッシュしたのか、やたら陽気なわんこさん。面倒見もよく、子どもたちのお世話もばっちりなので、孤児院では相変わらずの子守り役。

 ただ、前まではいっぱいなでなでして、ペロペロさせてくれた人たち(貴大とか)からのスキンシップが減って、少しさびしいゴルディだった。



○ニャディア=ブライト(9歳)

 まだうまく人語が発音できない子どもにゃんこ。今日もどこかで「なー」と鳴きながら、風の吹くまま、気がむくままに散歩をしたり、お昼寝をしたりしている。

 黒髪仲間兼、お昼寝仲間な貴大のことは、さりげなく気にしている様子。人を気にかけること自体があまりないので、ニャディアがにぼしをあげていた、という事実を知った院長先生は、「あらあらまあまあ」とにまにましていたとか。

 そして、院長先生もねこぱんちを食らったとか。


○イヴェッタ=カルローニ(27歳)

 娼館パブ(セクシーパブとも)『黒揚羽』で働いているサキュバスさん。昼間は淑女、夜は娼婦を地でいく女性。

 おっとりとしていて、誰に対しても優しい。おまけに、家事も上手で床上手とくれば、落ちない男はいない。中級区どころか、最近は上級区にまでファンがいるとか。

 そんな彼女が気にかけているのが、ダメ人間こと貴大さん。最近、お疲れなご様子なので、近いうちに癒してあげようかな~、と思っていた矢先の、貴大の来訪。

 これは据え膳というやつだろう。彼女は淫魔の本性を露わにした。→ノクターンへ。


○上島優介(21歳)

 暗躍担当その1。

 別れの日から今日に至るまで、貴大にあれやこれやと試練を与え続けた男。靴下が片方ないのも彼のせい。トーストがバターをぬった面から落ちるのも彼のせい。タンスの角に小指をぶつけるのだって彼のせい。

 大小様々な試練を与えては、貴大の成長を目論んでいるようだが……?


優介「それも私だ」 

次回、修学旅行編。

夕暮れの砂浜で、グラサン貴大がトロピカルドリンクをちゅー。
mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ