挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

コロッセオ編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

200/313

コロッセオ編登場人物

コロッセオ編 選手紹介


○黒騎士

 混沌龍事件から数か月。まだまだホットな時の人。しかし、混沌龍を倒したところは誰も見ていないため、その実力は疑問視されることが多かった。数多く出現した偽物のせいでもあるが、予選を勝ち抜いてなお、猜疑に満ちた目で見られていた。

 それでも、キリングを倒し、カウフマンを倒したことから、自然と疑いは晴れ、黒騎士の実在は明らかとなった。だが、それは新たな噂の火種となってしまった……。鎧を脱ぎ、白騎士と人外の戦いを繰り広げたことにより、『神の騎士』、『影の勇者』、『仮面の麗人』など、新たな二つ名が増えまくったとか。

 なお、メイドにしばかれ、わんこにペロペロされ、聖女に懐かれ、ロリドラゴンに戦々恐々としている彼も、本気を出せばかなり強い模様。ネトゲに命をかけている廃人たちと繰り広げた戦いは、今も彼の血肉として生きている。


○白騎士

 決勝戦に突如として乱入した謎の人物。黒騎士と同じ意匠の鎧を身に纏ったその人は、黒騎士と同じ、人間を超越した戦士だった。そのため、貴大はすっかり蓮次と思い込んでいたのだが、実は大人の姿になったルートゥーでしたとさ。ちゃんちゃん。

 混沌龍のような翼と尻尾、角を持っていたことにより、『混沌龍の化身が、黒騎士への恨みを果たすためにやってきた』とも、『混沌龍の子どもが、親の敵を討ちに来た』とも噂されることとなる。

 更に、この後、グランフェリアの大劇場では、『混沌龍の邪悪な魂に憑依された黒騎士の恋人が、救いを求めてやってきた』という内容の劇が催され、人気を博すこととなる。『殺されることで救われた女は、最期に黒騎士と血の味のする口づけを交わし、微笑んだまま消えていく。彼女を抱きしめようとした黒騎士の手は虚しく宙を切り、彼は悲痛な慟哭を上げる』というラストシーンは、涙なしでは語れない。


○皆殺しキリング

 ギルド長としての仕事に忙殺され、鍛練を怠っていたキリングは、繁殖期で娘の窮地に間に合わなかったこと、その娘に悪い虫がつきかけていること、貴族たちが進化した学園迷宮で底上げを図っていることから、鬼のような修行を開始した。

 暇を見つければレベル200台の魔物が住まう魔の山・西部に向かい、超重力でワイバーンなどを狩る。魔物の素材がギルドの運営資金にもなるので一石二鳥。命の危険もあるけれど、パーティーで挑めば怖くない。

 そうした修行も、カオス・ドラゴン来襲から、更に激化していくこととなる。臆するパーティーメンバーを置いて、一人で山の深部へと突き進むキリング。その姿はまさしく鬼そのもので、見る者すべてに恐怖を刻み込んだ。

 一週間後、めぼしい魔物を『皆殺し』にしてきたキリングのレベルは、208まで上昇していたという。


○鉄のカウフマン

 バルトロア帝国最強の騎士。要塞城最深部への前代未聞の侵入を許し、あまつさえ姫を危険に晒し、そのうえ下手人を取り逃がしたとあって、その称号が疑問視されていた時期もあった。

 だが、彼はくじけなかった。不屈の闘志と鋼の忠誠心。そして、下手人への復讐に燃える彼は、魔の山・東部に籠って、ひたすら鍛練を続けた。

 やがてめぼしい魔物が狩りつくされた時、彼は一回り大きくなって帰国を果たした。傷だらけで、しかし頼もしさを増した彼を見て、バルトロア民たちは改めて、彼を『最強騎士』だと称えた。


○鬼と騎士に狩られた魔の山の魔物(雑魚)たち

『ひぎい! 勘弁してくださいでゲスゥ!』

 なお、ルートゥー直下の強い魔物たちは、山の奥に隠れ、『ふふふ……人間にしてはやりおるわ』と黒幕ごっこを楽しんでいたとか。


○スカッシュ・ガルディ

 噛ませ犬その一。秒殺された。


○紫電のコルディア

 噛ませ犬その二。瞬殺された。


○あるちぃ

 ときめく乙女心は無敵だった。


mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ