挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

さよならゴルディ編

190/291

さよならゴルディ編登場人物

ゴルディ「死ぬかと思いました」

貴大「いや、死んだだろ」

と、いうわけで、さよならゴルディ編でした。
さよならゴルディ編 主要登場人物


○佐山貴大(21歳)

 身近な人、動物の死が当たり前な剣と魔法の世界において、それでも貴大は『死』を重く受け止めていた。魔物との戦いで人が死ぬことを、慣れることなんてできない。そういったところも、メンタルの弱さとして捉えられ、冒険者たちからはネズミ呼ばわりされていたのである。

 そんな貴大が、今回、ゴルディの死を先延ばしにするため、がむしゃらに動いたのは当然の帰結と言えよう。青臭いほどの死への忌避感が、彼を突き動かしたのだ。

 結果として、貴大は人化ゴルディにぺろぺろされた。

 ……あれ?


○クルミア=ブライト(10歳)

 下級区の孤児院で、みんなと仲良く暮らしているわんこ少女。

 最近は、仕事の忙しさにかまけて、ゴルディとの触れ合いが少なくなっているのを気にかけてはいた。しかし、年長組のお姉さんなんだから、いつまでもゴルディとべったりはよくないと考え、ちびっこたちにゴルディとの時間をゆずっていた。

 だから、彼女のちょっとした衰えや、元気のなさを気がつくのに、時間がかかった。その結果、ゴルディは死の淵に瀕していて……。

 ゴルディ転生後は、二人そろって貴大をぺろぺろしている。


○ゴルディ=ブライト(12歳)

 ブライト孤児院で飼われていたわんこ。ゴールデンレトリバーの雌で、十年以上、子どもたちを見守り続けていた。しかし、遂に寿命を迎え、その命は貴大とクルミアの腕の中で、儚く消えていった――のだが。

 何と、流行に乗っかり、見事、獣人へと転生を果たした。クルミアをお姉さんにしたような外見となり、人語もぺらぺらしゃべれるようになりましたとさ。

 ちなみに、流行については、他に『異世界転移』やら『VRMMO』、『チート』や『主人公無双』などがあるらしい。


○ルードス=ブライト(33歳)

 信仰心アーップ!

次回、補習編。

貴大、フランソワ、ドロテア、カーミラ、王子様でパーティーを組みます。

目指せ、(補習用)学園迷宮制覇!



※書籍版フリーライフ、発売まで後4日です!

書店行脚が面倒だな、と考えておられる方は、Amazonでお買い求めください(・ω・)b
cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ