挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

サイドストーリーズ5

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

185/313

サイドストーリーズ5登場人物

サイドストーリーズ5 主要登場人物


○妖精三姉妹

 ようやく謹慎が解かれ、フェアリーズ・ガーデンから飛び出してきた妖精三姉妹。しかし、妖精郷に繋がっているはずの出口は、ユミエルが行き来したせいでグランフェリアへと繋がってしまっていた。

 これを幸いと考えた妖精たちは、魔法や、秘宝を駆使して、花の都で豪遊生活を送ることに決めた。

 だが、彼女らは知らない。この王都には、怪物が潜んでいるということを!

 該当者が多過ぎるため、ここでは割愛。妖精さん、強く生きて。


○老龍(4000歳)

 遥かな時を生きる老龍。それでも、まだ初老というのだから、ドラゴン族は長生きし過ぎ。

 元は熱血漢な赤龍だったが、隠居してからは漢方薬にのめり込んで、遂には医龍と呼ばれるようになった。彼を頼って、時の皇帝や、ドラゴン族の患者が幽山の奥深くまでわざわざやってくるとか。

 ルートゥーに頼られたことにより、東の地からグランフェリアへとやってきたが、新たな問題を抱えてしまったため、帰るに帰れなくなっている。

 新たな弟子の腕を、どのように改善するのか。四千年老龍さんのプライドが、何だか折れそうな気配です。


○ミーシャ・ブランシェ(22歳)

 老龍を師匠に迎えたことにより、ようやく、『回復する回復薬』を作れるようになった。

 しかし、味については老龍もさじを投げかけていて、彼女が作る薬はどのようなものもゲロのようにマズイ。そのうえ、ポーションに命すら宿らせてしまった。

【物理無効】を備えたアップル・ポーションが、君の怪我を癒そうと、お口の中に飛び込んでくるぞ!

 なんちゅうもんを……なんちゅうもんを作ってくれたんや……!


○レオン・ド・ヴィルバン(48歳)

 かつて勇者に憧れた男。そして、黒騎士に破れた男。現在は、王立グランフェリア学園の一教師として静かに暮らしている。

 実は、元騎士で、レベル190の魔法戦士でもある。そこに、魔科学を施したカスタムメイドの剣と鎧が合わされば、レベル200に相当する力を発揮できる。

 その力を使って、かつては黒騎士になり切っていたが、本物に完敗したことにより、日常へと戻っていった――かに見えたが、義憤に駆られたことにより、新ヒーロー、マスクドライオンとして復活を果たす。

 力を持ちながら、義を見てせざるは勇なきなり。彼は自分だけの正義を見つけ、他の誰でもない勇者へと生まれ変わった!

 おまわりさん、こっちです。


○ゴルディ(12歳)

 十年前、クルミアとともにブライト孤児院に拾われた雌のゴールデンレトリバー。

 辛く苦しい生活から死を望んでいたが、孤児院の人たちの温かさに触れ、次第に子どもたちを見守るようになった。

 それから十年の歳月が流れ、ゴルディはすっかり老けてしまった。体の衰えは隠せず、走ることすらできなくなりつつある。

 そのような日々の中で、彼女は何を思うのか。次章、さよなら、ゴルディ編。

mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ