挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

聖女奮闘編

177/292

聖女の優しさ

 遠くから、ガタン、ゴトンと、何かが揺れる音がする。

 その音に釣られるかのように、眠りの淵に沈んでいた意識が、ゆっくりと浮上していくのを感じる。

 ああ、そうか。俺はいつの間にか眠っていたのか。

 安息日を惜しむように、夜遅くまで、自分の部屋で映画なんぞを観ていたんだが。どうやら、寝落ちしてしまったらしい。

 切った覚えはないから、映像水晶はつけっぱなしなんだろうな。壁に向かって、チャプター画面を映し続けているに違いない。

 早く起きて、再生を止めなければ。そうしなきゃ、家のメイドに折檻されてしまう。

「……だらしがないですよ、ご主人さま」

「……おしおきです、ご主人さま」

「……イカの相場が下がりますね、ご主人さま」

 まどろみの中で、鬼メイドの言葉が甦っては消えていく。

 ああ、早くしなきゃ。速攻で起きて、映像水晶を止めなきゃいけない。

 それは、頭では理解できていることだ。そうしなくちゃいけない理由も、そうしなければ何が起きるのかも、十分に理解している。

 だが、体がどうにも言うことを聞いてくれない。

 まぶたは全然持ち上がらないし、頭は枕から一ミリたりとも浮き上がらない。体は弛緩し切っているし、映像水晶を止めるべき手はタオルケットを離さない。

 あ~、いかん。いかんいかん。このままだと、俺の朝飯が粗末なものへとミラクルチェンジしてしまう。ただでさえやる気が下がる月曜の朝に、それだけは避けたいんだが……俺の体は、やっぱり睡眠を優先しているようだ。ちっとも起きようとしてくれない。

 まあ、最悪、カオルんところに転がり込めば、朝飯は何とかなるけど……。

「……ヒモみたいですよ、ご主人さま」

「何だ、このタイミングのいい幻聴は!?」

 妙に生々しい言葉のおかげで、俺はツッコミを入れながら跳ね起きてしまった。

「って、あ、あれ? どこだ、ここ?」

 そして、俺は自分が変な場所にいることに気づいた。

 ガタン、ゴトンと揺れる床。壁と天井は木組みの枠に布を張ったほろだ。前後の壁は大きく開いていて、その一つから流れていく街道の風景が見える。

 視界を反対に向ければ、御者台に座り、馬の手綱を引いている奴の背中が見えた。間違いない。ここは俺の部屋じゃなくて、馬車の荷台だ。

 冒険者時代に何度も世話になったからよくわかる。これは、行商人とか、小規模な冒険者グループが好んで使う、2~4人用の小型馬車だな。一頭立ての割りに荷台や足回りがしっかりとした作りで、そのせいでスピードは出ないが、安定感は抜群という代物だ。

 馬車を買ったら、逆に小回りが利かなくなる。しかし、長い道のりを歩いて進むのは辛い。そんな時に、行商人の馬車や乗り合い馬車に乗せてもらって、代わりに護衛を引き受けていたものだ。

 っとと、懐かしさに浸っている場合じゃないな。今考えるべきことは、何で俺が馬車に乗せられているかだ。

 昨晩は酒なんて飲まなかった。気絶をした覚えもない。寝落ちしたとしても、自室のベッドで横になっているはずなんだ。

 それがなぜ、見知らぬ馬車で寝転がっていたのか。陰謀だとか、犯罪に巻き込まれただとか、同居人たちは黙って俺を見送ったのか、とか、色んな疑問が湧きあがってくる。

 だが、首を捻ってばかりいてもしょうがない。ここは一つ、ストレートに御者台に座っている奴を締め上げることにしよう。

「おいっ! お前は誰だ? なんで俺はここにいる?」

 少しきつめの声で、叩きつけるように疑問をぶつける。すると、薄桃色のシスター服を着た少女が、にこりと笑って振り返って……ん?

「おはよう、タカヒロくん。もうお昼前だよ。タカヒロくんって寝ぼすけさんだね。ふふっ」

「メ、メリッサ?」

 俺を乗せてドナドナしようとしていたのは、最強聖女、メリッサ・コルテーゼだった。

 すわ誘拐か!? と思っていただけに、見知った顔の登場にはホッと一安心。しかし、動機がまだ、いまいちよくわからない。

 何でこいつは俺を馬車に乗せているんだ? それも、眠っている隙に、断りもなく。

「あっ、歯磨きするなら、そこのバッグの中だよ。ユミィちゃんに手伝ってもらって、ちゃんと準備しておいたから」

 晴れやかな笑顔で馬車の中を指差すメリッサ。見ると、そこには俺が愛用しているバックパックが転がっていた。

 驚くことに、自室の枕とタオルケットまである。何だろうな、この用意のよさは。何だか嫌な予感がしてきたぞ……。

「いや、その前に、メリッサさん? 少しお聞きしたいことがあるのですが……」

「うん? なあに?」

「どうして私は、馬車に乗せられているのでしょうか?」

 迷える子羊の、至極当然の問いかけ。それに対し、我らが聖女様は、それは難しいことじゃないんだよ、とばかりに、笑顔で応えてくれた。

「えへへ、驚いた? 実は、サプライズで、タカヒロくんに私の巡察を手伝ってもらうことに……」

「脱出!」

 シュバッ! 目にも止まらぬ速さで馬車から飛び出していく俺。

「【ソウル・バインド】」

「グエーッ!?」

 ビターン! そして、チートじみた拘束系スキルで縛り上げられ、地面に落下した俺。

 光の鎖でがんじがらめにされた俺は、情け容赦なく進んでいく馬車に引かれ、小石混じりの街道でガリガリと削られていく。

「あー、駄目だよタカヒロくん。逃げちゃ駄目だってば」

 しばらくして、馬車は歩みを止めてくれたが、カンストレベルの聖女モンスターがぷんぷんと頬を膨らませながら下りてきた。

 逃げたくても逃げられない。俺は、あいつのスキルと笑顔が何より怖い。

「は、離せー! 俺をどうするつもりだー!?」

 一人で何でもできるカンスト聖女様が、わざわざ俺を巡察に連れていく。一体、どこを見て回るというのか。

 魔の中部地方か? それとも魔界か? いずれにせよ、説明もなしに強制連行をしかけるという時点で、この上ない危機感を覚えてしまう。

 大人しくついていけば、命はない。俺は、メリッサの笑顔から、そこまでを読み取ることができた。

「どうもしないよ。ただ、ついて来て欲しかったの」

「ダ、ダンジョンか!? 魔王が封じられたダンジョンにかー!?」

「あはは、まさか。病院も教会もない村を巡察するだけだよ。お爺ちゃんお婆ちゃんの病気を治してあげるの」

「え、えぇ……?」

 おかしい。それじゃまるで、普通のシスターの仕事みたいじゃないか。俺を連れて行かなくても、十分にこなせることだ。

 どこに俺が必要となる要素があるって言うんだ? 自慢じゃないが、他人を治癒するスキルなんて一つも覚えてないぞ、俺は。

「お、俺は何をしなくちゃいけないんだ?」

 他に何かあるのだろうか。そう思って訊いてみるも、

「ううん、何もしなくていいよ」

 という答えが返ってくる。

 おかしい。だとすると、俺がここにいる意味が本気でわからない。メリッサは、何の意図があって、俺をこっそり馬車に乗せるなんてことをしたのだろう。

 こんがらがる頭であれこれ考えてみるも、さっぱり答えはでない。しかし、現に、メリッサは何が何でも俺を連れて行こうとしている。

 一体こいつは、何がしたいんだ……?

「えへへ、実はね、タカヒロくんにお休みをあげようと思ったの」

「へ?」

【ソウル・バインド】で簀巻きにされた俺を背負ったメリッサが、にこっと笑ってこう答えた。

 休み? え? 今日は月曜日なのに、休みってどういうことだ?

 ますます混乱する俺を諭すように、メリッサは丁寧に説明を続ける。

「タカヒロくんは、最近、頑張っているでしょ? 何でも屋のお仕事に、夜の街の見回りとか。人一倍頑張って、疲れているだろうな~、っていっつも思ってたの。だから、お休みをあげることにしたの」

「え? 休み?」

 とん、と俺を馬車の荷台に下ろして、メリッサもその場に座る。そして、人好きのする笑顔で、俺の手をとった。

「『お仕事のお手伝いをしてもらう』ってウソの依頼を出して、タカヒロくんを連れ出したんだよ。こうしたら、ユミィちゃんもごまかせるでしょ?」

「お、おお……?」

「安心して。依頼は出したけど、タカヒロくんは何もしなくていいから。三日だけだけど、ゆっくり休んでいてね」

 悪戯が成功した子どものように、メリッサはくすりと微笑んだ。そしてメリッサは、また御者台に乗って馬を走らせ始めた。

 俺? もちろん、メリッサに……いや、聖女様に向かって祈りと感謝を捧げていたさ。

「せ、聖女様……!」

 思えば、俺の知り合いはみんな、ああしろ、こうしろと要求ばかりだった。休日になっても自由な時間は少なく、誰かしらに引きずり回されることが常だった。

 そいつらに比べて、メリッサはどうだ。聖女様は俺に、「何もしなくていい」と言ってくれたぞ! 月曜日なのに連休を与えてくれたぞ!

「ついて行きます! どこまでも、一生ついて行きます!」

「あはは、大げさだよ」

 照れたように笑って謙遜するメリッサ。

 いやいや、それだけのことをお前はしてくれたんだ。俺にとって、『何もしなくていい休み』というのは値千金の価値がある。

 それをポンと与えてくれたんだ。休んでいていいと言われたとはいえ、出来る限りのことはさせてもらいますぜ!

「とはいえ、しばらくは何もなさそうだけどな」

 圧倒的な解放感に満たされながら、俺は馬車の荷台にごろりと横になる。草原を吹き抜けていく夏の風が肌をくすぐり、興奮からわずかに火照った体を覚ましてくれる。

 うーん、気持ちのいい日だ。こんな日に旅情を味わえるなんて、まったく聖女さまさまだな。

 そう言えば、もうすぐ昼だと言ってたな。ようし、せめてもの感謝の印に、昼飯は俺が作ってやるか! 冒険者生活で慣らした旅人料理を、たらふく召し上がるといい!

「なあ、メリッサ。昼飯は俺が」

「ククク、馬鹿めっ! 隙を見せたなぶらあああああああっ!?」

 ビュン! メリッサに話しかけようとした俺の横を突っ切って、馬車の遥か後方へと飛んでいく『人の形をした何か』。

 俺の頬や幌に、ピピッと血糊が散って、何だかとってもスプラッタ。

 俺の見間違いじゃなければ、幌の上から飛び込んできた暗殺者っぽい格好の男が、メリッサに瞬殺されたっぽい。

 だって、ほら。メリッサさん、男にかました裏拳を、シルクのハンカチでふきふきしてますもん。

「……あ、あれ、は?」

 全身が硬直してしまい、俺はそれだけを口にすることで精一杯だった。

「え? あれ? ああ、いつもの人だよ? 『元』怖い人たちから送られてくる、黒い服の人たち。街の外に出ると、いっつも襲ってくるの」

「迷惑だよねー?」と、笑って返り血を拭うメリッサ。

 その姿に、俺も親指をピンと立てて、ものっそい笑顔で返し、

「脱出!」

 シュバッ! 目にも止まらぬ速さで馬車から飛び出していく俺。

「【ソウル・バインド】」

「グエーッ!?」

 ビターン! そして、チートじみた拘束系スキルで縛り上げられ、地面に落下した俺。

「もー、駄目だよ? あんまりやんちゃしたら、体が休まらないよ?」 

「やだあ! 俺、お家に帰るぅ!」

「駄目だってば。仕事ってことで出かけているんだから、今帰ったら、ユミィちゃんに怒られちゃうよ?」

 チートスキルと、何でも屋の契約。二つの鎖に縛られて、俺は逃げ場をなくしてしまう。

「大丈夫だよ。変な人の相手もわたしがするからね。タカヒロくんは、何もしなくていいんだよ?」

「う、うああああああああ!?」

 白桃色の聖女の笑顔は、他の誰よりも純粋だ。

 しかし、今の俺には、その純粋さが何よりも怖かった……。


今年最初の更新です。

みなさん、あけおめ!
cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ