挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

働く貴大編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

174/300

夜を舞う騎士

「先生は黒騎士についてどう思われますか?」

 まんぷく亭での仕事を終えた次の日、貴大は王立学園に、週に一度の臨時講師として出勤していた。そこで、挨拶もそこそこに、投げかけられた言葉がこれだ。

「何だ、藪から棒に。また黒騎士の話か?」

「だって、先生。昨日の晩もまた、黒騎士が現れたのですよ。もう、私、気になって気になって」

 二学年S組の女子生徒たちが、黄色い声を上げる。どうやら、上流階級に生きる彼女らにとっても、黒騎士の話題はセンセーショナルのようだ。淑女という言葉はどこへやら、巻き毛のお嬢様方は小鳥のように姦しく、囀り続ける。

 その様子を見て、貴大は――――黒騎士の中の人は、こっそりとため息を吐き、小さな声でぼやいた。「またか」と。「また、黒騎士が出たのか」と。

 貴大が黒騎士となり、カオス・ドラゴンと死闘を演じてから、二ヶ月余り。グランフェリアは、未だに黒騎士の話題で持ちきりで、街のそこかしこで彼の名前を聞くことができた。

 黒騎士の正体とは? 男なのか、それとも女なのか。レベルはやはり、250? では、新しい勇者なのか? その割には、神託が下ったという話は聞かない。

 黒騎士はどうして正体を明かさないのか? 混沌龍を打倒するだけの力があるのなら、一国の王になることも可能だ。しかし、彼は何も語らず、何も要求しない。倒すべき敵を倒した後は、闇の中へと消えていく。

 神の使いなのだろうか? 勧善懲悪の化身なのだろうか? その割には活動は不定期で、弱者全てを救済するようなことはしない。グランフェリアの犯罪発生率は、黒騎士出現の前後で大して変わっていないし、荒くれ者が暴力を振るうことなど日常茶飯事だ。

 目的は何だ? 混沌龍を倒したかと思えば、性質の悪い酔漢に灸をすえてみせる男の目的とは? 正義の味方として振る舞いたいのだろうか。では、ナルシストということか? それにしては、人目を避けているようにも見える。

 黒騎士について、わかっていることはとても少ない。彼がどこから来て、どこへ行くのかもわからない。だが、それらの謎は、同時に、彼の魅力を大いに引き立てていた。

 イースィンドは、元々、強者の話題には事欠かない国だ。勇者も年に一度は訪れるし、ハイ・エルフの長老の来訪も珍しい話ではない。今も『鉄のカウフマン』が国内に逗留しているし、先の混沌龍戦で自尊心を傷つけられた騎士団長、冒険者ギルド長は、最近、ますます強さに磨きがかかっている。

 レベル200を超える強者たちの中で、何故、黒騎士のみが盛んに語られるのか。それは、やはり彼の神秘性によるものだろう。

 混沌龍を倒すだけなら、勇者やエルフの長老でもできるかもしれない。騎士の理想像ならばカウフマンや騎士団長、強い男のイメージならば、皆殺しキリングに勝る者はいないだろう。それでも、黒騎士が彼らを差し置いて語られるのは、決して『新鮮なネタ』という理由だけではない。

 わからないからだ。黒騎士の何もかもがわからないからだ。多くの謎を、黒騎士はその身に隠しているからだ。

 その神秘性は、黒騎士という存在への好奇心をかき立てる。わからないからこそ、人々は口々に持論を述べる。他者と意見をぶつけ合い、謎の騎士の正体について迫ろうとする。

 それでも、答えは得られるはずもなく、話は空転するばかり。謎が謎を呼ぶとはまさにこのことで、語れば語るほどに、真実は遠ざかっていくかのよう。

 しかし、人々は熱に浮かされたかのように、大いに語る。身振り手振りを交え、ああでもない、こうでもないと、無限に空想を膨らませていく。

 何故なら、そういった考察や議論が、彼らにとっては何より楽しいからだ。まるで滑車を回すネズミのように、ぐるぐると意見や考えを巡らせること、それ自体がたまらなく面白い。だからこそ、人は謎やゴシップを好むし、どうしようもなく神秘に惹かれる。

 答えを得ることが目的なのではない。その過程にこそ、人間は楽しさ、面白さを見出すのだ。

「昨晩は、他国の密偵を捕まえたそうですわね。と、すると、黒騎士は王室直属の隠密、という話が真実なのでしょうか? カミーラさんはどう思われます?」

「わ、私は、それはないと思います。混沌龍を単身で倒すような人材がいるのなら、他の使い道がいくらでも考えられますので」

「ですわよねえ? なら、裏社会の首領、というのはどうでしょう?」

「そ、それじゃあ、今ごろこの国は乗っ取られていますよ。私が思うにですね……」

 内気なカミーラですら話の輪に加わって、クラスメイトたちと議論を重ねていく。その姿を見た貴大は、黒騎士熱もここに極まれりだなと、うんざりした顔を教室の後ろへと向けた。

 そこには、大貴族の一人娘であるフランソワと、隣国バルトロアから来た留学生、ドロテアがいた。彼女らは、黒騎士談義に加わることもなく、大判の本を広げ、静かに読みふけっていた。

 ここでようやく、まともな人間を見つけたとばかりに、笑みを浮かべて彼女らに近づいていく貴大。しかし、彼女らが手に持つ本の背表紙に書かれたタイトルを見て、その笑顔は凍りついた。

『黒騎士物語』

 二日前に発売されたばかりの、黒騎士を題材とした英雄譚だ。彼の生い立ちをまとめた序章から始まり、血湧き肉躍るような冒険が続き、そして最後は、カオス・ドラゴンとの対決で締めくくられる。

 その物語では、黒騎士は、冥府魔道に堕ちた亡国の王子とされていた。黒騎士は、混沌龍に国を滅ぼされた恨みから魔物へと転じ、戦い続ける悲しき復讐者なのだと、物語全体を通して語られていた。

 他にも、ロマンスや、異形の姿から生じる葛藤、「私は死なない。奴を、原初の混沌へ還すまで」という決め台詞など、英雄譚らしい脚色が盛りだくさん。

 そのような本を、フランソワとドロテアが、夢中になって読みふけっているのだ。辺りを見れば、教室内には同じ本を広げる者が何人もいた。

 いよいよ、居心地の悪さすら感じ始めた貴大。そもそも、混沌龍がイースィンドに来た理由すら、元を正せば彼にあるのだ。だというのに、黒騎士=英雄と見られてしまえば、いたたまれない気持ちにもなるというものだ。

「また黒騎士ですか。くだらないですね」

「あっ、レオン先生。おはようございます」

 そんな貴大にとって、黒騎士否定派ほどありがたい存在はいなかった。

 現二年S組担任、レオン・ド・ヴィルバン。魔科学を専門とする壮年の教師は、不確かなもの、根拠のない言論を何より嫌う。そんな彼にとって、噂ばかりが先走っている黒騎士は嫌悪の最たるもののようで、何かにつけては否定的な意見を述べていた。

「夜闇を駆ける漆黒の騎士、ですか。まるで童話の勇者ですね。いかにも子どもや庶民が喜びそうな題材です」

 レオンの硬質な声を聞いた学生たちは、慌てて自分の席へと戻っていく。二・Sの担任は、弛緩しきった空気を何より嫌うということを、彼らは知っていた。

「諸君らは、国家運営について学ばなくてはならない身。俯瞰的な視点を持たなければならない身なのです。それが、全体ではなく個を注視するなど、恥だと知るべきです」

 レオンは、街や国の運営、治安の維持、流通や経済を動かすのは、個ではなく全だと語る。優れた一個人を排出するのではなく、全体としての質の向上を目指すのが、国家として正しいあり方なのだと、黒騎士熱に浮かれる学生たちに言い聞かせた。

 勇者を夢見るのは、子どもだけでいい。支配者階級に生きる者は、どこまでも現実を見なければならない。その言葉を横で聞いていた貴大は、うんうんと何度も相槌を打った。

(そうだよ。これが正しい意見だよ。黒騎士なんて怪しげな奴、いつまでも英雄視している方がおかしいんだ)

 実際、彼が黒い兜を被って活動した回数は、両手の指の数にも満たない。だというのに、この熱狂ぶりは、異常だとも言えた。

(……やっぱり、アレが原因なのかな)

 ただ、一つ、貴大には心当たりがあった。二ヶ月経っても冷めやらぬ黒騎士ブームを助長する存在を、彼は知っていた。

 それでも、今までは、大した害もないと放っておいたのだが、さすがに『黒騎士物語』などという本まで流行り始めたとあっては、捨て置くこともできないと判断したのだろう。貴大は、ある決意を固め、グッと拳を握りしめた。





「ひっ、き、貴様っ! その格好は、ま、まさかっ、黒騎士っ!?」

 夜の帳が下りたグランフェリアの下級区で、今、二つの影が対峙していた。

 一つは、全身黒づくめの中年男だ。無精ひげを生やした男は、抱えていたずた袋を取り落とし、路地裏の壁に背中を貼りつかせていた。

 一つは、甲冑姿の騎士だ。縁を銀細工で彩った鎧兜は、まるで夜闇を吸い込んだかのように漆黒で、月の光を浴びてもなお暗かった。

「ほ、本当に黒騎士なのかっ!?」

 黒い甲冑に身を包んだ人物は、中年男の言葉に何も答えない。ただ、兜のスリットからのぞく目が、ずた袋からこぼれる宝石だけを見ていて――――

「違うっ! これは、これは俺のだ! 勘違いするなよ、黒騎士!」

 いかにも泥棒といった風情の男が、ずた袋を胸に抱いて、自分に否はないと喚き散らす。だが、その目は細かく揺れ動き、全身はひきつけを起こしたかのように震えていた。

 ――――お前は、嘘つきだ。

 直後、中年男のみぞおちに、鞘をつけたままのロングソードが突き刺さった。

「がふっ!」

 肺の中の空気を一度に吐き出し、男は、白目をむいて前のめりに倒れる。すると、後ろ手に隠していたナイフが露わとなって、図らずも男の嘘を証明する形となった。

 黒騎士と呼ばれた男は、ため息を一つ吐き、ナイフの刀身を壁に叩きつけてへし折った。次に、宝石が詰まったずた袋を男の手から奪い取り、大事そうに脇に抱えた。

 そして最後に――――中年男の手首を、金属板で補強されたブーツで踏み砕こうとした。

「はい、そこでストップだ」

 だが、足が振り下ろされるその瞬間、黒色の騎士は、背後に向かって蹴り飛ばされた。

 重い甲冑を身につけた長身の男が、三メートルほども宙を浮き、ようやく背中から着地する。その強大な力は、黒色の甲冑をへこませ、いくつかの留め具を弾き飛ばしていた。

 それでも、防具がダメージを肩代わりしたのだろう。甲冑姿の男は、すぐさま立ち上がり、前を見据えた。すると、先ほどまで彼が立っていた位置に、一人の男が立っていて――――

「よお、黒騎士さん、こんばんは。どうも初めまして。『本物の』黒騎士です」

 黒い兜に、黒い衣装。全身甲冑の男とは違い、銀細工などどこにもあしらわれていない。胸当てや肩当て、籠手に至るまでまっ黒で、薄暗い路地にそこだけ穴が開いているように見えた。

 これぞ、正真正銘の黒騎士だと言わんばかりに、黒一色だ。下手をすると夜闇に溶け込んでしまいそうなほどに黒い出で立ち。そのような格好をしていながら、黒騎士の口調はどこか飄々としていた。

「何でわざわざ黒騎士のなりをして、正義の味方みたいなことをしてんの? 聞けば、昨日の晩も、他国の密偵を捕まえたんだって? その前も、麻薬密売を取り締まったとか。お手柄だとは思うけど、別に黒騎士に変装しなくてもいいだろ」

 本物の黒騎士、貴大は、ニセ黒騎士に疑問と不満をぶつけていく。

「人助けをするなとは言わねえけど、人の皮を被るなよ。噂が膨れ上がって重荷になってるから、こんなこと止めて欲しいんだけど」

 後ろ足で、気絶したままの泥棒を小突く貴大。しかし、どれほど言葉を投げかけようが、ニセ黒騎士は何も言わない。

 それどころか、腰の鞘からロングソードを抜き放ち、大上段に構え始めたではないか。これには、貴大もますます意図が掴めなくなり、焦って両手を前に突き出した。

「ちょ、待てって! 何でいきなり殺気全開なんだ……よっ!」

 問答無用で斬りかかってきたニセ黒騎士を、また蹴り飛ばして後退させる貴大。だが、下手に加減をしたのがいけなかったのだろう。衝撃を防御スキルで相殺していた黒騎士は、三歩ほど下がった後に、すぐさま突進を仕かけてきた。

「だからっ! お前は何がしたいんだよ!」

 貴大が焦っているのは、抜き身の刃を前にしたからではない。意思の疎通を図れないことに、気味の悪さを感じたからだ。

「【マグネ・セイバー】。【フレイム・ブレイド】」

「チッ、魔法剣士かよ!」

 淡々と宣言されるスキルの発動。磁力の力で加速する剣と、炎を吹き上げる剣。どちらも魔法剣士職で習得できるスキルであり、純粋な剣技とは一味違った効果を見せる。

「【ウィング・ソード】。【マグネ・セイバー】」

「ちょっ、落ちつけ! 路地裏で大技を出すな!」

 炎の飛沫が鋼の羽根と化し、再度生じた磁力によって、貴大へと飛翔する。それら全てを回避スキル【蜃気楼】で無力化した貴大は、黒騎士の背後で実体化し、そのまま彼を蹴り倒した。

「お前、本気で意味わからんぞ。何だ、俺に恨みでもあるのか?」

 うつ伏せに倒れた黒騎士の背中を踏みつけ、そのまま力を籠めていく貴大。胸の装甲が陥没しているため、少しの圧迫で黒騎士は苦悶の声を上げる。

「ほら、何が目的なんだ。言わねーと、このまま気絶させて監獄に直送するぞ」

 貴大は、徐々に、徐々に、踏みつける力を強めていく。それでも黒騎士は口を開かず、ただ、もがくように腕だけを前に伸ばす。これには、さすがの貴大も「何てしぶとい奴なんだ」と呆れ果て、もう気絶させてしまおうと、【スパーク・ボルト】を流し込もうとして――――

「【ボム】」

「何っ!?」

 突然、黒騎士の鎧が弾け飛び、その勢いで貴大は大きく後退させられた。

【ボム】の爆発は、どうやら誤爆ではなく、脱出のための一手だったらしい。現に、黒騎士は既に起き上がり、体勢を整えている。それどころか、回復スキルで傷を癒し、何事もなかったかのようにロング・ソードを構えていた。

「小細工がうまいな。それで魔法剣士となると、状態異常をかけるのも得意そうだ。こりゃあ、マジにならんとヤバいかもな」

【麻痺】や【眠り】で身動きを封じられ、正体を確かめられる。自分で黒騎士を名乗り、それ相応の力を見せてしまった以上、そうなってしまっては言い逃れもできない。

 カンストレベルの力がバレて夜逃げするなど、あってはならない未来だ。そうはさせじと、貴大は、持てる力の全てを使おうとした。

 だが――――

 ボトッ。

「っ!?」

 黒騎士の正体がバレてしまう前に、ニセ黒騎士の正体が判明してしまった。

(レオン、先生?)

 貴大の蹴りや、【ボム】の衝撃で破損していたのだろう。ニセ黒騎士の顔を隠していたフルフェイスの兜が、二つに割れてボトリと地面に落ちた。

 そして露わとなった顔は、魔科学教師、レオン・ド・ヴィルバンのものだった。わずかにしわが刻まれた顔は、しばし固まっていたかと思うと、ドッと汗が吹き出し始めた。

「見たな。私の顔を見てしまったな。対混沌龍戦で少年心が甦り、正義の黒騎士として夜を駆けていた私の素顔を見てしまったな」

 ぽたりぽたりと汗を垂らし、聞いてもいないことをベラベラと喋りはじめるレオン。しかし、その目の焦点は定まっておらず、その癖、体は微動だにしていない。まるで口だけが動いているかのようなレオンの様子に、貴大はただならぬものを感じた。

「勇者イリス、赤光騎士ブラッド、大英雄モンテストリに、稀代の怪盗グルムリン。どの英雄譚も素晴らしかった。心が弾み、夢が広がった。私は英雄たちの物語が今でも大好きだ」

 ガバッ! と大きく手を広げ、天を見上げるレオン。その視線の先に、彼は無数の英雄たちを投影しているのだろう。

「だが、体験は何ものにも勝った。ブレスを吐く混沌龍。地に伏せる無数の人々。そして、単身、龍へと挑みかかる黒色の騎士。歳とともに枯れかけていた心が、じいんと痺れた。童話にかじりついていた、幼い日の自分が甦るようだった」

 今度は、大事なものを抱えるかのように、きゅっと縮こまってみせるレオン。その目は、どこか童心が浮かんでいるかのようで――――貴大、ドン引き。

「その痺れは、二ヶ月経った今でも消えてはいない。何をしようが、心のどこかで常に新しい英雄のことを考えていた。物語として吐き出せば収まると思ったが、英雄への憧れは一向に消えはしなかった」

「『黒騎士物語』書いたの、お前かよっ!?」

「そうだ。ちなみに、ペンネームは『ヴぃるばん・らいおん』だ」

「本名隠す気ねえだろ!?」

 次々とツッコミを入れる貴大は、この時点で、「もう、レオン先生は手遅れだな」と確信していた。

「しかし、黒騎士の姿で、悪を成敗している時だけは、胸に爽快感が満ちていった。偽物とはいえ、英雄になれた喜びで、全身がうち震えたよ。しかし、人間の欲望は尽きないものだ。次第にそれだけでは飽き足らなくなり、いつしか、真の黒騎士になりたいという願望すら抱くようになった!」

 レオンの持つロング・ソードが、青い光を帯び始める。彼は、必殺の一撃を放とうとしていた。

「顔を見られてしまっては、もう後には引けない。君を倒し、私の夢、私の願望を、果たさせてもらうぞぉぉぉーーーっ!!」

「はいはい、【スリープ・ニードル】」

「はうっ」

 純粋な願いに突き動かされ、本物の黒騎士へと斬りかかっていくレオン。だが、容赦の必要なしと判断した貴大はさすがに強く、寸分の狂いもなくレオンの眉間に眠り針を打ちこみ、彼はさっさと自宅へと帰っていった。





「ああ、そういやあ、明日は土曜日か。じゃあ、昼まで寝られるな……でも、一週間あっという間だったな。そんなに忙しかったっけ?」

 ベッドに寝転びながら、貴大はこの一週間のことを思い返していた。

 配達から始まり、ハウスクリーニングやまんぷく亭の手伝い。最後の最後で一悶着はあったけれど、学園の仕事は順調だったし、トータルでの仕事は少なかった。

「……おお、いい一週間だったな。来週もこんな感じで過ごせたらいいな」

 そう呟いて、貴大は目を閉じ、夢の世界へと旅立っていった。

 ――――だが、彼は忘れていた。一年前、自分が何を言っていたかと。

 仕事なんてやだやだ。一日中寝て過ごしたい。労働のない世界へ行きたい。

 そんなことばかり言っていた貴大が、働き通しの一週間を「いい一週間だった」と言う。

 そこには、事件ばかりに巻き込まれた結果、『平和な一週間』というだけでありがたみを感じてしまうから、という理由もある。

 軽いジャブのような仕事ばかりで、ハードな仕事が少なかった、という理由もある。

 しかし、何より、彼の意識に変革をもたらしているのは――――

「……労働は、いいものです」

 とあるメイドの、調きょ……マネジメントだと言えた。
レオン先生「黒騎士のことなんて、好きでもなんでもないんだからねっ! あ、憧れてなんていないんだからっ!」

貴大「このわざとらしいツンデレ!」




ここで大事なお知らせ。

【スキャン】の効果を変更いたします。

旧→全ての生物のレベルやステータスを知ることができる。

新→モンスターのレベルやステータスを知ることができる。

一々「ジャミングしてますから!」と説明するのも苦しくなってきたし、何より、混沌龍や聖女、黒騎士を活躍させることができない!

と、いう訳で、変更です。それに合わせた既存の章の修正は、暇な時にでもガガッと行います。

さて、次回は聖女様がメインです。お楽しみに!

mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ