挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

おしおきメイドユミエル編

170/291

おしおきメイドユミエル編登場人物

おしおきメイドユミエル編 主要登場人物


○佐山貴大(21歳)
 復調した何でも屋〈フリーライフ〉の店主。交代するかのように休暇を取ったユミエルに代わって、一日中、フリーライフ一階の事務所に詰めていた。

 だが、貴大如きにユミエルの代わりなど務まるわけもなく、ユミエル不在を好機とばかりに、揺り椅子に深く腰を下ろし、ぐーすかと昼寝をしていた。ルートゥーも、ここぞとばかりに膝の上に座り、二人でむにゃむにゃ、まどろんでいた。

 その罰だとばかりに、大量の依頼が舞い込み、夜を徹しての作業を強いられ、その挙句、珍妙な動作で踊り狂うユミエルを目の当たりにすることとなった。

 これ以来、少しはユミエルを労わるようになったとか。


○ユミエル(15歳)
 貴大のために、レベル200となった。しかし、体が溢れ出る力に翻弄され、どうにも力加減が狂ってしまう。結果として、服を破り、コップを砕き、主人のパンツを八つ裂きにしてしまった。

 これではいけないと、ユミエルはメリッサを頼り、彼女の指導の下、トレーニングに励むこととなった。

 歌を歌いながらの裁縫から始まり、ダンスやフラフープ、バトントワリングなど、様々な要素が加わっていき、彼女は体に慣れていく。多くのことが同時にこなせるほどに、彼女は『正常』な状態へと戻っていく。

 だが、その姿は明らかに不審者です。ユミエルさん、本当にありがとうございました。


○メリッサ・コルテーゼ(15歳)
 教会の人工聖女様。彼女も、カンストレベルになりたての頃は色々苦労したようで、一年ほどは慣れない体に振り回されっぱなしだった。そりゃあ、一気にレベルが200も上がれば、無理のないこと。三輪車に乗っているベイビーちゃんが、大型バイクに乗せられたようなものですから。

 おかげで、意図せぬ破壊を撒き散らし、ようやく体に慣れた頃には、関係者一同、泣いて喜んだとか。


○クルミア=ブライト(10歳)
 今年の春から年長組の仲間入りを果たした、はなまる元気印の犬っ娘。年長組の職業訓練である奉仕活動のため、週に二回、まんぷく亭で給仕として働くようになった。お姉さんぶりたい年ごろなのか、仕事自体は、むしろ進んで行っている。

 初めの内は、慣れないことで失敗もしたが、ロックヤード一家や、貴大の支えもあって、立派に成長。今では、多くのお客さんに支持される、まんぷく亭のアイドルになっている。看板娘? ああ、そんな人もいましたね。

 ちなみに、クルミアがいない間、ゴルディは年少組の子守りをしているとか。


○カオル・ロックヤード(17歳)
 グランフェリア中級区にある、大衆食堂〈まんぷく亭〉の看板娘。今日も今日とて、注文をとり、料理を運び、お尻を触ろうとしてくるお客さんを軽くあしらいます。

 今回のユミエル騒動の被害者その2。『見てはならないもの』を見てしまったが、家に帰り、牛乳を飲み、頬をパンと叩き、心機一転、夜の営業も頑張った。精神的には結構タフな子なのです。さすが、村育ち。

 実は、登場人物コーナーに登場するのが、16章ぶり。初期から出ている。休日は、貴大を起こして、手料理をふるまっている。家が近所で、一緒に仕事もしている。明るく、元気で、面倒見もよい美少女。これだけの要素を持っているのに、何故、ここまで空気なのか。フリーライフ七不思議の一つである。


○ケイト・ロックヤード(36歳)
『よしおくんフェイント』使いの鬼畜。

cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ