挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

王都の休日編

17/300

わん娘の休日

○ケース2  孤児院のわんこの場合

 きょうも、ゴルディとまちを歩く。

 こじいんのみんなと遊ぶのも楽しいけれど、ゴルディとのんびりおさんぽをするのも好きだ。

 でも、さいきんはそれよりも好きなことが、わたしにもゴルディにもできた。

 それは……。

「わふっ!」

 このにおい! タカヒロだ!

「わんわんっ!!」

 わかってる! 行こう、ゴルディ!!



「っはっはっはっはっは……」

 あんまりいそいで走ってきたから、いきがくるしい。

 でも、タカヒロに会えた!

 いつものこーえんのいつものばしょで、あいかわらずすやすやと気もちよさそーにお昼ねしている。

 お休みの日でも、お休みの日じゃなくても、いつもこの時間はここでお昼ねしている(いいのかなあ……?)。

 タカヒロは、「シエスタだよ、シエスタ! 地理的には近いんだから、そういう風習があってもいいはずだ!」って言ってたけど、むずかしいことはよくわかんない。

 とにかく、せっかく会えたんだ! 遊ぼう!

「わんっ! わんわんっ!!」

「わんわんっ! ペロペロ……」

 あはっ、ゴルディがタカヒロの顔なめてる! わたしもなめよっと。

「くぅん、ペロペロ……」

「おぶっ……ま~たお前らか……」

「「わんっ!!」」

 おきた! タカヒロがおきた! さあ、なにして遊ぼう?





「まてぇぁ~!! 俺の家のカギだ、それはぁぁ~~~~~!!」

「きゃあ~♪」

「わふっ♪」

 タカヒロがなかなかおきないから、こしについてたキラキラしたカギをもってはなれてみた。

 そうしたら、タカヒロがひっしになって追いかけてきた! きゃあ~♪

 鬼ごっこのはじまりだ!

「もう少し……! くおっ!?」

「わんっ!」

 つかまりそうになったらゴルディにパス! ナイスキャッチ!

「くそぉ~、カギ返せ……!」

 こんどはゴルディを追いかけるタカヒロ。

 そんなやり取りがけっこうつづいて、三人ともすっかり息があがった。

 いっぱいかけっこできて、とってもまんぞく!

 あ~、たのしかった!





 遊んだあとは、一緒にお昼ねだ。「しえすた」だっけ? まあ、いいや。

「ゔゔ~ん……フグがぁ……フグがぁ……」

 なんだか、タカヒロがむずがっている。こじいんのちっちゃい子みたいだ。

「ん~……ちゅ」

 こういうとき、シスターみたいにほっぺにキスをしてあげるとしずかになる。

「うぐぐ……ぐ……グ~……zzz……」

 ほら! 気もちよさそうにねむりだした。やっぱりシスターはすごい。

「くぁ~あ……」

 わっ! ゴルディ、おっきなあくび……。

 でも、わたしもなんだかねむたいな……。

 ねよう……おやすみなさ~い……。

 ぼふっとタカヒロのうでに顔をうずめる。

(あ……タカヒロのにおい、こい……)

 こうすると、とってもよくねむれる。なんだか、あんしんできるんだ。

(わたしにお父さんがいたら……こんな感じなのかな……)

 わたしはすて子だけど、タカヒロやこじいんのみんながいる。ちっともさみしくない。

 でも、ときどきだれかに甘えたくなる。タカヒロに会ってからはそれが多くなった気がする。

(タカヒロはやさしい……むねがあったかくなる)

 はじめて会ったときから、タカヒロはやさしかった。

 はぐれたゴルディのことを見つけてまもっててくれたし、こじいんのみんなをいじめるこわい人たちもおっぱらってくれた(シスターはかみさまのおかげっていってるけど、わたしはタカヒロのおかげだと思ってる!)。

 あの日、「どうにかしてやるさ」と言って頭をなでてくれたタカヒロのやさしい顔と、あったかい大きな手は今でもはっきりと思いだせる。

「ありがとね……タカヒロ……」

 タカヒロの服をきゅっとつかむ。すると、むにゃむにゃいいながら頭をなでてくれた。とても気もちがいい。

(ずっと、こんな日がつづくといいなあ……)

 こうして、わたしのお休みの日はゆっくりとすぎていった。




mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ