挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

悪魔祓い編

152/291

聞き取り調査

 図書館の魔女が消し炭になってから、数えて三日。貴大はメリッサと連れたって、街を歩いていた。

「心当たりがいくつかある。まずはそこから回ろう」

 デートというわけではなさそうだ。メリッサは制服であるシスター服に身を包み、貴大も黒いズボンにカッターシャツと、普段に比べて真面目な格好をしている。

「らじゃー! でも、ごめんね、手伝ってもらって」

「かまわん、かまわん。依頼とあっちゃあ、断るとユミィが怖いからな」

 そう言って、両拳を頭の横に当てる貴大。ピンと立てられた指がまるで鬼の角のようで、「鬼ユミエル」を思い浮かべたメリッサは、口を両手で隠してくすくすと笑った。

「だ、ダメだよ、ユミィちゃんをそんな風に言ったら……ふふっ、ふふふ」

「ご主人さま! お仕事するザマス!」

「ぷっ、あはははははは、ああっ、ダメ、ダメだって……うふ、うふふふふふ……!」

 角をつけたままの貴大が、目を吊り上げて甲高い声を出す。ユミエルとは似ても似つかない謎の人物の登場に、メリッサはお腹を抱えて笑い転げた。

「も~! あんまりふざけちゃ、メッ! だよ」

「いやあ、すまん、すまん」

 やがて、上級区につく頃には笑いもおさまったのか、ぷりぷりと怒ったメリッサが、隣を歩く貴大を叱っていた。

「困っている人もいるんだから、ちゃんと調べよ?」

「大丈夫。心当たりがある奴に会うときは、ちゃんとするよ」

「それならいいよ。じゃあ、どんどんいこ~う!」

 やる気を見せ、胸を張ってずんずん歩いていくメリッサ。その後を、苦笑を浮かべた貴大が続く。

 彼らは、時おりじゃれあいながら、上級区の大通りを進んでいく。その先には、王立学園の象徴たる時計塔が見えていた。





 街に悪魔が出た。その話が再びメリッサの耳に入ったのは、黒髪のエルフに天罰が下った二日後のことだった。

 日もすっかり落ち、夜も更けた頃のことだ。赤ら顔の男が、教会に飛び込んできたのは。

 荒々しく扉が開かれた音で目を覚ましたメリッサは、寝巻きのまま礼拝堂へと向かった。すると、そこには、酒瓶を抱えた男が、床に這いつくばっていた。

 明らかに酒気を帯びた男は、腹を地につけ、酒瓶を両手で握り締めて、「神さま助けて!」と、不恰好な祈りを捧げている。

 ここで、メリッサが「どうしたんですか?」とたずねると、男は彼女にすがりついた。

 そして、その口からアルコールの臭気とともに、「悪魔が出た」という言葉を繰り返し吐き出し始める。

 男は言う。悪魔が出たと。俺は悪魔を見たと。

 ところどころでつっかえながらも、男は、路地裏に悪魔が出たこと、悪魔は猫を頭から丸かじりにしていたことをメリッサに伝えた。

 よほど恐ろしかったのだろう。顔を酔いで真っ赤に染めながらも、メリッサの腕をつかんだ手はブルブルと震えていた。

 悪魔の影に怯える男の背中をさすりながら、メリッサは決めた。本格的に調査を始めようと。

 一度や二度ならまだしも、こうも「悪魔を見た!」という者が現れれば、神に仕える身としては捨て置けない。

 何でも屋の青年とざっと街を探して回ったときは、何も見つからなかった。レベルを極めた彼らの探索スキルでも、悪魔らしい反応は見られなかったのだ。

 それでも、実際に、「悪魔を見た!」という者がいる。

 本腰を入れる必要があった。

 翌日、調査を始めたメリッサがまず行ったことは、とある何でも屋の協力を得ることだった。

 佐山貴大は、曲がりなりにも斥候職だ。探索はお手の物であり、隠れ潜むものを暴く術をも身につけている。

 彼と自分が本気を出せば、見つからないものなどない。そう考えての行動だ。

 しかし、あの何でも屋の店主は、面倒ごとを嫌う。三日前は成り行きで調査を手伝ってもらったが、今回は正式な依頼だ。もし断られたら、どうしよう。メリッサは、若干、不安を覚えていた。

 しかし、意外なことに、貴大はすんなりと依頼を受けた。

「俺も気になってはいたからな」

 そう言って、外出の準備を始める何でも屋の店主。そして、とんとん拍子に事は進み……今、貴大とメリッサは、肩を並べて歩いていた。

「ねえねえ、心当たりって何のこと? ここには学校しかないよ?」

 歩きに歩いて、やがて、王立グランフェリア学園にたどり着いた二人。白亜の時計塔を見上げながら、メリッサは貴大に疑問を投げかけた。

「ああ、ちょっとな。悪魔と聞いてピンとくる奴が、ここにいるんだよ。それも、二人も」

「二人も!?」

 これには、さすがのメリッサも驚いた。校庭では小さな子どもたちが走り回り、左手に見える校舎からは調和のとれた合唱が聞こえてくる。

 まさしく平和の象徴そのものである学園に、悪魔とかかわりのある者が二人もいる。にわかには信じがたい話だった。

「どんな人? 生徒さん? 先生?」

 貴大のそでを引き、あれこれ問いただすメリッサ。

「まあ、聖女のお前なら、会えばわかるよ」

「う~ん? どういうこと?」

「会えばわかるって。ほら、こっちだ」

 聖女の質問から逃げ出すように走り出す貴大。

「あ~!? ま、待って~!」

 慣れない場所で置いていかれてはたまらないと、シスター服のすそを軽く持ち上げ、メリッサは何でも屋の後を追った。




「くさい」

「な、何ですか、急に?」

「くさい、くさいよ」

「シスター。自分は、鍛錬の後は水浴びを欠かさないのですが……」

 学園はちょうど昼休みを迎えた頃で、二年S組の教室には生徒の姿はまばらだった。

 それでも、お目当ての人物を見つけたのか、生徒たちと挨拶を交わしながら、ずんずんと教室の奥へと進む貴大。

 そして、窓際の席まで来たところで……同伴していたメリッサが、とある人物たちの匂いをかぎ始めた。

「匂う。匂うよ。とってもよくない匂いがする」

「先生、この人は何なんですか?」

 すんすんと、犬のように鼻を鳴らしてまとわりつくメリッサ。そんな彼女に戸惑いを隠せないのは、二年S組の生徒、アベルとヴァレリーだ。

 彼らは見るからに年下の少女に、「くさい、くさい」と言われ、困り果てている。

「シスター、もう勘弁していただけませんか。身だしなみには、今まで以上に気をつけますので」

 ヴァレリーが頭を下げても、メリッサは彼らの匂いをかぐのを止めない。どこかフェティシズムすら感じられるその行動に、周りの生徒の目も集まり始めた。

 さすがの貴大も、そろそろ恥ずかしくなってきた。だから、「これこれ、年頃の娘さんがそのようなはしたないまねはいけませんよ」と忠告しようとしたところで……。

 メリッサが、口を開いた。

「悪魔くさい。あなたたちからは悪魔の匂いがする」

「なっ……!?」

 これには、アベルらは驚かされた。このシスターとは初対面のはず。それがなぜ、自分の身に宿った悪魔の力を知っているのか。

 彼らは、見開いた目を貴大に向ける。だが、彼は喋ってはいないとばかりに首を横にふった。

 ならば何故? アベルらは、再び、視線をシスターに戻そうとしたところで……突如として現れた光の十字架に、張りつけにされた。

「こ、これはっ……!?」

 小指すら動かせない光の戒めに、アベルとヴァレリーの額に冷や汗が浮かぶ。遠巻きに見ていた女学生が、短く悲鳴を上げる。

 だが、薄桃色のシスターは意にも介さず、標本にされた虫を見るような目で詰問を始めた。

「悪魔に力を借りることは、いけないことだよ? お母さんに教えてもらわなかったのかな?」

「重々承知しております! 今では、自分の愚かさに悔いしか覚えません!」

「その通りです! 確かに、僕たちはエルゥ先生に唆されて、悪魔に力を借りました! ですが、己の未熟さを恥じ、その力は封印しました!」

 己の潔白を証明するかのように、大声を張り上げるアベルたち。それでも、聖女の無機質な瞳は、変わりなく彼らを見つめる。

「本当に? 悪いことには使っていないの?」

「はい!」

 メリッサの念押しに、力強く答える二人。彼らの目は、穢れなく、まっすぐな光を放っているように見えた。

 しかし、次の瞬間、彼らの体に電流がほとばしる。

「アババババババババ!?」

 全身に紫電が走り、ガクガクと痙攣するアベルたち。肌はすすけていき、髪は見る見るうちにアフロになっていく。

 そして、電流がおさまる頃、二人のアフロはがくりと頭を落とした。

「グググ……な、なぜ……?」

 屈強さで知られたヴァレリーが、何とか顔を上げ、シスターに疑問を投げかける。すると、メリッサは表情をぴくりとも動かさず、さらりと説明する。

「その十字架は、【真実の十字架】。ウソをつくと、天罰が下ります」

「なんっ……!?」

 ヴァレリーの額に、今度は脂汗が浮かび始めた。

「天罰が下ったということは、あなたたちがウソをついたということです。なんでウソをついたのかな? そんなに後ろ暗いことがあるのかな?」

「ち、ちがっアアアアアア!」

 違う、と言おうとしたのだろう。しかし、虚言など許さぬと言わんばかりに、すぐさま電撃がほとばしった。

 メリッサの目から、温かみがどんどん失われていく。

「あなたたちが犯人なのかな? ねえ、あなたたちが犯人なの?」

「な、何の……?」

「中級区にね、夜な夜な悪魔が出るらしいの。あれは、あなたたち?」

「ち、違います……」

 今度は、【真実の十字架】は反応しなかった。

「あれ? ちがうの?」

「自分たちでは、ありません……」

 やはり十字架は反応しない。嘘偽りを許さない聖なる十字架が、天罰を下さない。メリッサは、首をひねった。

「でも、つい最近、悪魔の力を使った……そんな匂いがしたんだけどな」

「っ!!」

 ヴァレリーと、未だうなだれたままのアベルの体が、ビクリと震える。その反応は、今までにないものだ。いぶかしんだメリッサが、更に尋問を続ける。

「悪いことはした?」

「はい」

「中級区で悪いことをした?」

「いいえ」

「あれ? じゃあ、使い魔を放った?」

「いいえ」

「じゃあ、何をしたの?」

「言えません」

 脂汗をだらだらと流しながらも、肝心のことを言おうとしない罪人たち。【真実の十字架】の性質を逆手に取り、嘘は言わないが、決して真実も言おうとしない。

 これは、長丁場になるか。

 メリッサも、彼女の雰囲気に飲まれ、固唾を飲んで見守る者たちも、誰もがそう思い始めたとき……。

 一つの声が、上がった。

「女子更衣室をのぞいた?」

 アベルとヴァレリー、二人の体が、熱病でも罹ったかのように震え始めた。

「女子更衣室をのぞいた?」

 再度発せられる問いかけ。

 二人は「はい」とも、「いいえ」とも言わない。

「女子更衣室をのぞいた?」

 繰り返し、坦々と問いかけているのは、二年S組の女学生、エレナとロズリーヌだ。

 以前、アベルたちに酷い目に会わされたことがある彼女たちは、ある種の確信をもって、彼らの目をのぞきこもうとする。

 だが、脂汗にまみれたアベルらは……スッと、目を逸らした。

 それが、答えだった。

「シスター! やっちゃってください!」

「うん。【ディバイン・ジャッジメント】」

「アッアーッ!?」

 神の雷が罪人らに降り注ぐ。

 煌く雷光。周囲を照らす、浄化の光。

 目にもまぶしい【ディバイン・ジャッジメント】の白光がおさまる頃……教室の床には、人型の消し炭が二つ、転がっていた。

「このっ! このっ! 変な視線を感じると思ったら、やっぱりあんたたちだったのねっ!」

「女の敵っ! 女の敵っ!」

 明かされた事実に女学生たちは怒りで顔を赤く染め、倒れふす淫蕩の悪魔たちに蹴りを叩き込む。ドムッ、ドムッ、と、鈍い音が教室に響き渡る。

「まさか、まさか……」

「このような形でバレるとは……無念っ!」

 嵐のような粛清の中、アベルとヴァレリーは、最後に一度、天に手を掲げるが……。

 その手は何をつかむことなく、やがて、パタリと地に落ちた。

「あいつらも違ったか……しかし、若いなあ……」

 罪人たちが裁かれる光景を背に、貴大は教室を出ていく。その後に続くのは、薄桃色のシスターだ。

「残念だったね。でも、いけない子におしおきできたから、いいんじゃないかな?」

「う~ん……まあ、以前からのぞき魔が出るって問題にはなってたんだ。よしとしよう。アベル、ヴァレリー……叩けばホコリが出るようなことは、もうするんじゃないぞ」

 最後にチラリと哀れな教え子たちの姿を見て、貴大は教室から去っていく。

 その背中を、ある女学生が見つめていた。



cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ