挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

わん孤児院編

15/291

わん孤児院編登場人物

わん孤児院編 主要登場人物

佐山貴大さやまたかひろ(20歳)
 クルミアとその愛犬ゴルディ(♀)に引っ張られて辿り着いたのは、下級区のオンボロ孤児院。院長のルードスには、始めは入院希望だと思われた。見た目がみすぼらしいから。主人公ェ……。

 さっさとお暇しようと思ったが、下級区管理員(区ごとの管理者たち。上役は大抵貴族)にクルミアたちが強請られているのを見て、どうにも放置できなくなってしまった。めんどくさがりだが、お人よしでなにげに小心者だから、本当に困っている人を見捨てると毎夜毎夜思いだしてなかなか眠れない性質なのだ。

 クルミアたちのため、自分自身の心の平穏のため、下級区改革に乗り出す。



○クルミア=ブライト(9歳)
 下級区のブライト孤児院に住むゴールデンレトリバーのような毛並みとデカさ(183cm)の犬っ娘。獣人は早熟なのです。

 獣人は身体の構造上、10歳前後になるまではうまくしゃべれない。クルミアも頑張ればカタコトで話せるが、疲れるのでいつもは「わんっ!」や「くぅ~ん」と、犬のような鳴き声で気持ちを伝える。

 孤児院に捨てられた時から一緒にいた犬のゴルディ(ゴールデンレトリバーの牝。同い年)とは大の仲良し。お風呂も寝る時も一緒。そのゴルディと、中級区への冒険に出かけていた時にはぐれ、保護していてくれた(と思っている)貴大にお礼をしようと孤児院へと連れて帰る。



○ルードス=ブライト(32歳)
 ブライト孤児院出身のシスター。先代の院長に代わって、院長を務める。本来は優しい性格なのだが、最近始まった下級区管理員の強請りによってピリピリしている。

 始めのうちは貴大のことを、働きもせずに人にたかろうとする無職や浮浪者の類だと思っていた。見た目がみすぼらしいから。主人公ェ……。

 シスターのくせに、眼鏡で見え隠れする目元のほくろが妙に色っぽい。後ろで括った濃い紫の髪と相まって、とってもアダルティ。それが管理員の上役(貴族)の目に留まってから、孤児院への圧力が始まった。



次は休日編~。更新は明日!
cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ