挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

肉編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

149/313

シンプル・イズ・ベスト

○香草焼き

「だかりゃ、タカヒリョ! 男は、米より酒らろぉ」

「はいはい、ネンネしような、ネンネ」

「おいしー♪」

「何やってんだ、お前ら……」

 顔を真っ赤に染めて、ぐでーっとテーブルに突っ伏している混沌龍の少女。

 それをあやす俺。

 ちゃっかりルートゥー持参の紹興酒をくぴくぴ飲んでいるケイトさん。

 そして、呆然と突っ立っている、アルティ。

「なんだ、見てわかんねーのか。勝ったんだよ、俺は」

「そうか……いや、ワケわかんねーよ」

 だろうな。結果だけを見ると、俺にもよくわからんよ。とにかく、俺は勝ったんだ。その事実が重要だ。

「何したんだ、お前」

「聞きわけがないドラゴンちゃんに、酒を飲ませてやっただけだ」

 俺がしたことは簡単だ。飯より酒だとのたまう混沌龍さんに、望み通り酒を与えたんだ。

 ゲームプレイヤー時代に入手した酒を。アルコール度数96度の、スピリタスをな!

 ルートゥーは少女の姿をしていてもドラゴンだからな。酒には目がないと思っていたよ。

 しかし、いくら始めて見る酒だからって、一気飲みするとは思わなかった。火がつくような蒸留酒を一瓶丸々飲み干したりしたら、人間だったらただじゃすまない。酔いを通り越して昇天してしまう。

 それを、酔いつぶれる程度で済ませてしまうとは……さすがドラゴン。たいしたうわばみだ。

「りょ~……タカヒリョ~……zzz」

「はいはい、ルートゥーちゃん。上に行って寝ようね~」

 遂に寝入ってしまったルートゥーは、ケイトさんが担いで連れて行った。

「いいのか? 実況係、どっか行ったぞ」

「俺が知るかよ。そもそも、これは身内のイベントみたいなもんだ。お前らはお前らで、二階でわいわいやってんだろ? こっちも勝手にやろうぜ」

「そうか……まぁ、ちょうどいいかな……」

「ん? 何か言ったか?」

「なんでもねーよ!」

 ぶつぶつ呟いていたアルティが急に大きな声を上げ、でーんとテーブルに大きな木製ボウルを置いた。

 中には、溢れんばかりの野菜と肉。レタスなどのみずみずしい野菜と、香ばしく焼き上げられた肉の組み合わせが食欲を誘う。

「さっ、食ってくれ。豚肉の香草焼きだ」

「ああ、いただくよ」

 これまた、えらく懐かしいもんが出てきたな。豚肉の香草焼き。この街の冒険者たちがやたら好んで食べる料理だ。俺も、冒険者時代はよく食ったな……。

 そういえば、アルティのお袋さんは、この料理が得意だと聞いたことがある。さすがに食べたことはないが、キリングのおっさんの自慢話は耳に挟んだ。

「うちの香草焼きよりうめえもんはねえ」

「うちのカカアは、下手な料理人よりも料理上手だ」

 実際、何人かの冒険者は食べたことがあるらしい。そいつら曰く、お世辞抜きに美味しかったとのこと。香草焼きをこれほど美味く作れる彼女は、まさしくギルド長の妻に相応しいと、絶賛していた。

 アルティは、その人の娘だ。当然、直々に手ほどきを受けているだろう。これは期待できるぞ。

 ……しかし、何かを忘れているような……?

 まぁ、いいや。今は香草焼きだ。

 肉やフレッシュハーブを、レタスで包む。そして、あんぐと口を開けて、それにかぶりつこうとして……。

 ピタリと、動きを止めた。

 思い出した。思い出したぞ。

 冒険者サンド……! 

 あれを作ったのは、誰だ? 香草焼きの名人、アルティのお袋さんじゃねえか……!

 パンに肉や野菜を挟んだ冒険者サンドは、アルティのお袋さんが作るものが最上の味とされている。しかし、実際に食べてみて……俺は、どうなった?

 あまりのまずさに、意識が飛びかけたんだ。舌が汚染されるような味に、ぽろぽろと涙を流したんだ。

 そして、悟った。きっと、この世界の人間と、地球出身の俺では、どこか味覚が異なるのだろうと。彼らの最上の美味とは、俺にとってはゲロマズなのだと。

 すると、この香草焼きも。冒険者たちがこれ以上にないと断言する、スカーレット一家の香草焼きも。もしかすると、ゲロみたいな味なのかもしれない――――。

「どうしたんだよ? さっさと食えよ」

 アルティが横から急かしてくる。当然だな。母親直伝の自慢料理を前にして硬直されれば、誰でもじれったく思うだろう。

 でも……でも! あのとき口にした冒険者サンドの味を思い出すと、手が動いてくれないんだ……!

 終いには、野菜で巻いた肉を持つ手がブルブルと震えだす。い、いかん! アルティが相手だとしても、失礼だろうが! 食え……思い切って、口に入れるんだ! そうすりゃ、後はどうにでもなる!

 そうは思うが、俺の体は言うことを聞いてくれない。依然、硬直したままだ。

「ネズミ……?」 

 アルティの疑いが、決定的なものに変わりつつある。だ、駄目だ! 早く食え! 口の中に放り込め! やれ、やるんだ、佐山貴大!!

「そうか、そういうことか……」

 間に合わなかった……! アルティは、眉根を下げてうつむいた。

 しまった……! やってしまった……!

 後悔先に立たずとはよくいったもので、今更悔いたところでどうしようもない。

 俺の臆病さが、アルティを傷つけてしまった。もう、俺にできることなど一つしかない。一刻も早く頭を下げ、ボウルの中身をたいらげる。これだけだ。

 もう、手は震えていない。できる。肝心なときに間に合わなかったが、今の俺ならば、香草焼きを完食できる。

 さあ、まずは謝るんだ。しかる後に、香草焼きを食す! これしか道はない!

 そう思って、赤毛の少女に顔を向けると……。

「すまんっ!!」

 逆に、頭を下げられた……ホワイ?

「おめえ、前にオレが持ってった冒険者サンドがクソまずかったから、心配してんだろ? 香草焼きもマズイんじゃないかって」

 あれ? 何で俺が冒険者サンドがまずいって思ってることを知ってるんだ? 態度に出てた?

「アレは……アレはな。実は、母さんじゃなくて……オレが作ったもんなんだ! 料理なんてしたこともねえ、オレが! だから……だから、クソみてえな味になったんだ!!」

「な、なんだってーっ!?」

 今明かされる衝撃の真実。冒険者サンドは、お袋さんではなく、アルティさんお手製でした。道理で……アルティ、料理とかしなさそうだもんな。そりゃあ、まずくもなるわ。

「あの時、オレは自分でもまずいって思ってたんだ。なのに、どうしてもおめえに手料理を食ってもらいたくて……自分でも、何でそうしようと思ったのか、未だによくわかんねえ。どうかしてたんだ、あんな生ゴミみてえな料理を……ほんとーに、すまん!」

「いや、いいんだ……気にしなくて、いいんだ」

 きっとそれは、ほれ薬のせいだ。あのマッドネスなお薬のせいで、アルティもおかしくなっていただけなんだ。

 今回といい、あの時といい、エルゥはろくなことをしないな……。

「そう言ってくれるか……はぁ~……胸のつっかえが取れた気分だぜ……さっ、じゃあ、改めて、香草焼きを食ってくれ!」

「えっ……」

 なぜそうなる。自分で今、料理が下手ですって言ったじゃん!

「そんな顔すんなって。安心しな。今回の料理は、母さんに手伝ってもらったから、まずくねえよ。味見したけど、うまくできたと思う。手伝ってもらうのは情けねえと思うけど、詫びの料理がまずかったら、どうしようもねえからな」

「そうか……」

 それなら安心だと、ほっとため息を一つ。気を取り直して、俺はレタスで包んだ香草焼きにかぶりついた。

「おっ、これは……」

「いけるだろ? なんたって、オレの母さんの料理だからな!」

「ああ、うまい! これはうまいぞ、アルティ!」

「へへ……」

 いや、これは本当にうまいな。しっかりと効いた塩気に、乾燥ハーブとフレッシュハーブの癖の強さ。それらがレタスでうまい具合に和らげられ、さっぱりと食える。

 なるほど、これは市販の香草焼きとは一味違うわ。焼き加減か、ハーブの種類か……その辺りはよくわからんけど、断然、こっちの方がうまい!

 レタスで肉を包む手の動きが止まらない。いや、こりゃうまいわ!

「うんうん、うまい、うまい」

「だろ? そうだろ?」

「ああ、うまいわ。かなりうまい。こんなにうまいんだ。お袋さんも、心配して覗き見なんてしなくてもいいのにな」

「なっ……!?」

 気づいてなかったのだろうか。厨房からチラチラと、亜麻色の髪の女性がこちらを見ていることを。始めて見るが、あれがアルティのお袋さんなんだろう。

「か、母さん……! 見んなって言ったろ!?」

「でも、アルティ、お母さん、心配で……お皿はひっくり返さなかった? 他の子みたいに、ちゃんと料理の説明はした? ああ、そういえばお相手は、最近アルティがよく話してくれる『タカヒロ』さんだったわよね。私、挨拶した方が……」

「わーっ!? わーっ!?」

 ははは……何やってんだか。アルティがわたわたと慌てながら、お袋さんを厨房に押し込んでいる。まぁ、こういった場に親が来るなんて、授業参観みたいなもんだ。恥ずかしいって気持ちはわかるけどな。

 まぁ、あの様子だとしばらく帰ってこないだろう。俺は俺で、のんびり香草焼きでも食っていよう。

 そう思い、視線を厨房から目の前のテーブルに移すと……何か、見えた。

 今、視界の端に、何か映った。

 あれは――――何だ?

 ゆっくりと、顔をまんぷく亭の入り口へと向ける。いる。やはり、いる。

 鬼が。血涙を流した、〈憤怒の悪鬼〉がいる。

「キリ……ング……」

 違う。あれは〈憤怒の悪鬼〉なんて生易しい相手じゃない。泣く子も黙る、〈皆殺しキリング〉だ。

「どうした。食わねえのか。食えよ、ネズミ」

「は、はひぃ……」

 食いしばった歯の隙間から、腹の底から搾り出しているかのような声が漏れてきた。その響きに突き動かされ、俺は香草焼きが入ったボウルに手を伸ばす。

「うめえか。オレの妻と娘が作った飯はうめえか」

「はい、はいぃ……!」

 キリングは、決して店に入ってこようとはしない。店の外に立ったまま、じっと俺を見つめている。それが俺には、余計に怖く感じられた。

 もう、味なんてわからない。この香草焼きは、俺の延命装置だ。

 食べなきゃ殺される。でも、食べきっても殺される。なぜか、確信めいた考えが俺の脳裏をよぎった。

 砂を噛むとは、まさにこのこと。俺は、鬼と見つめあって、震える手で香草焼きを胃袋に詰め込んだ。

 あと一歩のところでお袋さんがキリングに気づいてくれて、なだめすかしながら帰ってくれたからよかったものの……。

 まさか、街中で、しかも飯を食ってるときに、「死ぬかもしれない」と予感させられるとは思わなかった。


○とんかつ

「私の料理はね~……ジャジャーン! とんかつ、で~す!」

「とんかつ」

 パカッと開けられた蓋の中には、何の変哲もないとんかつが。

 普通だ。ひねりも何もない、超普通なとんかつだ。

「あれ? タカヒロ、とんかつ好きだよね?」

「ああ、好きだよ」

「だよね! はい、ウスターソース。好きにかけて食べてね」

「はい」

 かけるソースまで普通だ。普通すぎる……。

 じょぼじょぼとウスターソースをかけて、とんかつを口に入れる。

 さくりとした食感の、きつね色に揚がった衣。溢れ出した肉汁が、口の中でウスターソースと混ざり合う。

 うん、美味しい。普通に美味しい。が、特筆するべき点が見つからない。普通過ぎるからだ。

「味付けは薄めにしたよ。ご飯と食べるんだったら濃い目の方がいいけど、今回は肉料理対決だもんね。とんかつだけで満足できるように、豚肉の味が活きるように、薄味にしたんだ」

 へへーんと得意げに語るカオル。ああ、どうにも没個性的な味だと思ったら、そういうことだったのか。

「ねっ、ねっ、どう? 美味しい?」

「ああ、美味い」

「やったね!」

 普通という言葉は呑み込んでおく。せっかく作ってくれたんだ。難癖をつけることもないだろう。

 しかし……味わえば味わうほど、普通の味だな。

 うまい。うまいにはうまいんだ。だが、心が満たされない。そんな気がする。

「マヨネーズかける?」

「ああ」

 むなしい……飯がないとんかつって、どうしてこんなにむなしいんだ。

 そのまま俺は、ざくざくととんかつを食べきった。

 カオルは、空になった皿を見て喜んでいた。

 今度アカツキに、男が好む味や料理について、娘に教えるように頼んでおこう。カオルが用意したとんかつは、俺にそう思わせた。


○焼肉

 最後の審査も終わり、二階に引っ込んでいた連中がぞろぞろと降りてきた。

 テーブルの前にずらりと並び、俺をじっと見つめている。

 その目のどれもが、誰が一番なのかと、俺に問いかけていた。

 いいぜ、俺も男だ。ズバッと決めてやろうじゃねえか!

 男らしく、ズバッと!

「う~~~んんんん…………」

 決められたら、苦労はしないんだよな~……。

 最も優れた料理を決めてしまえば、必ず一悶着起きるだろう。何だかんだで自尊心って厄介なもんだからな。それが料理ともなると、女は引けないものがあるだろう。

「さあ、先生? おっしゃってくださいませ。私の料理が、最も優れていると」

「あっ、てめえ、フランソワ! なに寝言言ってんだ!」

「一番だったらいいな~」

「いや、我のが一番! 一番だと、決まっておるわ!」

「とんかつはタカヒロの好物だからね。きっと、私が……」

「……水餃子も、ご主人さまの好物です」

「優劣に興味はありませんが、事実として我が国のヴルストは美味です」

「ほう? 私のポトフよりもかい? 大した自信じゃないか」

 決める前から、この喧騒だ。ほんとに、決めてしまえばどうなってしまうことやら……まんぷく亭崩壊ENDを想像するのが、すごく、すごく簡単だ。

 それだけは避けたい……いや、できれば、俺の身の安全も守りたい。

 しかし、妙案は浮かんでこず、俺の頭は空回りするばかり。

 その時だ。一人の少女が、駆けてきたのは。

「まって~! まだ、わたしが終わってないよ~!」

「ん……? ああ、クルミア!」

 犬獣人の少女が、テーブルにお盆を置く。そして、「忘れるなんて、ひどいよ、タカヒロ」と渋い顔をする。

「すまん、すまん。意識を失ったり、怖い思いをしたり、色々あったからな。すっかり忘れてた」

 ぐいぐいとクルミアの頭を撫でると、不機嫌そうな顔がにへらっと崩れる。うんうん、クルミアにはこういう表情の方が似合っているな。

「さ~て、じゃあ、いただこう! クルミアは、何をつくった……の、か……な……」

 ひとしきりわんこの頭を撫でた後、俺は視線をテーブルに落とした。すると、そこには、平皿に盛りつけられた焼き豚バラ肉と……。

 白米が、あった。

「おおお……!?」

 実は、ずっとフラストレーションが溜まっていた。ルートゥーの時に一度爆発したが……俺はこの勝負中、ずっと、ずっと、白い飯が食べたくてしょうがなかった。

 だって、しょうがないだろう? 俺は日本人だ。それも、酒より飯の人間だ。それが、肉料理を食べて、白米を食べないだなんて……俺の常識では、ありえないことだ。

 それでも、俺は我慢した。「今すぐ飯を炊け!」などと喚き散らさず、肉料理のみで耐え抜いた。白米への欲求を消したわけじゃない。本能にも似た欲望は、消すことなどできない。

 しかし、これは肉料理対決なんだ。そう思って、ひたすらに耐えていたんだ。

 そんな俺の目の前に、つやつやと輝く銀舎利が……ほかほかご飯が、用意されていた。

「ク、クルミア? これは……?」

 聞かなくても、目の前に何があるのかなど、俺にはわかっている。

 しかし、聞かずにはいられなかった。これは何かと。食べてもいいものなのかと。

 信じたかったんだ。これは幻なんかじゃないと、誰かの口から聞きたかったんだ。

 だから……クルミアが笑顔でうなずいた時、俺は神にすら感謝した。

「やいたお肉と、ご飯だよ! タカヒロ、お酒よりご飯がすきだっていってたから。アルティさんのお母さんに、手伝ってもらったの」

「おお、おおお……!」

 がっしりと、左手で茶碗を掴む。白い飯から立ち昇る蒸気を、胸いっぱいに吸い込む。そして俺は――――猛然と、目の前にあるものを、喰らい始めた。

「ああ、ああああ! これだ! これなんだよ! 俺が食いたかったのは!」

 塩がよくきき、脂が滴るまでに焼けた肉。そして、それを受け止める白米!

 噛めば噛むほど、ほおばればほうばるほど、舌で、のどで、胃袋で! えもいわれぬうまさを感じる!

 日本人に生まれてよかったと、心の底から感謝する、この瞬間!

 ああ、これだ! 優勝は、この料理だ!

「100点まんてええええええん!! クルミア、100点満点んんん!!!!」

「わう~! やった~!!」

「えええええええええええええええええええええええええ!?」

 歓喜の涙を流しながら、俺は高らかに宣言する。これが一番だと。シンプル・イズ・ベストだと。米と肉の組み合わせは無敵だと!

 優勝した喜びに、俺に飛びつく可愛いわんこ。負けたことを納得しかねる女ども。

 未だ、幸せとともに肉と白米を噛み締めている俺。

 まんぷく亭内の雰囲気が、段々と剣呑なものに変わっていく。予想通りだ。しかし、白い飯で焼き肉が食える喜びは、何物にも変えがたい。だから、俺は結果がわかっていても、米を食ったんだ。

 ざわつく女たちに、はしゃぐクルミア。

 第一回グランフェリア豚肉料理対決は、未だ終わる気配を見せない。

 夜はまだ、長い。





 豚肉料理勝負対決から数日。俺はしばらくの間は肉を見るのも嫌になって、昼飯は魚市場の食堂ですませていた。

 魚に貝、海老に海草。街のすぐそば、グランベルゼ湾で獲れたばかりの新鮮な海の幸は、豚肉責めで疲弊した俺の舌と胃に優しかった。

 もう、嬉々として、焼き魚やら海鮮サラダなんかをほおばったね。うめえ、うめえと、声を上げて、煮魚の汁まですすった。

 そんな俺の食べっぷりを気に入ったのか、食堂の主人が新鮮な鮭の半身をくれた。何て太っ腹な人なんだ……! また後日、お礼に伺おう。

 さてさて、鮭ときたらどのようにも調理できるぞ。一度凍らせて刺身にしてもいいし、焼いてもいい。スモークサーモンにするという手もあるな。ああ、夢が広がりまくりんぐ!

「ただいまー!」

 うきうきしながら、家の玄関をくぐる。決めた! 今日は素直に焼こう。鮭はたっぷりとあるんだ。思う存分、楽しもうじゃないか!

 そう決めた俺は、美味しい未来ににやけながらリビングのドアを開けた。そして、台所にいるであろうユミィに声をかけようとして……。

「あら? タカヒロちゃん、これはなあに?」

「あーっ! 鮭だー! わたし、鮭、大好き!」

「鮭はいいですよね。私、鮭のムニエルに目がなくて……」

「え? 鮭といったら、フライでしょう?」

「は?」

「ええ?」

 なぜか家のリビングにいた淫魔に。道具屋の娘に。喫茶店のマスターに。学園の若手教師に。

 囲まれた。囲まれてしまった。

 彼らは俺を囲み、鮭の料理法についてあれこれ意見をぶつけ合う。

 何だろう。ものすごいデジャヴュ。

「塩焼き!」

「マリネ!」

「ムニエル!」

「フライ!」

「味噌漬けだ!」

 家の居候の混沌龍様まで加わっての大激論。その場に、すっとユミィが割って入って、場をとりなす。

「……問題は料理のこと。いくら意見をぶつけあっても、しかたありません。ここは一つ、料理勝負で……」

「もう、勘弁してくれえええ~~~!!」

 抵抗の声もむなしく、結局、料理大会は開かれることとなりました。

 ちなみに、その日の晩御飯は、お肉でした。

 けっこう美味しかったです。……くそおおおおおお!!!!

mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ