挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

聖女来訪編

145/291

聖女来訪編登場人物

深夜バイトで生活リズム狂ったので連続投稿。

私、今、お昼ご飯食べています。

労働ってこええ!
聖女来訪編 主要登場人物


○佐山貴大(20歳)

 今回、聖女様にまんまと誘き寄せられた主人公。そろそろ、危機管理能力が問われるところ。

 縛り上げられ、洗脳されかけ、少しメンヘラな女の子に仲間認定され、踏んだり蹴ったり。それでも、「いつものことか」と思ってしまう辺り、よく訓練されてはいる。

 これまでの女性たちに、聖女様までも加わってヒロインの輪を形成。この包囲網から、果たして彼は脱出できるのか!? 脱出できなければハーレムENDです。


○メリッサ・コルテーゼ(15歳)

 白い髪の毛、金の瞳の、教会の人工聖女。ダンジョン・コアを組み込んだことによりレベルはカンストしたが、聖女に必要な「神の祝福」は与えられなかったため、便利な道具として、ありとあらゆる汚れ仕事を回されていた。

 元は捨て子で、孤児院で普通の生活をしていたのだが、人工聖女の実験台にされたため、人生が一変。おどろおどろしい裏の世界で5年間も過ごしてきたため、どこか病んでいる。思い込みの激しさは、氷山の一角に過ぎない。

 今回、貴大により開放されたため、「元・怖い人たち」とお話をしてきて、その結果、裏仕事をしなくてもよくなり、グランフェリアの教会のシスターとなった。

 貴大を友だちと呼び、暇があれば彼に会いにくるようになる。


○ユミエル(14歳)

 本章で遂に判明。ユミエルは素材厨。何でもかんでも、素材の味を活かした味付けが好み。トーストも、もちろんバターも塗らずに食べます。

 それでも、彼女が作る料理は、食べる者の好みにあわせてあるあたり、あざとい、さすがヒロイン、あざとい。


○ルートゥー(1012歳)

 混沌龍の新たな習性が判明。何でも食べられること? 違う。混沌龍は混沌厨だということだ。何でもかんでも、混沌とした味が好き。ラーメンはマシマシ、うどんは天かすどばどば。スープは飲むというより、食べるという感覚! トーストには、もちろんジャムやバターを塗りたくります。


○初代学園長

 新しいダンジョン・コア、ゲットだぜ!






次回、「肉片」……ではなく、「肉編」。

肉食獣たちが、牙をむく。
cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ