挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

わん孤児院編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

14/313

お昼寝わんこ

「それで、ミケロッティさんはすっかり改心し、今では私財を削って各孤児院の補修や援助の増額も行っているようで……やはり、主は我々を見捨ててはいなかったのですね」

「そうですねー(棒読み)」

 ある日のうららかな午後。ブライト孤児院の庭に備え付けられた木製のチェアーに座る貴大と院長のルードスは、和やかにアフタヌーンティーを楽しんでいた。

 庭から見える大広間では、子どもたちがタオルケットに包まってすやすやとお昼寝をしているのが見える。

 クルミアだけは貴大の膝の上に座り、彼に寄りかかって眠っている。愛犬ゴルディはその足元で瞳を閉じている。

「すみません、タカヒロさん。重くはありませんか?」

「いや、これぐらいなら軽いもんっすよ」

「この子ったら、体は大きいけどまだまだ甘えたい盛りで・・・きっと、思う存分甘えさせてくれるタカヒロさんをお父さんだと思っているのですよ」

「お父さん、か……ははは(お兄さんではなく……? ぐはっ)」

 肩にもたれかかる頭をそっとなでてやると、甘えるようにぐいぐいと掌に顔をこすりつけてくる。まるっきり犬だ。見守る大人二人の顔に笑みがこぼれる。

「こいつを見ていたら俺も眠くなってきた……チビたちと一緒に寝てもいいですか?」

「ええ、どうぞ。ふふっ、じゃあ、私は晩御飯の仕込みをしてきますね。よかったら食べていってくださいな」

「ああ、いただきます。どうもすみません」

「いいんですよ、子どもたちにお菓子を持ってきてくれたお礼です。遠慮なく召し上がっていってください」

 「では」と、ティーセットを持って台所へと消えるルードス。

「じゃあ、いっちょ寝るか」

 ひょいとクルミアを抱きかかえて大広間へと連れていく貴大。そのあとをゴルディがゆっくりと追ってくる。

「このタオルケットは誰も使ってないな……よし、寝よ寝よ」

 クルミアをそっと下ろし、タオルケットをかけてやると、自分も横になる。傍ではゴルディが、すでに寝る体勢となっている。

「天下泰平ことも無し。ふぁあ~あ」

 元々、貴大は【ブレイン・ウォッシュ】がちゃんと効いているのか確かめに来ただけなのだが、クルミアにつかまってここまで連れてこられた。

 図らずも地域住民である院長の話を聞き、何も問題ないことが分かると、秘かに感じていたプレッシャーから解放されたのか、眠気を催してしまった。こうなった以上、もう、昼寝以外の選択肢は彼にはない。

「じゃあ、おやすみ~……」

 本能にはえらく弱い貴大は、体の底から滾々と湧き出てくる心地よい眠気に身を委ね、意識を手放した。





(うん……? なんだ……?)

 ペロペロと頬を舐められる感触に、貴大の意識は浮上しかける。

 どうやら、クルミアとゴルディが貴大の頬を舐めているようだ。

「ん~んん……止めろよ……」

 子どものようにむずがる貴大。その様子に、犬っ娘たちの攻勢は止む。

「そうだよ、それでいいんだ……」

 そのまま一人と一匹を寝床に引っ張り込んで、あやしつける貴大。なでつけるその手に、ゴルディは早くもうっとりと目を閉じている。

「寝るぞ~……ほら、クルミアも寝ろ寝ろ……」

 わんこ達を撫でながら、自らも意識を手放しつつある貴大。

 そんな貴大に、クルミアが寝転びながらにじり寄っていく。

 そして、ちゅっ、と、頬にキスをした。

 何事か囁くクルミア。



「わう……タカヒロ……ありがと……」



 聞こえるか聞こえないかの声。

 しかしそれは、まどろむ貴大の耳にも確かに届いていた。





わんこ編、しゅ~りょ~!
mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ