挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

混沌龍編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

138/313

助けて! 混沌龍に食べられちゃう!

今回も、まじめにバトル(性的な意味で)。

負けたらノクターン行き。
「なあ、何故駄目なのだ? 何が気にくわんのだ? なぁなぁ」

 グランフェリアへと続く街道を、俺と、ゴスロリ服を着た少女が歩いていた。

 彼女の名は、ルートゥー。御年千年を超える混沌龍、〈カオス・ドラゴン〉だ。

 三年前、俺と親友たちが死ぬ気で追い払った魔の山の主。グランフェリアを恐怖のどん底へと叩き落した黒き死の象徴。カンストレベルのBOSSモンスター。

 そんな化け物が、俺と子どもをつくるためだと言って、龍人へと変化したのだ。

 あの恐ろしき巨龍が、今は幼さが抜け切らない少女へと姿を転じている……いや、それどころか……。

「やはり、こちらの方がよかったか?」

 そう言うやいなや、みるみるうちにルートゥーの体が成長していく。手足は伸び、腰はくびれ、胸は大きく膨らんでいく。そして、ピンクの唇は、まるで黒色のルージュをひいたかのように黒く、艶やかに染まっていく。

「どうだ? これならそそるか?」

 そう言って、俺にしなだれかかってくる竜人の美女……いや、ルートゥー。急激な成長を遂げたルートゥーは、大人の女性の色気すら醸し出して、俺の体に腕を絡めてくる。

「だからっ! そういうの、やめ!」

「なんだ、やはりこちらの方が反応が悪いな。ジパング人は総じて幼女趣味であるとは、真実であったか」

 肉食獣に捕まったかのような感覚に背筋が震え、思わずルートゥーの腕を振り解く。すると、混沌龍の美女は少し残念そうな顔をして、瞬く間に少女の姿へと転じた。

「それとも……もしや、母となりたいのか? いいぞ、貴様を母体に改造することも、我が父となることも、できないことではない」

 今度は、変化は見せない。視界の下方で、なにやらルートゥーのスカートが盛り上がっているのが見えるが、あれは気のせい。気のせいったら気のせい。変化はない。

「俺は健全な男だ! 母親になりたいだなんて、そんな歪んだ願望、もってるわけねえだろ!」

「そうか。やはり、柔らかな女の体を組み伏せ、欲望のままに犯したいのか」

「言い方! 言い方!!」

 スカートの盛り上がりは、もう見えない。よかった……思いとどまってくれて、本当によかった。

 今は少女の体のルートゥーは、今度は髪型をいじっている。長いストレートの黒髪を、ウェーブをかけたり、短くしたりしている。次はどのような変化を見せつけてくることやら……。

 このように、〈カオス・ドラゴン〉は、年齢や性別、体の構造を自由自在に変えられる……らしい。それどころか、やろうと思えばどのような生物にもなれるとのこと。

 どうしてそんなことができるんだ、と聞いてみたところ、「混沌という呼び名は伊達ではない」という答えが返ってきた。意味わかんない。まさにカオス。

「どうだ? 我はかわいいだろう? 父様や母様、他の龍族の男どもも、みな一様にかわいい、かわいいと褒め称えてくれた。そんな我と子づくりしたいであろう? 我に種つけしたいであろう?」

 結局、長い黒髪をアップにまとめた程度で落ち着いたようだ。左右に体をふりふり、俺に自分の体を見せつけてくる。でも、子づくりだなんて……。

「したくありません!」

「なぜだっ!?」

「当たり前だろうっ! 何でろくに知りもしない相手と子どもがつくれるんだ! 少なくとも、俺はできない!」

「我はできるぞ?」

「俺ができないって言ってんの!」

 果たして本当に、意思の疎通はできているのだろうか。押し倒された時から今に至るまで、ずーっとこの会話の繰り返しだ。

「そもそも、なんで俺なんだよ……俺より強い奴はいっぱいいるだろう。ほら、勇者とか……ほら、天上龍とかいるじゃん! 強い奴がいいってんなら、そういう奴らにしとけって。な?」

「勇者は神臭いから好かん。そして、天上龍様は我々龍族の神様だ。どちらも子づくりの相手としてはありえない。我は、貴様がいいのだ」

「なんでだ? あの時、お前と戦ったのは俺だけじゃねえだろ。なんで俺なんだ」

「それは……き、貴様が、初めて、我の心臓を抉った者だからだ」

「……………………は?」

 やっぱり、ドラゴン語は難しいですね。まるで意味が理解できない。

 え? 今、何で俺を選んだんだ、って話をしているんだよ? なんで臓器の名前が出てくるの。

 俺の混乱に気づかず、ピンクに染まった頬に両手を当てたルートゥーは、恥ずかしげに話を続ける。

「我が龍鱗を貫く短刀……肉や骨を断ち切り、奥へ奥へと沈められる魔素の刃……そして、我が心臓を蹂躙する貴様のスキル……どれも甘く、切ない感情を我にもたらした」

「……………………え?」

 俺の【ピアース・エッジ】で心臓を貫かれて、その感想? え? 心臓破れちゃったんだよ? カンストBOSSって、怖いなぁ……。

「こんこんと湧き上がる恋慕が、我を酩酊させた。我は波に翻弄される木の葉のようだった。それは、貴様に心臓を貫かれた一瞬のうちに感じたことだ。まるで爆発のようだった……例えるならば……そう、赤い実、はじけた」

 やかましいわ! って、実際に心臓はじけたわけだから、とんだブラックジョークだな……。

「気がつけば、貴様は姿を消していた。我に狂おしいほどの恋情を植えつけ、いずこかへと去っていたのだ。どうしようもない感情を持て余し、毎夜毎夜、我の心臓は切なく疼いた……貴様を想わぬ日はなかった……」

 ルートゥーの目が、潤んでいる。頬は赤く染まり、への字に結ばれた唇はひくひくと震えている。そして、混沌龍の少女は、俺の胸へと顔をうずめてきた。

「嬉しかったのだぞ……貴様の波動を感じ取った時、我は涙すら流した。貴様に会うために、体も綺麗に磨いた。服も新調した。そして、準備が整った後、高鳴る鼓動を抑えながら、幸せを噛み締めるように、ゆっくりと時間をかけて貴様の元へと飛んできたのだ」

 俺の体に回された腕に、ギュッと力が籠もる。俺の服に埋められた口から、熱い吐息が漏れるのがわかる。ルートゥーが、俺に体のすべてを預けているのがわかる―――。

「これで、我の気持ちはわかっただろう……? さあ、タカヒロ……我と、子づくりしよう……?」

 潤んだ瞳で俺を見上げ、ルートゥーがささやいてくる。

 彼女の言葉は、きっと偽りのないものだ。包み隠さず、胸のうちをさらけ出しているんだ。

 ならば、それに対する、俺の答えは決まっている―――。

「お断りします」

「なぜだっ!?」

「自分、心臓貫かれて喜んじゃうようなバイオレンスな人は、タイプじゃないので……」

「我の初めてを奪っておいて、何をぬかすかっ!?」

「ひ、人聞きの悪いことを!? 言い方っ! 言い方っ!!」

 やいのやいのと騒ぎつつも、俺たちは街道を歩き続ける。俺は、グランフェリアの我が家へ帰るために……ルートゥーは、俺に嫁入りするために。

 ……連れて行くしか、ないんだろうなぁ……。

 帰れと言われて素直に聞くような奴じゃないし、力づくで追い返そうにも相手の方が強い。どうにもならなさそうだ。

 すまん、ユミエル。同居人が増えそうだ。





「ほほう、ここが貴様の家か。そして、我らの愛の巣か」

「違う違う。愛の巣にはなりません」

「我は思うのだ。つれない態度も、またいいと」

 だれか、俺の尻を撫でてくる竜人少女をどうにかしてくれ。こういうのは、勇者辺りがなんとかしてくれるんだろう?

 でも、勇者はもうこの国にはいない……〈カオス・ドラゴン〉襲来から五日が経ったが、〈カオス・ドラゴン〉がどこにも見当たらないから、次の現場に向かったそうだ。勇者って忙しいんだなぁ……。

 しかし、やっとこさグランフェリアに帰ってきて驚いた。結局、〈カオス・ドラゴン〉は、〈黒騎士〉がどうにかしたって話になってるんだもんなあ。

 帰ってきたら、やけに街のみんなが落ち着いていたもんだから、門番のおっちゃんに話を聞いてみたんだわ。すると、こんな答えが返ってきた。

 黒い衣装に、黒い兜。全身黒づくめの謎の騎士が、〈カオス・ドラゴン〉の眉間に剣を突き刺し、いずこかへと連れ去っていった。その後、どこからも〈カオス・ドラゴン〉の目撃情報が上がらないことから、彼の者が混沌龍を討伐したのだろう、という線が濃厚になった。

 今も〈カオス・ドラゴン〉捜索は続けられてはいるが、占い、探索系スキル、マジック・アイテム、いずれも「巨大な龍」の反応を示さないことから、〈カオス・ドラゴン〉の死亡は確実視されている。

 今はむしろ、〈黒騎士〉の正体について、街のみんなはあれこれ言っているよ。

 これが、今のグランフェリアの実情らしい。

 ああ……すげえ的を外してる。

 〈カオス・ドラゴン〉は死んじゃいない。俺と腕を組み、俺の隣に立っている。かわいらしい、少女の姿で。そりゃあ、「巨大な龍」を探してたら、今のルートゥーは見つからんわな。

 それに、〈黒騎士〉ってなんだ。俺のことか? 俺、〈カオス・ドラゴン〉の単独撃破とかできないんですが……なんで英雄視されてるのさ。正体がバレていないだけ、まだマシか……とっさの思いつきとはいえ、兜被ってて本当によかった。

 でも、みんながそれで納得しているのなら、それでいいのかもしれない。英雄が現れ、恐るべき〈カオス・ドラゴン〉を討伐した。それでみんなが安心して生活できるのなら、わざわざ真実を教えることもないだろう。

 幸い、ルートゥーはおとぎ話に出てくるような、いたずらに人間を害する「悪いドラゴン」じゃないみたいだしな。こいつが興味があるのはあくまで強者で、弱い人間はわざわざ命を奪うことはしないらしい。

 確かに、砦での攻防では、あからさまに手加減していたもんな。怪我人は出たけれど、死者はゼロだということが、ルートゥーの言葉が真実であると語っている。

 だから、ついてきたがるルートゥーを街の中にまで連れてきたんだが……。

「いいか、これから家に入るけど、変なことは言うんじゃないぞ。子づくりとか、何とか……」

「ああ、承知しておるわ。何度も言うでない」

 龍の翼と尻尾を揺らし、余裕たっぷりな顔で俺に応えるルートゥー。大丈夫かな……大丈夫なのだろうか……いや、大丈夫だ! 大丈夫な、はず!

 帰る途中に立ち寄った村とかでは聞きわけがよかったからな。人間社会のルールも熟知しているようだし……ここは、千年の時を刻んだ、人生経験豊富な龍を信じよう。

「じゃあ……開けるぞ」

「うむ」

 いよいよ、帰宅の瞬間だ。ここまで長かった……疲れた……まずは、風呂にはいって寝よう。ルートゥーは……ユミエルに任せよう。

 そう思って、玄関のドアに手をかけようとした瞬間……内側から、ものすごい勢いでドアが開いた。

「ご主人さまっ!!」

「うおっ!?」

 そこから飛び出してきた小柄な女の子が、勢いを殺さず俺に抱きついてくる。って、こいつは……。

「ユ、ユミィ?」

「ご主人さま……! ご主人さま……!」

 おそらく、泣きつかれて寝ていたのだろう。目は充血し、髪がほつれている。いつもアイロンがかけられてしわ一つないメイド服も、今はくしゃくしゃで少し汚れている。

「ど、どうしたんだ、ユミィ? なんで泣いてるんだ?」

 こいつが涙を見せたのは、これで二回目だ。しかも、前よりもひどい様子で、憔悴しきっている。一体、何があったというのだろう。

 わけもわからずユミィの頭を撫でながらたずねてみると、涙で声を詰まらせながら、たどたどしく語り始める。

「わた、私、ご主人さまが死んだと思って……ご主人さまが、私をおいて死んじゃったと思って……いつまで経っても、ご主人さまが帰ってこなくて……うぅ……うええ……」

「おいおい、帰るのが遅れたのは謝るけど、なんで俺が死んだとか……………………はっ!?」

 思い出してみれば、こいつとの最後のシーンは、死亡フラグ満載のもの……普通に考えれば、勝てるはずのない〈カオス・ドラゴン〉に単身で挑みかかるとか、死以外の未来が見えない。

 普通は、俺が死んだと思うだろう。〈カオス・ドラゴン〉にミンチにされたと思うだろう。実際、同じ状況なら、俺でもそう思う。

 そのことを、すっかり失念していた。だって、帰る途中はルートゥーをどうしようか、頭がいっぱいだったし、帰ってきてからも、街は平和そのものでいつも通りだったし……ユミィが、俺が死んだと思って落ち込むという悲劇的なシーンが、浮かんではこなかったんだ。

「ごめん……正直、すまん。いや、ホントに」

「ばかぁ……! ご主人さまのばかぁ……!」

 あわわわわわ……! えらいことしてしもうたぁ……!?

 え、えらいこっちゃ、えらいこっちゃ……どうする!? どうやってユミエルに謝意を示す!?

 土下座か!? ここはやはり、土下座か!?

 答えが出ぬまま、俺はひたすらに泣きじゃくるユミィの頭を撫で続ける……が、そんな時間も長くは続かなかった。

「わ、我というものがありながら……なんだ、その女は!?」

 狼狽した声に振り向けば、顔を青くしてわなわなと震えているルートゥーの姿が……俺、知ってる。

 こういう時、たいていろくなことにはならないって!





残り一話、貴大は貞操を守れるのか。
mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ