挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

混沌龍編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

136/300

イースィンド、滅亡の危機

今回は、まじめにバトル。
 王暦732年。

 イースィンド王国は今、滅亡の危機に瀕していた。

 きっかけは、些細なことだった。

 あるものが、王都に接近しつつある。その一報が、国境警備隊から伝えられただけ。それだけだ。

 だが、その一報は、王国滅亡の通知と同義だった。

 「アレ」が王都に辿りついたならば、一夜でグランフェリアの街は灰燼と帰す。とあるエルフ族の学者は、こう断言した。

 力なき民たちは、迫りくる黒き影に誰もが怯え、涙を流した。冒険者、騎士、歴戦の猛者たちであっても、今回ばかりは死を覚悟した。

「ちくしょう、死にたくねえよぉ……!」

「なんで! なんであんなのが!」

「ああいうのは、勇者がなんとかしてくれるんだろう!?」

 阿鼻叫喚とはこのことか。大の大人が泣き喚き、恐怖のあまりに這い蹲って嘔吐する。未だ接敵していないにも関わらず、砦の中は絶望に満ちていた。

 ……いや、厳密にいえば、そうではない。

「へへっ、奴さんから会いに来てくれるなんてな。手間がはぶけるってもんだぜ」

「さて、害獣退治としゃれこむか……」

 冒険者と騎士の長は、

「お父様、参りましょう」

「…………あぁ」

 大貴族の父と娘は、

「イースィンドに生きる者たちよ! 今こそ、持てる力の全てを尽くして戦う時! 怯むな! 臆するな! 我らが倒れれば、この国の森や大地、愛する者の全てを失うと知れ!」

 そして、国王は、諦めてなどいなかった。

 比類なき難事において、闘志を燃やす者。仲間や部下を鼓舞する者。彼らの存在は、他の何よりも砦に集った者たちを勇気づけた。

 だが、依然として、迫りくる「モノ」が脅威であることは変わりない。

 暗黒の絶対者。

 一つの種族の頂点。

 魔の山の主。

 数々の異名で万民に恐怖とともに知れ渡り、今まさにイースィンドを襲わんとしているモノの名は……。

 混沌龍、〈カオス・ドラゴン〉といった―――。



◇ ◇ ◇ ◇ ◇



「足手まといになるかもしれねえけどさ。オレも、戦ってくるよ」

 ここは、グランフェリアの東50kmに位置するボルス砦。王都防衛の要の一つだ。良質の魔導レンガで築かれた大砦は、何者をも寄せつけないといわんばかりの威容を誇っている。

「うちの母さんはさ、いい人なんだよ。街の連中も、気のいい奴らばっかりでさ。お前も知ってるだろ? 死なせたくねえよな……死なせたくねえよ」

 そこの大部屋の一つで、俺はアルティと向かい合って座っていた。勝気なアルティが、珍しく神妙な顔をして、泣きそうな声で想いを語っている。周りを見渡せば、大部屋にいるのはそんな奴らばかりだ。

「オレが戦えば、その分あいつらが生きられるだろう? もしかしたら、〈カオス・ドラゴン〉から逃げられるかもしれねえ。だから……」

 ここで、ぐっと声を飲み込むアルティ。言いたいことはわかっている。きっとこいつは……。

「だから、おめえも一緒に戦ってくれ! おめえはこの国の人間じゃねえし、戦うのが嫌いだってのも知ってる……でも! でも、今回だけは……今回だけは、一緒に戦ってくれ……! 頼む……いや、お願いします……!」

 涙をこらえて、俺に頭を下げるアルティ。こいつがこんなことをするなんて、普段の様子からは考えられない。それだけ真剣ってことなんだろう。

 ……それも仕方ねえか。なにせ相手は、〈カオス・ドラゴン〉。レベル250の、BOSSモンスターだ。

 〈カオス・ドラゴン〉。魔の山に住まう、龍族の頂点に位置する存在。

 レベル280の〈ヤマタノオロチ〉、レベル300の〈天上龍〉などの例外を除けば、混沌龍はまさしく龍族最強。豊富な属性攻撃を繰り出せる爪や牙と、あらゆる攻撃を軽減する鱗を備え、更には、超広範囲・状態異常付与のブレスまで吐いてくる。

 そんな奴が、王都目がけて、ゆっくりと、でも、確実に飛んできています、ときたら……俺でも逃げ出したくなる。

 奴の進路上の砦に戦える者は全て集められたが、果たして勝てるかどうか……いや、無理だな。レベルがカンストした奴が十人はいなきゃ倒せない。もしくは、噂のチート補正がかかった勇者様でもいなきゃ……でも、どちらも今はいない。

「み、見えたぞぉーっ! 〈カオス・ドラゴン〉だぁーっ!!」

 結局、決定打に欠けたまま、混沌龍が来てしまった。終わった。この国は、お終いだ……。

「……答えちゃくれねえか。いいよ、オレだって怖いもんな。ここから逃げても、誰も責めやしねえって。でも……でもな……」

 ガクリとうなだれる俺を見て、アルティは儚げに笑う。そして、優しげに俺の肩をさすり、大部屋から出て行った。

 言葉の続きは、なんだったのだろう。追いかけて聞き出すべきなのだろうか……。

「……ご主人さま」

「今度はお前か、ユミィ……」

 アルティと入れ替わりに、ユミエルがやってくる。こいつは、今回の緊急招集で呼ばれちゃいねえけど、頑なに俺から離れようとしなかった。俺は、ユミエルを逃がそうと思ったんだが……結局、ユミエルは俺の言うことを聞こうとせず、ここまでついてきてしまった。

「今からでも遅くない。ユミィ、逃げるんだ」

「……嫌です」

 首を横にもふらずに、じっと俺の目だけを見つめ、ユミエルが俺の言葉を拒否する。こいつは、わかっているのか? ここにいれば、どうなるかって……。

「死ぬぞ。逃げなきゃ、死ぬ」

「……ご主人さまが戦うのならば、私も戦います。ご主人さまが死ぬのなら、私も死にます」

「っ! そんな、どっかで聞いたような台詞は、冗談でも言うなよ!」

「……冗談ではありません。私は、本気です」

「くっ……こ、この……!」

 「死ぬ」なんて口にするユミエルに、ついカッとなって頬をはろうとしてしまう。それでも、ユミエルは動じない。俺の目だけを、じっと見つめている……。

「くぅ……なぁ、わかってくれよ。俺は、お前に死なれたくないんだ」

「……それは私も同じです」

 俺たちの話は、堂々巡りを見せてしまう。

 仕方ない。俺たちは仲間だ。お互いがお互いを思いやっていることは、言葉にしなくてもわかる。仲間だからこそ、譲れない。それは仕方のないことだって、わかってはいるんだ。

 でも―――。

 それでも、俺はこの子を、死なせたくないんだ。

 だから……。

「……ご主人さま。私は、私は、あなたと……」

「【スリープ】」

「ごしゅじん、さ、ま……?」

 眠りの霧に包まれ、崩れ落ちるユミエルを抱きかかえる。これで、この子は大丈夫。俺がうまく立ち回れば、こいつは死なずに済む。

「すまん、ユミィ……元気で、な」

 そっと小さな体を、床に横たえる。そして、絹のようなユミエルの髪を一度だけ撫で……俺は、大部屋から飛び出していった。





 戦いは、すでに始まっていた。

 〈グラビトン・ファイター〉のキリングが重力を操作し、混沌龍を地面に叩きつける。

 フランソワの親父さんが指揮する魔導大隊が、【ブラスト・ランチャー】を一斉射する。

 全身鎧とフルフェイスの兜で身を固めた騎士団長が、両手にもった長槍で果敢に攻め立てる。

 ……が、相手はカンストレベルの〈カオス・ドラゴン〉だ。それでどうにかできる相手ではない。

『ぬるい! ぬるいわっ! 前座にしても、手を抜きすぎだ!』

 〈カオス・ドラゴン〉が翼を大きくはためかせれば、それだけで暴風が吹き荒れ、レベルの低い者から順に吹き飛ばされていく。死者は出ていないようだが、隊列はぐちゃぐちゃだ。

「おおおおおおお! 喰らいやがれぇぇぇぇぇぇええええ!!!」

『なんだ、それは攻撃か? 蚊ほども感じんぞ!』

 負けじとキリングが突撃するも、腕の一振りで弾き返され、気絶させられてしまう。

「【メイルシュトローム】!」

 イースィンド王が大量の水を操り、十メートルはあろうかという〈カオス・ドラゴン〉を濁流と渦で捻じ切ろうとする。だが、混沌龍はまるで動じず、口を大きく開いて息を吸い込んでいる。

 まずい、あれは―――っ!!

「伏せろぉぉぉおおおおおお!!!!」

 俺の声が届いたのか、それとも経験則で「龍族のアレ」が来るのがわかっていたのか、視界に移る奴らが身を固めていた。

 でも……俺は知っている。〈カオス・ドラゴン〉のブレスは、伏せたり、遮蔽物に隠れたところで、避けきれるものではないと―――。

 やがて、混沌龍が口をこちらに向けた。

 途端、ゴオオオオオオオ! と、ジェット機のエンジンが放つような轟音を響かせ、黒色のブレスが俺たちを呑み込んだ。

「ぐあああああああっ!!」

「ひっ、ひいいいいいっ!?」

 なんらかの状態異常を付与する超広範囲のブレスは、〈カオス・ドラゴン〉と相対する全てのものに、等しく死を…………与えなかった。

「えっ……!?」

 ダメージはある。俺にも状態異常が付与された。だが―――致命傷ではない。それどころか、俺にとってはかすり傷みたいなものだ。

 辺りを見渡せば、どいつもこいつも倒れてはいるが、死んじゃいない。〈毒〉や〈麻痺〉で苦しんじゃいるが、今すぐ治療しなければ命にかかわる、という奴はいない。

 手加減……されたのか? 一体、なぜ……。

『我は、強者との出会いのみを望む! 弱者は邪魔をするな! 地に伏せておれ!』

 なるほど、そういうことか。思えば《Another World Online》でも、〈カオス・ドラゴン〉は天上龍への進化を目指し、強者との戦いを至上の喜びとしている、という設定があった。それは、ゲームそっくりのこの世界でも変わらない、ということか。

 なら、俺が考えている手は、絶対に成功するはず! いや、成功させなければならない!

「はああああああ! 喰らええええええっ!!」

『なにいっ!?』

 砦の上から跳躍し、〈カオス・ドラゴン〉の眼前へと迫る。そして、手にもったナイフを、思いっきり奴の眉間に突き立ててやった!

『おおおおおあああああああああっ!!?』

 決まった! 会心の一撃だ! これで倒せはしないが、奴は思い知ったはずだ。

『おのれ……! 小癪な真似を……! 貴様の仕業か! 貴様の…………な、この波動は、まさか!?』

 目と目が合った。奴は、噛りつくように俺を見ている。間違いない。俺は奴のターゲットとなった。おそらく、先ほどの一撃と、俺の体に満ちた魔素から、俺が強敵であると判断したのだろう。

 これで、奴は俺を追いかけてくるはずだ。奴が望んでいるのは、強者。喜び勇んで、俺と戦おうとするだろう。他の何ものにも、興味を示さずに……。

『待てっ!』

 後ろから、〈カオス・ドラゴン〉の声が聞こえる。続いて、羽ばたきの音が。

 全速力で逃げ出した俺を追いかけ、奴が飛んでくる。砦から離れ……みんなから離れ。これでいい。

 後は、追いつかれるまで逃げ回り……そして、できる限りの時間を稼ぐために戦おう。

 フランソワが、あと二日あれば、勇者が到着すると言っていた。それまで、時間を稼ぐのが俺の役割だ。

 死ぬかもしれない。いや、きっと死んでしまうだろう。いくら同じレベルとはいえ、俺は単独で〈カオス・ドラゴン〉を倒せるほど強くはない。

 おそらくは、もって一日……だが、イースィンドの人たちにとっては、かけがえのない一日だ。

「さよなら、ユミィ……」

 正体を隠すため、念のために被っておいたフルフェイスの兜の下で、俺はくぐもった声でつぶやいた。





mbzm5aiw24mozaohw3ghgtmdypi_1dmo_ic_2d_r cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ