挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

鉄の国からの留学生編

135/291

鉄の国からの留学生編登場人物

鉄の国からの留学生編 主要登場人物


佐山貴大さやまたかひろ(20歳)

 新学期になったが、教え子は変わらず。フランソワらの実技担当教官として、週に一度、王立グランフェリア学園に通っている。

 今回、過去に出会ったバルトロアのお姫様と再会。が、貴大は気づかない。ドロテアが成長しすぎたのと、出会った時のことを特に気にかけてはいなかったため。

 でも、ドロテアがあんまりガンを飛ばすものだから、もやもやとはしている。


○ドロテア・イザベル・フォン・ローザリンデ=バルトロア(16歳)

 新ヒロイン。バルトロア帝国の第三王女。長い銀髪に、きりりとした眉目、刀身にも例えられるほど、すらりとした体形の美少女。

 合理的で、無駄を嫌う。決められたことは絶対に守り、他者にも厳守させる。と、バルトロア人の気質を体現したかのような存在。

 他の留学生や、侍従長のゾフィー、バルトロア最強騎士のカウフマンらとともに、イースィンドにやってきた。

 三年前、貴大と出会ったことがあるというが……?


○フランソワ・ド・フェルディナン(16歳)

 イースィンドの大貴族、フェルディナン家の一人娘。本章で示された通り、本当に優秀であり、他国の者にも注目されるほどの人物ではあるのだが……なぜか、貴大の前では少し抜けたように見える。

 ギャグ補正? いいえ、ヒロイン補正です。

 彼女にとって、ドロテアは、色んな意味でライバルになるのだろうか。


○カミーラ・カヴァッローネ(16歳)

 二・Sの一員であり、移民系貴族の娘。濃い茶色の髪、三つ編み、黒縁メガネと、とても地味な見た目。

 末子であり、優秀な兄や姉たちを見て育ったため、いまいち自分に自信が持てずにいる。だから、いつも三角帽子を目深に被っては、おどおどしている。

 が、こと魔法においては、抜きん出た才能をもっている。しかし、やはり自信がもてずに、「そんなことないですから」とおどおどしている。

 オタク気質。身内で、好きなことを語るときのみ、非常に饒舌となる。


○初代学園長(500歳は軽くオーバー)

 後進の成長を願い、一生懸命学園迷宮を造りました。

 しかし、彼らは中層部以下の存在に気づきません。それでもいいと、思いました。ゆっくりと成長していけば、と。

 だから、中層部に彼らが足を踏み入れたときは、すごく嬉しかったです。

 でも……構想に十年もの時間をかけた学園迷宮は、わずか半年で踏破されました。

 この私の、稀代の〈ダンジョン・クリエイター〉であるこの私の迷宮が!

 あまつさえ、学生たちは私の迷宮を「楽勝」とまで評する始末!

 許さん……絶対に許さんぞ、この虫けらども! じわじわとなぶり殺しにしてくれるわ!


 以上が、初代学園長の心情。色々理由をつけてはいるが、ご乱心したのは、自分が作った迷宮があっさり踏破されて悔しかったため。

 大人気ない初代学園長でした。



○アベル=クルトーニ(16歳)

 アベル。


cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ