挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

エピローグ

122/291

じゃあ、またね

「くそぉ……! くそぉ……!」

 涙が後から後から湧いて出てくる。

 ぽたりぽたりと滴り落ちては、乾いた荒野に吸い込まれては消えていく。

 どうしようもない喪失感が、俺から涙を絞り取るように、この身と心を締め付ける。

「れんちゃん……れんちゃぁん……!」

 二年前は、親友たちともう会えないと思ったから泣いた。

 でも、今回はそうじゃない。そんな悲しみとは、比較にならない。

 永遠の別れを迎えたからだ。この手で親友を殺したからだ。

 俺は、俺の意思で、共に笑いあい、共に過ごした親友の命を断った。脈打つ心臓を、抑えきれない殺意のままに抉ったんだ。

 それは、不可逆な行為……蘇生スキルでももう元には戻せない、絶対的な死を与えるスキルの行使。

 俺は、そんな恐ろしいスキルを使ってしまった。

 人だけは殺すまいと、力に溺れまいと誓った。カンストプレイヤーは、そこら辺を歩いている奴なら……いや、例え国が相手でも、やり方次第では壊滅させられるだけの力を持っている。

 だからだ。だから、三人で誓った。異邦人たる俺とれんちゃん、優介は、みだりに力を振るわないと。どうしようもない場合は使う……でも、人だけは殺さないと。

 殺してしまえば、もう元には戻れない気がしたから。変わってしまえば、元の世界の家族や友人に会えなくなると思ったから。この世界の平和に暮らす人たちとも、思うところなく接することができなくなると思ったから。

 だから、どうしようもないクズ野郎に出会っても、あくまで最終的な裁きはこの世界の人たちに任せた。

 どちらの世界でも、多くの「普通の」人がそうであるように、殺人だけは犯さないようにした。この世界に転移し、自分たちが異常な力を持っていることに気が付いた日、三人でそう約束したんだ。

 それが……そう言ったその口で、俺は死を告げた。

 【心臓貫き】と。

 明確な意思で「敵を殺す!」と世界に宣言した。

 そして、この手でれんちゃんの心臓にナイフを突き立てた……。

 俺は、俺の意思で、俺の手で、俺の足で……俺の全てを使って、自ら、親友を殺した。

 ユミエルが人質に取られていた。仕方がない。頭のどこかでそう囁く声もする。

 でも、違う! 違うんだ……そうせざるを得なかったのは、俺が最後の最後まで動けなかったから……。

 三日も時間があったのに、「れんちゃんを殺して【カウント・デス5】を解除する」という選択肢しか残せないほど、時間を浪費してしまったから……。

「あああああ……!」

 他に、他に何かあったはずなんだ! きっと、れんちゃんを殺さずに、ユミエルも助けられる……そんな道が、あったはずなんだ……!

 きっと、れんちゃんを正気に戻せて、また一緒に過ごせる未来を掴み取れたはずなんだ……!

 生きてさえいれば……俺が殺さなければ、そうできたはずなんだ……!!

「れんちゃん……れんちゃん……!」

 悔しさと不甲斐なさに、食いしばった歯の隙間から呻き声が漏れる。

 それは、答える者なき人の名前で……。

「何かな?」

「っ!?」

 誰も答えないはず。この不毛の荒野には、もう俺しかいなかったはず。なのに、俺の言葉に返事が……誰だ!?

 思わぬ声に驚き、ビクリと震えながら振り向いた、その先に立っていたのは……。

「やあ、いい闘いだったね」

 丸くて大きな月をバックに爽やかに笑う、端正な顔立ちの青年。

 俺がこの手で殺したはずの、れんちゃんだった……。





「え、れん、れんちゃん……? し、死んだはずじゃ……!?」

「うん、心臓を貫かれて即死したね。相変わらずいい腕だ、貴大は」

「じゃ、じゃあ、何で生きて……!?」

「生き返ってっていうか……死ねないっていうか……まあ、秘密ってことで」

 そう言って、笑顔のれんちゃんは人差指をピンと立てて唇に当てる。

 秘密って……この世界のルールとして、即死スキルを受けたり、修復不可能なほど体や魂をバラバラにされたら、生き返れないはずだ。

 それは、絶対的なルール……冒険者時代、ユニークモンスターの即死攻撃を受けた奴に俺たちができる限りの蘇生法を試みて、その全てが失敗したことから、それは確かな事のはずだ……。

 だとしたら、どうやって……!?

 疑問に硬直する俺に、生き返った親友は朗らかに話しかける。

「あ~、やっぱりズルみたいなものだから、体の色んなところがダルいよ。力が入らないっていうか……ユミエルちゃんにかけた【カウント・デス5】も解けちゃってる。あはは」

 その言葉に、またビクリと震える。そうだ、れんちゃんが生き返ったってことは、またユミエルに手をかけるかもしれない。

 それだけは……もう、親友と殺し合うようなことにはしたくない。

 ここでこいつを縛りあげて、正気に戻してや……。

「おっと! 怖い顔! いけない。いけないよ、貴大。俺も闘いたいけど、本調子じゃないんだ。今のままじゃ、あっさり負けてしまいそうだ。楽しくないだろ、それじゃ?」

 一歩踏み出そうとする俺に先んじて、れんちゃんは後ろに大きく跳びのく。

「時間はかかるけど、俺が元気になるまで待っててくれよ。それじゃ!」

 着地すると同時に、れんちゃんはまた軽く後ろへジャンプする。

 ……その先には、異世界転移のダンジョンがあった場所に開いた大穴がっ!

「待っ……!!」

 この距離じゃ、手を伸ばしても届かない。れんちゃんは、落ちたらただじゃすまない、深い深い大穴に落ちていった……。

 はずだった。

「れんちゃ……ん……?」

 穴の縁に駆け寄った俺が見たのは、いつ見ても変わらぬままの大穴。それだけだ。暗視スキルを用いても、どこにも人などいない。まるで、穴に吸い込まれて消えてしまったかのように、れんちゃんの姿は消えていた。

「れんちゃん……?」

 後に残されたのは、多くの疑問と、それに固められた俺だけ。

 結局、れんちゃんは何がしたかったのか。

 死に際の言葉の意味は? 彼はどこへ消えた? そもそも、即死スキルを受けてどうして生き返れたのか。

 分からない。俺には、何一つ分からない。

 この度の、親友との突然の再会から始まった闘いは……。

 このように、釈然としないまま幕を閉じた。






cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ