挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

ユミエルとの過去編

115/291

ユミエルとの過去編登場人物

本作は、ハッピーエンド……最終的に、みんなハッピーエンドで終わりますよー!

ここでこう言っとかないといけない気がしました(・ω・)
ユミエルとの過去編 主要登場人物

佐山貴大さやまたかひろ(19歳)
 広い世界に、一人ぼっち……そんな、本作主人公です。

 元々、誰かに依ることによって安心できるタイプであり、そんな彼から元の世界の親友二人が離れていったら落ち込んでしまうのも当然の流れ。親友たちとの思い出が残る家に引き籠って、廃人生活を数カ月送り……そして、妖精種の少女と出会う。

 自分以上に何にもできない少女の世話をしているうちに、段々と心に活力が戻っていった。……アニマ○セラピー? あの子は人間だ!


○ユミエル(13歳)
 元々、13歳の処女大好き!みたいな、ちょっと危ない感じのお爺さん貴族に買われる予定で育てられた妖精種の少女。水妖精の血を引くため、髪の毛は透き通るような水色。

 生来、感情が無きに等しく、泣いたり笑ったり怒ったりしない女の子であったが、「器量はいいし、それに13歳処女ってだけであの爺さんは喜ぶからな」と、特に問題視されていなかった。

 だが、お爺さん貴族がぽっくり逝っちゃって、買い手が無くなったからさあ大変。見た目はいいけれど、叩いても泣かないし、愛想笑いもしないものだから、誰からもニーズがない。

 結局、高い金と時間をかけて育てたのに、売れ残りになるのか……繁殖奴隷にでもするかな、と決定されかけていたところで、我らが主人公がのっそりと登場。そしてユミエルは彼に引き取られることに……。

 感情の起伏は少ないが、優しい心は持ってはいるようだ。

cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ