挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
フリーライフ ~異世界何でも屋奮闘記~ 作者:気がつけば毛玉

プロローグ

1/291

はじめに

初投稿どうも!週に2,3度の更新を目指します!最初だけまとめて投稿しますね。
 「イースィンド王国」は華の都、「グランフェリア」。

 東大陸有数の大都市であり、海を背にした王城を擁する要塞都市でもある。

 近年区画整理された街は、王城から離れるごとに、王貴区、上級区、中級区、下級区と大別されており、それぞれの区の行き来(特に王貴区)は厳重に管理されている。

 貴族は貴族、平民は平民。

 住み分けができていると言えばそれまでだが、区と区の間を遮る壁は否応なく人に身分を意識させる。

 貴族は、下を見ている。下々の者を見下すためだ。

 貧民も、下を見ている。金目のものや残飯を探すためだ。

 貴族には、王の任命がなければなれない。実質不可能だ。ではせめて、みじめったらしく下を見ないために、できる限り上を目指そうじゃないか。

 そうしてこの街の人は、日々あくせくと労働に汗を流している。



 そんな街の中級区の片隅に、こんな看板がぶら下がっている。

「何でも屋・フリーライフ」

 これは、何でも屋を営む敏腕探偵と、謎が謎を呼ぶ怪事件の数々……。

 ではなく、何でも屋で食っちゃ寝食っちゃ寝しているぐーたら青年(地球産)と王都の人々の、すちゃらかラブコメディである。




cont_access.php?citi_cont_id=162018451&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ