挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
一日一輪 ~女子校の日々はときめきに満ちている~ 作者:扇智史
57/233

第55話「泣かないな、と思った」

 その日の放課後、小田切(おだぎり)(あい)は、(なつめ)沙智(さち)を誘って、ふたりで学校のそばの人気のない公園に行った。
 途中のコンビニで、アイスを買った。愛はチョコミント、沙智は小学生の買うようなソーダバー。
 ブランコに並んで座って、ふたりでアイスをかじった。すん、と舌に沁みるミントアイスの味は、やっぱり、あの山裾のスタンドのアイスには及ばない。けれど、そのまろやかな刺激と、甘いチョコの味わいは、ふしぎとその場にふさわしいような気がした。
 沙智は、棒を横にして、着色料で青いアイスを落とさないように食べている。アイスの色は、夏の空に似ていた。それが懐かしくて親しいから、きっと、そのアイスは長いこと定番商品であり続けているのだろう。

 アイスのおかげで、しばらくふたりは無言だった。
 どちらも、言葉を切り出すタイミングを迷っていたのだと思う。

 彼女たちの間には、錆と土のにおいがあった。
 ブランコのチェーンの向こうとこちらで、視線は絶えず動いていたけれど、それは奇妙なくらいにかみ合わなくて、ふたりの視線はすこしも重ならなかった。もしも目が合えば、決定的な瞬間になるだろうと、どちらも知っていた。
 鎖で隔てられたふたりの距離は、そのとき、ひどく遠かった。

 両方のアイスが棒だけになっても、愛と沙智は、まだ言葉を発しようとしなかった。
 そうやって、何も言えないまま、夏の長い夕方さえ過ぎていくのかもしれない、とも思えた。
 ブランコから、ふたりの影が後ろに伸びていた。

 青空には、半分だけの月が、ぽっかりと浮いている。
 その目前を、鳥の群れが通り過ぎていく。一瞬、月の面に、鳥の影が映ったみたいに、愛には見えた。

「……たとえばの話」

 沙智の声を、愛は一瞬、聞き取れなかった。
 あんまり長い沈黙が、つかのま、愛に人の言葉を忘れさせたかのようだった。

 振り返ると、うつむいたままの沙智の目が愛を見ている。
 ブランコの鎖を握る沙智の両手には、ひどく力がこもって、うっすら静脈が浮いていた。そうして自分の体をどうにか地上に押しとどめているような、足を踏み外せば命はない、とでも言わんばかりの、命懸けの風景に見えた。

「10年前に、愛さんの会った女の子が、私であったとして」
「……そうなの?」

 愛の言葉は、自分でさえ笑いたくなるほど、間の抜けた響きだった。

「覚えてない。仮に、よ」

 沙智はそれを笑いもせず、ていねいに答えた。愛の方にわずかに持ち上げられた沙智の面差しは、うっすらと影を帯びていて、凹凸の見分けられない平板な顔に見えた。唇だけが、赤く、そこだけ生きているように動いて、抑揚のない言葉を紡いでいる。

「もしそうなら、愛さんは、私を好きになってくれたかな?」

「……どうして、そういうふうに言うの?」

 思わず、問い返してしまった。けれどしかたなかった。
 沙智の言っていることはまったくもって非現実的だったからだ。こんな、何もかもが曖昧になっていく夕暮れの空気が、彼女の目をすっかり曇らせているのに決まっている。
 今にも影といっしょになって消えてしまいそうな沙智に向かって、愛は言った。

「好きになるのに、思い出を理由にしなくてはいけないなんて、そんな理屈ないわ」
「……でも、それは」
「運命の人ではないから?」

 愛は立ち上がった。ブランコが蹴飛ばされたように跳ね上がって、鎖がきしんだ音を上げる。愛は大股に歩いて、沙智の目の前に回り込んだ。
 座ったままの沙智の前で、かがみ込んで、愛は真っ向から沙智の弱気な目を見つめる。

 彼女はきっと、時間が経つほどに感情がはっきりしなくなるタイプだ。
 だから、必死に、両手でつなぎ止めていようとする。
 愛とは正反対だ。
 愛の気持ちは、時間が経つほどに鮮明に色を付け、くっきりと形を為し、名前が付く。

「運命がどうだったって、関係ない。私の気持ちは、今このときの私のもの」

 もう迷いはなかった。

「私も沙智さんが好き」

 はっきりと、愛は、そう言いきった。

 沙智は、すこしの間、呆然と愛の顔を見上げていた。彼女の両手から、ふっと力が抜けて、鎖の上を滑り落ちていった。がつん、と、ブランコの座板に手首がぶつかったけれど、沙智は何も感じていないみたいだった。
 沙智の唇にわずかに空いた隙間から、空気が静かに出入りした。夏服の奥で、胸が上下していた。体の奥に隠された、高鳴る心臓のこだまさえも、愛の耳元に届いてくるように感じた。
 全部が分かるくらい、愛は沙智を見ていた。

 泣かないな、と思った。
 わあわあ泣いて愛にすがりつくほど、そこまで弱くはない。
 だって、告白してきたのはもともと沙智の方なのだ。

「……そう」

 息とも声ともつかない音がした。
 そして、沙智は、顔をくしゃりとほころばせた。

「不安になって損したよ。すぐ、そう言ってくれたらよかったのに」

 そんな言い方をしながら、でも、沙智の笑顔には、湧いてくる輝かしい感情がいっぱいに溢れていた。
 この2ヶ月、ずっと間近で沙智を見てきた愛でさえも、彼女のそんな幸せな顔は見たことがなかった。

「ごめんね。なかなか、気づかなくて」
「愛さん、ときどきすごく、ぼんやりしてるもんね」

 普段の教室でのように、言い合って、ふたりは目を合わせて笑った。
 何気なくて、いつもの会話の延長のようで、いつもと同じ距離感で、それがきらきらしている。

 ふたりの間を飛び交う、些細な言葉のすべてが、分子をつなぐ電子のように互いを結びつける。

 ふと、沙智の瞳が、愛を見つめる。黒い瞳に、一瞬、鮮明に愛の姿が映った気がした。
 鏡のような目の奥に、愛は、心が吸い寄せられるように思った。

「愛さん」
「……何?」

 問い返しながら、それが、いつも言われる言葉の予感を伴っているのに気づく。

「また、私、近すぎる?」

 沙智が、首を横に振った。二本に結んだ彼女の髪は、愛のように柔らかくはないけれど、まっすぐで強靱で、彼女の心の真芯そのもののよう。

「今は、遠いぐらい」

 そう言って、沙智が両手を伸ばす。
 近すぎるくらいのはずだった距離よりも、もっと近くに、愛を抱き寄せる。

 冷たいソーダの味のキス。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ