挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
一日一輪 ~女子校の日々はときめきに満ちている~ 作者:扇智史
5/233

第5話「最高! じゃないよ!」

 光原(みつはら)青衣(あおい)の長い黒髪の合間を縫って、イヤホンのコードが胸元に延びている。彼女の頭は前後左右にリズミカルに揺れ、かすかに動く口元は歌詞を刻んでいるようだ。

 今朝の彼女は、登校してきたときからずっとこの調子だった。休み時間になるとすぐにイヤホンを耳にさして、スマホにインストールした音楽をしじゅう聴き続けている。授業の最中も、先生の話なんかまるで耳に入らない様子で、まるで曲の残響が残っているみたいだった。

「夢中だね、青衣さん」
「ほんとに」

 邪魔しちゃ悪い、とばかり、八嶋(やしま)(たえ)宇都宮(うつのみや)(りん)はひそひそ声でささやきあう。
 彼女たちはだいたい音楽好きで気が合っている友達なので、青衣の気持ちはお互いよくわかる。お気に入りの新譜が出れば、ずっと聴き続けたくなるのがファン心理というものだ。

 そんなわけで、妙と凛はちらちらと青衣の様子をうかがいつつ、小声で雑談を続ける。
 とりとめもない話をゆるゆると続けていたところ、ふと、妙は青衣と目が合った。頭を揺らしているのは変わりないが、視線は妙たちのほうを見つめている。

「何、青衣さん?」

 聞き返してみるが、青衣は頭を左右に揺らすばかりで、口を開こうともしない。イヤホン越しだから聞こえてないのかな、と、妙は青衣に顔を近づけ、唇の動きも伝わるようにはっきりと発声する。

「青衣さん、何か用事?」

 しかし青衣はやっぱり首をかしげるばかり。むう、と妙は唇をとがらせた。

「イヤホン外したら?」

 言いながら、自分の耳元をちょんちょんと指さしつつ、手で摘まんで引っ張る仕草。これで伝わるだろうか、と思いながら青衣のリアクションを見つめる。
 と、青衣は、髪に隠れた自分の耳を指さし、首をかしげる。どうやら伝わったかな、と安堵しながら、妙はうなずいた。

 青衣は、びしっ、と右手の親指を突き上げた。

「最高! じゃないよ!」

 突っ伏しながら妙は突っ込む。どうやら話も通じていないようだし、イヤホンを外すつもりはまったくないようだし、新譜はいい出来らしい。
 かたわらの凛が、妙の背中をぽんぽんと叩いて慰めてくれる。妙が顔を上げると、いつも寝不足気味のような暗い目つきの凛が、いまだけいくぶん温かみのある目をして、首を左右に振った。

「今は、コミュニケーションできないと思ったほうがいい」
「だよねえ……私たちも、いっつも似たようなことしてそうな気がする」

 物事に夢中になると、他人が目に入らなくなって、話が通じなくなるのは彼女たち共通の習性かもしれなかった。青衣と話をするのは、今日は諦めたほうがよさそうだ。

 青衣はいよいよ目を閉じ、ヘドバンの勢いもどんどん忙しくなる。あれでイヤホンが飛んでいったりしないのは不思議だ。髪を振り乱して暴れる彼女を、他のクラスメートたちも胡乱な目で眺めている。にわかに自分たちが注目を集めているような気がして、妙と凛はそろって身を縮める。もともと目立つのは好きではないのだ。

「青衣さんのおかげでなんか調子狂うんだけど……」
「困るね……」

 額をつき合わせ、妙と凛はひそひそ陰口を交わし合う。青衣が反応しないのを見て、ふたりの言葉はエスカレートする。

「青衣さんのばーか」
「青衣さんの中二」
「青衣さんヘビメタマニアー」
「青衣さん数学のテスト二十点ー」
「青衣さん実はノートがかわいい系ー」

 もちろん本気ではないし、悪口だかなんだかよくわからない。しかし、そうして陰にこもって誹謗中傷を重ねていると、何かひどくゲスなことをしているような気になってくる。コスプレ趣味もあってしばしば悪魔気取りの青衣などより、自分たちのほうがよほどたちの悪い子たちだ。

「ごめんね青衣さん本気じゃないからね」
「ごめんね青衣さん」

 ふたりそろって頭を下げるが、もちろん青衣には見えていない。でも、妙の中でだけは満足な気分だった。

 と、そろそろ授業の始まる時間が近づいていた。他の生徒たちも三々五々席に戻っていく。いいかげん青衣をこっちの世界に戻さねばならない。妙は、振り乱される青衣の黒髪をかいくぐり、彼女の肩をぽんぽんと叩く。

「ほら、授業始まるよ」

 目を開けた青衣は、うなずいて素直にイヤホンを外す。

「……妙さん」

 じっ、と、まっすぐな目でこちらをにらんでくる。はっ、と気圧されて後ずさりした妙と、その気配にただならぬものを感じた凛は、雁首そろえて青衣に向き合う。
 青衣は、まるで刑を宣告する閻魔大王のごとき、おごそかな声で告げた。

「ヘビメタじゃなくて、デスメタルだから」

「突っ込むとこそこ!? てか聞こえるんじゃない!」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ