挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
一日一輪 ~女子校の日々はときめきに満ちている~ 作者:扇智史
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

233/233

第231話「あっ、自分、いま、誰にも手を引いてもらえないんだ、って」

 薄曇りの冬空には、ふしぎと陰鬱さはなくて、どこまでもおなじ色に世界を染めていってしまうような心地よさがある。木々も、街も、家々も、そして人も、ひとしく寒色に塗り込められて、古くさいモノクロの写真よりもずっと単調にしてしまう。
 マフラーの奥から湧く吐息の白さを見つめながら、内海(うつみ)弥生(やよい)は、未だ目覚めきらない頭でそんなことを考えながら、人気のない通学路を歩いている。
 いつもの道は道路工事でふさがれていて、すこし迂回する。いくぶん新鮮だった風景も、数日往復すれば日常に馴染んで、単調で退屈な書き割りに変わる。民家の青い屋根も、ガラス張りの店先に飾られた新春向けの和服も、目新しさがなくなればただの日常だ。

 日々なんて、そんなものかな、と、弥生は口の中だけでひとりごち、角を曲がる。

「ごきげんよう」

 計ったように、初野(はつの)千鳥(ちどり)が路地から顔を出した。あるいは、最初から待ち受けていたのかもしれない。ごきげんよう、と弥生はお辞儀を返し、並ぶ。

「雪、降りそうだね」

 今朝の天気予報を思い出して、弥生はつぶやいた。まだ雪の予報は出ていないけれど、より内陸に入った地方では初雪が降ったらしい。気温が低く気候も山側に近い翠林周辺では、冬になると、予報よりも一足早く雪になることが多い。
 何気ないつぶやきに、千鳥は、ニットキャップの下でぎゅっと眉をひそめた。

「わたしは、雪は好きではないです」
「そうだっけ」
「足下は滑りやすくなるし、とにかく寒いし、視界を遮るし、山を登る身にとっていいことはありません」

 千鳥らしい返答に、弥生はふと笑う。

「何かおかしいことでも?」
「ううん。自分じゃそういうこと思いつかないから、おもしろいな、って」
「体験の差ですね」

 雪山の過酷さを身をもって体験しただろう千鳥と、牧歌的に暖かいところから雪を眺めるだけの弥生とでは、自ずと感想は変わってくる。それでいいのだろう。誰もがおなじことを考えるのは、心地よいけど、退屈だ。

 淡い日差しの下、静まりかえる街の空気は、きん、と耳鳴りをさせるような緊張感がある。朝の早いふたりにとって、この、自分たちしかいない街の情景も見慣れたものだ。人の姿はなくとも、家々からはうっすらと朝餉の香りと湯気が立ち上っていて、これから覚醒していく気配を感じさせる。
 透明な景色を、五感が彩っていくようだった。

「でも、私は雪景色、好きだな」
「そうですか」
「一面の雪、って、なんだか爽快感がない?」
「雪下ろしや除雪の苦労が思い起こされて、なんだかげんなりします」

 千鳥の答えはあくまで実利的だ。いつもいつも現実主義一辺倒というわけではないけれど、雪に関しては、そういう考え方が強くなるらしい。

「ひょっとして千鳥さん、雪で事故ったこととか?」
「……事故、というほどではないですが。まだ幼稚部のころに、ひどく転んだことがあります」

 顔をしかめ、千鳥はこめかみの横をなでる。いまごろになって古傷が痛んだ、とでもいうような仕草だった。

「頭を打って、血を流して、すごく泣いていたらしいのですが、そのときのことはよく覚えていません。ただ覚えているのは、むしろ頭を打つ直前か、その直後ぐらい」

 そっと、ニットキャップからこぼれた髪をかきあげる千鳥は、視線をかるく持ち上げる。

「いまとおんなじで、ひとりでどこか見当もつかない場所まで歩いていたんですよ。まだ寒さも雪も恐くない頃で、真冬に薄着で、とことこ、子ども靴で。それで、気づいたら周りに誰もいなくて。あっ、自分、いま、誰にも手を引いてもらえないんだ、って」

 千鳥の吐息も白い。彼女の歩く姿勢は、まるでレッスンでも受けたみたいに正確な挙動で、無駄がない。手袋をした彼女の右手は、話をしている間中ずっと、理科の実験で使う振り子のように、ずっとおなじリズムで前後に揺れていた。

「そうしたら、急に寂しくなって。痛くて泣いたのか、さびしくて泣いたのか」

「千鳥さん」

 弥生は手を伸ばし、千鳥の右腕に自分の左手をからめた。
 コートの下の彼女の二の腕は、しっかりと筋肉がついているけれど、やっぱり細くて、なんだか細くてしなやかな百日紅の木を思わせる。うまく掴まなければ、すぐに、振り落とされてしまう。

 千鳥がすこし、歩みをゆるめた。斜めにこちらを見上げる瞳は、どこか、戸惑いがちだった。

「……どうしたんです、急に」
「さびしがってるような気がして」
「別に、そういうのでは、ないです」

 すぐに目をそらして、すねたように千鳥はつぶやく。そういう彼女のそぶりは、やっぱり、胸の底にかすかな寂寥を抱いているように思わせる。しんとした雪景色の中、ひとり立ち尽くす幼い千鳥が、そこに立っているような。

 それとも、さびしさが当たり前すぎて、もうそういうふうに感じなくなっているのか。

「もっと素直に甘えていいんだよ?」
「……何様気取りなんですか、それ」

 白い吐息を立ち上らせつつ、千鳥は自分の口元をマフラーの奥に押し込んでつぶやく。一瞬だけ見えたその青白い唇は、すこし笑っていたみたいに見えた。
 そのまま、もごもごとした声で、千鳥は告げる。

「そちらこそ、くっつきたいなら、素直にそうしてください」

 直後、千鳥は、弥生に体重を預けるみたいに身を寄せた。
 ちいさい体の奥から発する熱が、つかのま、ずしん、と弥生の体の芯に押し込まれてくるようだった。凍えていたようなおなかの底が、熱湯を受けた氷みたいに、一瞬で溶ける。

 沸騰した感情のままに、弥生は、笑い混じりに告げた。

「くっつきたかったのは、千鳥さんじゃないの?」
「さあ?」

 じゃれ合うように、混じり合うように、ふたりはいっしょに歩く。まだ色彩のない路地の向こうに、ふたりの姿は、季節はずれの蝶のようにぱたぱたと羽ばたいて、消えていく。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

かんすとっぷ!

故郷を滅ぼされ、当てもなく彷徨った先にはダンジョンがあった。 力をつける為、憎しみと無力さを噛み締めながら少女リュアは幼い体ながらダンジョン攻略に乗り出し、攻略//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全352部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/07/29 01:03
男装お嬢様の冒険適齢期

田舎貴族のお転婆お嬢様は、実家の為、自分の為、よい縁談を結ぶ為に故郷を離れて都会の大貴族の下へ行儀見習の奉公に出ます。 しかし、結婚なんて当人にとってはまだまだ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全122部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2016/09/07 09:00
百合な少女は異世界で笑う

 勇者召喚の魔法陣に自ら巻き込まれに行った少女は、自由気ままな旅に出る。地球でプレイしていた不思議なゲームの『システム』を武器に、自由と女性を愛する少女は欲望の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全133部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/05/18 07:00
雪女と咲かせる花は百合なのか?

退屈な日常に飽きつつあった、サボリ癖が少しある程度の平凡な高校一年生・三島凉花(みしますずはな)。ある日、ひょんなことから校内で最も恐れられる“雪女”と呼ばれる//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全34部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2015/11/03 02:41
リリーファンタジー

五人の女の子が力をあわせて困難に立ち向かう、なかよし冒険記! 基本ほのぼの、たまにドキドキ、な微炭酸ファンタジー! 力を合わせてがんばる女の子たちが好きな方に//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全305部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2018/02/02 20:00
転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい

丁寧系無気力少年が異世界で転生したのは、吸血鬼の美少女だった。 剣も魔法もある異世界に、チート能力盛りだくさんで転生した主人公が求めるもの、それは――! 「三//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全181部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2018/02/12 20:27
アイドルだけど百合営業を勧められたら相方の女の子がガチで可愛かった件

私には恋人がいる。 彼女に逢って初めて胸を焦がす感情を知った。醜く燻る嫉妬を知った。一人ではあり得ない幸福を知った。 だから私はひとつだけ心に誓っていることが//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全22部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/02/17 04:45
くま クマ 熊 ベアー

株で稼ぐユナは学校に行くこともなく、家に引きこもってVRMMOゲームをやる15歳の少女。 大型アップデートが行われ、キャンペーンで譲渡不可のクマさん装備一式を当//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全457部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 00:17
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
幻想世界のアリステイル

現実世界で燃え尽き症候群気味な俺は、引きこもり大学生活でネトゲにはまった。 ある日、ふとネカマをしてみたくなって適当なネトゲを探してキャラクターメイキングをして//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全148部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2018/02/11 22:24
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
お姉さまといっしょ

『女同士の恋愛を禁ずる』  厳しい戒律を持つ学園に入学したお嬢さま女子高生 細川月乃は、そこで運命の女性と巡り会ってしまう・・・  自分の身に降り掛かる不思議//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全93部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2018/02/15 22:17
邪神アベレージ

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花、そして目を合わせれば恐怖の大王。 絶世の美少女の素質を持ちながらも、その目付きと気配から周囲に恐怖される少女が異世界に強制//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全82部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2016/10/22 19:00
私、ダンジョンマスターやめます! ~迷宮少女の異世界譚

 目を覚ますと、そこはがらんとした洞窟だった。ダンジョンマスターになって神々の使徒を倒せと告げられる。暇を持て余した神々のゲームに、少女は強制的に参加させられて//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全157部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2017/02/19 18:00
「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい

少女フラムは、神の予言により、魔王討伐の旅の一員として選ばれることとなった。 全員が一流の力を持つ勇者一行。しかし、なぜかフラムだけは戦う力を持たず、ステータス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全50部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 19:11
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全537部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 23:34
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
魔法使いフェイ

俗に言う冒険者になりたての世間知らずな魔法使いフェイと、先輩冒険者のエメリナ。2人はある依頼を一緒にこなしたことで秘密を共有し、固定パーティーを組むことになりま//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全202部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2016/01/06 10:00
賢者の弟子を名乗る賢者

仮想空間に構築された世界の一つ。鑑(かがみ)は、その世界で九賢者という術士の最高位に座していた。 ある日、徹夜の疲れから仮想空間の中で眠ってしまう。そして目を覚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全251部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 12:00
氷の滅慕

 少女は血にまみれ、凶刃を振るい、命を搾取する。愛する人のために強さを求めた彼女は、人の域を越えた力を身につけ、精神の惨状へと踏み込んでしまう。※序盤はほのぼの//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全213部分)
  • 22 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 19:46
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全320部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 00:00
Heroine Life

平穏を望む無気力な少女・天吹千晴は、無意識にセクハラをしてしまうラッキースケべ体質のおかげで騒がしい毎日を過ごしていた。そんな彼女の元にある日突然、自称婚約者の//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全22部分)
  • 17 user
  • 最終掲載日:2013/06/03 21:58
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました

※2018年1月15日GAノベルから5巻発売します! シバユウスケ先生によるコミックも同時発売になります! ガンガンGAさんにてコミカライズ連載中です! ドラマ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全280部分)
  • 14 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 22:45
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全444部分)
  • 20 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 01:00
テンタクル・プリンセス-或いは、特異触手個体のこと

ひょんなことから自我が芽生えた触手(♀)が、「知りたい」という欲求に従い旅に出る。彼女はその旅の末に、何を見つけるのか―…ていう建前のもと触手娘が百合百合したり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全47部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2016/10/12 06:45
剣士を目指して入学したのに魔法適性9999なんですけど!?

ドラゴンエイジでコミカライズ連載中 Aランク冒険者である父親から剣士としての英才教育を受けて育ったローラは、九歳のとき王都の冒険者学園へと入学する。 ローラは//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全179部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 11:01
Elvish

引っ込み思案で内気な少女と、近距離パワー型なエルフ二人が繰り広げる、超甘々な百合ストーリー。火の玉撃つより殴った方が手っ取り早い、そんな戦闘民族と化したエルフ達//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全116部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2018/01/06 19:56
私に可愛い彼女ができました。

私は平凡な女子高生。平凡というか結構おっさん寄り、友達にセクハラ発言しまくっているけど恋愛経験はゼロ。素敵な彼氏ができないかな~と思っていたら私のめちゃ可愛い友//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全42部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2014/12/23 00:29
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 16 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
異世界くじと神々の塔

……けれどたった一つ普通と違うのは、彼女はガチ百合だったのです。 人生詰んでる系アラサー女がヤケクソで買った宝くじが大当たり。しかしそのくじは異世界転移を可能に//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全84部分)
  • 24 user
  • 最終掲載日:2017/11/24 21:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 18 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
灰色の少女と黒い女

【警告】 ・リョナ、拷問などの描写が軽度ながら存在します。 ・そこそこ人が死にます。 ・それなりに人でなしがいます。 ・そういうのがわりと好きです。 『探し物//

  • アクション〔文芸〕
  • 完結済(全187部分)
  • 19 user
  • 最終掲載日:2015/11/15 04:44
おんなのこ×おんなのこ

 幼少より同性に好かれやすい女子高校生弓奈は、入学を期に「女の子からモテない普通の女の子」を目指し奮闘していくのだが・・・・・・同性との恋に興味がない美少女弓奈//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全151部分)
  • 24 user
  • 最終掲載日:2013/12/31 23:33
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全266部分)
  • 21 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 00:00
死神を食べた少女

死神を食べたらどうなるんだろう。 私には良く分からない。分かるのはたった一つ。 お腹がすいた。 だから、こいつらの首を持って偉い人に届けよう。 きっと美味しい物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全37部分)
  • 15 user
  • 最終掲載日:2012/12/23 22:58
↑ページトップへ