挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
一日一輪 ~女子校の日々はときめきに満ちている~ 作者:扇智史
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

224/233

第222話「足、出して。履かせてあげるから」

「くしゅん」

 演劇部の倉庫に足を踏み入れて、木曽(きそ)穂波(ほなみ)はちいさくくしゃみをした。
 それなりに人の出入りも多く、空気が入れ替わっているはずなのに、この部屋はいつも埃っぽく感じる。実際に空気が汚れているのではなく、単なるイメージや、あるいは条件反射で鼻がくすぐったくなるだけなのかもしれない。そういえば、穂波の父親はいつも出かけるときにくしゃみしているな、と、何となく思い出す。

「そこの、右側のいちばん奥のやつ」

 後ろから入ってきた山下(やました)満流(みちる)が、穂波の肩越しに天井を指さす。むき出しになった棒型の蛍光灯は点灯していない。よく見れば、管の端が真っ黒になっていて、いかにも年季が入っているのがわかる。
 穂波がここに呼ばれたのは、その交換の手伝いのためだ。今日の放課後になって、いきなり点灯しなくなったのだという。
 とはいえ、大道具を収納する倉庫の天井はかなり高く、穂波でも手は届きそうにない。

「脚立でもないとつらいね……でも、立てるには狭いか」
「こないだ片づけしたときに気づけばよかったんだけどね」
「往々にして間が悪いもんだよね……」

 先日の文化祭の公演にあたっては、この倉庫も大活躍だった。セットや衣装やその他諸々がひっきりなしに出入りし、常に騒然として目まぐるしかった、と満流は語る。
 公演が無事に終わって、ついでとばかりに大掃除を敢行し、来年以降も使いそうな道具をどさどさと倉庫の奥にしまい込んで、ほっと一息ついた今日になって、蛍光灯が切れた、というわけらしい。

「だいたい、何も私たちの代で寿命が来なくてもいいと思わない?」

 満流は天井を見上げながらぶつくさ不平をこぼす。たしかに今時のLEDなら寿命も長いし、しかもこんな倉庫みたいな場所ではそう長時間は点灯しないから、10年ぐらいは平気で維持できそうなものだ。それが、たまたま満流が1年生のときに、というのは、運が悪いとしかいいようがない。
 それは穂波にもわかるが、しかし、それは詮無いことだろう。

「ま、けっきょく誰かが交換しなくちゃいけないんだから」
「別の誰かが文句いうだけ、ってことね」

 かぶりを振った満流は、あきらめたような顔つきで、蛍光灯の下まで歩いていって、あたりに散乱した荷物をどかし始めた。こういうときの決断は、満流のほうが早い。穂波は彼女の横にしゃがみこんで、大きな段ボールを引きずる。意外と軽い。

「……そういえば、ちゃんといってなかった気がする。お疲れさま、満流さん」

 ふと、ついでのように、ことばが穂波の口をついて出た。小道具の入ったケースを棚に押し込んでいた満流は、驚いた顔で振り返る。

「ありがと」
「舞台、よかったと思うよ。わたしはあんまり、難しいことはよくわからないけど」
「そういうので充分よ。小難しくて理屈っぽい礼賛をくだくだいう人とかいるけど、私はああいうの、うれしくないし。めんどくさいわよね」

 すました顔で告げた満流に、穂波は苦笑を返す。満流のそういう態度も、それはそれでめんどくさい類なのではないだろうか。

「でも、あんなに毎日練習して、本番は1時間もなくて、かけることばはほんの一瞬……って、ちょっと寂しいよね」
「陸上も似たようなものでしょう? そっちの本番なんてそれこそ数秒ってとこじゃない」
「うん……」
「私から見れば、穂波さんのほうがよほどすごいし、ずっと寂しいわ。たったひとりで競技に向かい合う気持ち、想像するだけで心が冷えてしまう」

 つぶやいて、満流はちいさく息をついた。蛍光灯の下に両足を広げて立つ。足下のスペースは、踏み台なり脚立なりの置き場所を確保するには充分だ。
 穂波は倉庫の隅から、脚立を抱えてきて、そこに広げた。かちり、と、ロックをはめる音が、やけに耳に響く。

 あらためて見上げると、倉庫の天井近くは、ぞっとするほど暗い。
 そういえば、穂波は体育館に入るときに靴を脱いだきりだ。上履きもなく、ソックスでそのまま床を踏んでいるから、地面の冷えが布越しにじわじわと伝わってくる。足の指先が、麻痺したみたいに思えた。

 暗くて狭い、視覚の制限される空間では、身体感覚がいやでも意識される。
 そんなとき、穂波は、つかのま、自分がひどく鈍重でみっともない生き物のように思われる。
 自分が、自分であることが、怖くなる。

「……穂波さん」

 自分を呼ぶ声に、はっと我に返る。つかのまの物思いを振り払うように、満流のほうに向き直る。

 満流の手のなかには、大きな毛皮の靴。

「裸足だと危ないよ。これ、使う?」

 うやうやしく、まるでガラスの靴を捧げ持つ従者みたいに、満流は穂波のほうに手をさしのべてきた。満流の目つきがあんまり真剣なので、穂波は、ちょっとおかしくなる。
 毛皮の靴は、何年も放置されていたものとおぼしく、だいぶ毛羽立っていて色もはげている。底もすり減っているかもしれない。そもそも、たぶん舞台用に作られた靴だから、普段使いに適するかどうかわからない。

「それ、大丈夫なの?」
「ないよりましよ。いきなり底が抜けたりはしない……と思うけど」

 満流はつぶやいて、肩をすくめた。

「私の靴、貸せたらよかったのだけど。たぶんサイズが合わないわよね」
「……そだね」

 苦笑を返した穂波は、満流のほうに手を伸ばす。と、彼女は首を振って、穂波の足に目配せした。

「足、出して。履かせてあげるから」

「……うん」

 一瞬だけ迷って、穂波はうなずき、立ったまま満流のほうに足を差し出した。
 満流は、その場にひざをつく。ふだん以上に高い位置から、穂波は満流の黒髪に覆われた頭部を見つめる。
 何か非現実的な背徳感が、穂波の胸をざわつかせた。跪いた相手を見下ろしていると、いつでも彼女を好きにできてしまうように錯覚させられる。ちょっと足を突き出すだけで、満流は、為す術もなく倒れてしまうだろう。
 こんなふうに満流の姿を見てしまうのは、何か、とても悪いことをしている気分だった。

 細い両手が、まるで、壊れ物を注意深く扱う職人のように、足に靴を履かせていく。
 見た目より縫製はしっかりしていて、すこし引っ張ったくらいでは壊れなさそうだった。毛皮に包まれた足は、ほんのりとした温もりを感じる。
 穂波がいつも履いている運動靴とは、もちろん軽さも動きやすさも違う。けれど、そんなぎこちない感触が、かえって穂波には好ましく思えた。

 厚い靴底が、すこしだけ穂波の背丈を底上げしてくれる。
 それだけで、彼女はまるで、この世とは違う舞台に立ったような気持ちになる。

 両足に、毛皮の靴を履いて、改めて穂波は両足で床を踏みしめた。

「これ、何の衣装?」

 満流は立ち上がりながら答える。

「3年前のやつだって聞いた。ホビットだかドワーフだかの靴」
「じゃあ、妖精を気取れるね」
「気をつけてよ。空飛べるわけじゃないんだから」

 満流の軽口に、穂波は笑い返す。空なんて飛ぶ必要はない。なんとなれば、すでに、彼女の気持ちは何ミリか宙に浮いている。

 穂波は、妖精の靴で脚立に上った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ