挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
一日一輪 ~女子校の日々はときめきに満ちている~ 作者:扇智史
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

176/233

第174話「ただのモテ自慢とか?」

「ラブレター……?」

 昼休み、風が吹き抜ける校庭。木曽(きそ)穂波(ほなみ)は、山下(やました)満流(みちる)が発したことばを鸚鵡返しに繰り返した。自分で出したことばの意味が、一瞬、呑み込めない。
 満流の困ったような顔を見つめながら、穂波はつぶやく。

「誰から?」
「実はまだ読んでない」

 肩をすくめた満流は、スカートのポケットからちらりと封筒をのぞかせた。シールとマスキングテープでめいっぱいデコられたその封筒は、なるほど、ハートマークで封緘されている。ラブレターには違いないようだったが、派手すぎて冗談に見えるし、差出人の名前を書く余地もなさそうだった。
 何となく、中身も丸文字と絵文字と顔文字でできあがっていそうな気がした。

「1学期の頃は、もっと頻繁にもらったんだけど。2学期になってからは久々」

 満流はうれしそうでも迷惑そうでもない、どこか突き放したような声でいった。
 演劇部の期待の新人で、ミステリアスな美少女である山下満流は、とかく浮き名に事欠かない。同級生の誰と密会しただの、上級生を袖にしたの、二股かけたの、以前はそんな話がたびたび山火事のように広まっていたものだ。最近は落ち着いているとはいえ、彼女を見る目にはまだそういう印象が強いだろう。

「ずいぶんモテモテだこと」
「困るんだけどね。みんなの声に応えるわけにもいかないし」
「完全にモテる人間のせりふだね……」

 あんまり自然に満流がいうので、さすがに穂波もあきれてしまう。

「それで、どうするの?」
「どうするも何も、つき合うわけにもいかないでしょう」
「……そうなの?」
「それは」

 いいかけた満流は、ふと口を閉ざす。ポケットの中のラブレターを、上からじっと押さえつけるようにして、自分の太股をスカート越しになでている。その仕草が、何か、強い感情を押し込めているみたいに見えて、一瞬穂波は焦りを感じる。
 そして、満流がじっと穂波をにらんだ。舞台で鍛えた眼光は、穂波の背筋を寒からしめた。

「穂波さんさ。どうして私が、あなたをここに呼んで、こんな話したと思ってるわけ?」
「それは……」
「ただのモテ自慢とか?」
「いや、そこまでは思ってないけど」

 穂波はあわてて否定したが、すこしは、そんなふうに考えたような気がしないでもない。でも、そんなよこしまな考えが、胸の奥にいやな熱を引き起こしてしまいそうで、彼女はその気持ちに見ないふりをした。

 満流はしばし、穂波のそんな暗い胸の内を見抜こうとするように、じっと顔をしかめていた。けれど、そのうち、ふと表情を和らげて、姿勢をかるく崩した。ピンとした背筋をわずかにゆるめ、両足に預けていた重心をずらす。
 そうするだけで、身長が5センチくらい低くなったように見えたし、全身から発していた凛とした気配が消え失せて、影も心なしか薄く思えた。人の姿形というのは、ほんのすこしの意識で、ここまで変わるものか、と穂波はおどろく。

「隠し事はさ、したくないじゃない。穂波さん相手に」

 そうして発せられた満流のことばは、長台詞のように流暢でも華麗でもなかったけれど、それだけにたしかな力で穂波の心に刺さった。こういうときは、飾らないことばのほうが強い。

「……ありがとう」
「なので」

 ぽん、と、自分の太股をたたいて、満流はじっと穂波を見つめる。

「この処遇も、穂波さん次第、ということに、しようかな、と」
「私?」
「そのほうが安心できるでしょう? 破り捨てるなり、焼き払うなり、好きにすればいい」
「そんな物騒な手段、必要?」
「穂波さんがお望みならね」

 きっぱりといいきった満流の表情は、すでにさっぱりと晴れやかだった。自分の中にあった重みを放り出して、すっきりしたらしい。
 穂波の背後から、真昼の陽射しに熱された生ぬるい風が吹いてくる。彼女の体を風除けにするみたいに、満流は悠然とそこに立っていて、結った髪も微動だにしない。たとえ力を抜いていても、まるで風のない舞台上にいるかのように、満流の姿は揺るぎなかった。

 穂波は、半眼で満流を見据えた。

「じゃあ、会ってくれば?」

 満流は、意外そうに、しかし興味深げに目を見開いた。すこしゆるんでいた彼女の背筋が、ふたたびまっすぐになり、いくぶん穂波の顔に近づく。

「……そうくる?」
「というか、会わずにすますつもりでいたほうが問題なんじゃない?」

 穂波は、すっと満流に歩み寄った。
 そして、彼女のスカートを上からそっと押さえつける。

 顔を見下ろし、形のよいおでこをじっと見つめるようにして、穂波は告げる。

「会って、きっぱり断ってきてよ」

 満流はにっこりして、うなずいた。

「……はいはい」

 つぶやいて、満流は穂波の手を逃れて後ろにしりぞいた。支えを失ったようにバランスを崩した穂波に、満流は肩をすくめていう。

「あんまし近づいてるとこ見られたら、穂波さんも噂になるよ」
「……もうなってるんじゃないかな」

 とかく山下満流は目立つし、2学期以来しばしば彼女のそばにいる穂波だって、目立たないはずはない。満流のそばにいるノッポは誰だ、みたいな話が、きっとそこかしこで流れていることだろう。
 でも、むしろ、そうしたほうがいいかもしれない。
 そうすれば、ラブレターだって来なくなる。

 とはいえ、そこで一歩前にでる勇気は、穂波にはなかった。
 突っ立ったままの彼女に背を向け、満流は歩き出す。組んだ後ろ手が、穂波をからかっているみたいに左右に揺れた。

「まあ、ありがとね」

 後ろを向いたまま、満流はよく通る声で告げる。

「背中押してくれて」

 最初から、そうされたかったのだろう。穂波はそれに気づいて、密かに笑う。どうやら、満流の望んでいたことばを、穂波は選ぶことができたらしい。満流にとってはちょっとしたアドリブ劇で、穂波はそれに巻き込まれただけの素人で、あたふたしていたのは自分だけなのかもしれなかった。
 でも、彼女がそうして、手を取って舞台に上げてくれるのは、きっと自分だけだ。
 誇らしげに、穂波は背筋を伸ばして、満流の後を追って歩き出した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ