挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白の武器神 作者:マテリアル

第1章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/13

羽根つき…?

訂正や付け足しを行っております。
変更などは、活動報告に記入しておりますので、ご覧になって下さい。

読み返して頂けると幸いです。

今回は別視点です。短いです。
俺はカイ。索敵などのスキルを使う、別ゲーでいうところのアサシンの様なプレイをしている。

今は、ちょうどモンスターを狩り過ぎてポーションが無くなったから、街に帰るところだ。

そんなとき、街の方から楽しそうな声が聞こえて来た。女子の高い声だ。

俺は彼女いない歴イコール年齢の学生だ。つい、その声の方に注意を向けてしまった。

そして俺は、ある光景を目にした。

3人の可愛い少女達が、楽しそうに走り回っていた。
盾やハンマーを掲げて、何かを打ち上げていた。

いや、1つ訂正する。打ち合っていた。

まるで、羽根つきのようだった。
1つの違和感を除けば。

こんなフィールドに、羽根つきの羽が有るはずがないのだ。

では、彼女達は何を羽の代わりとしているのか?

俺はそこまで考えて、答えを発見した。
そして、一目散に駆け出した。
早く街に行って、伝えなければ。
この状況を、掲示板で広めよう。

彼女達が打ち合っていたのは———





———『スライム』だったのだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ