挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白の武器神 作者:マテリアル

第1章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/14

アバター設定(1)

12/9
地の文の一部の「私」を「零」もしくは「レイ」に変更しました
詳しくは活動報告へ
いつの間にか、零は真っ暗な部屋に立っていた。
目の前に、薄くて青白い板のような物が浮かんでいる。

『ダウンロードします。よろしいですか?』
「イエス」

答えると、板が消えて新しく板が出現した。

『ダウンロードしています………30パーセント…60パーセント……ダウンロードが完了しました。インストールしますか?』
「イエス」
『インストール中……インストール完了』
『Walk My Way Onlineにログインしますか?』
「イエス」
『次回から自動でWalk My Way Onlineにログインするように設定しますか?』
「イエス」
『設定を変更しました。再設定を行う場合は、《設定》から行って下さい』
『それでは、ログインします』

景色が切り替わり、真っ白な世界に私は立った。

ぴょこんと真っ黒なうさぎが飛び出して来た。可愛い…

するとうさぎが光に包まれて、次の瞬間、ゴスロリに身を包んだ、黒髪黒目の可愛い女の子が現れた。

「Walk My Way Onlineの世界へようこそ!私は案内役のチカと申します」

へえ、チカって言うんだ。アバター設定で出て来た人は、ゲーム中にもイベントで出てくるらしいし、楽しみ。

義父によると、案内役の子はみんなNPCらしい。
人間にしか見えないよ。すごい。現実に出て来そう。

「まず、あなたの名前を決めてもらいます。もう決まっていらっしゃますか?」
「はい」
「では、ここに入力して下さい」

板とキーボードが現れた。名前は、そのままで、〈レイ〉にする。

「ありがとうございます。では、次にアバターの設定を行います」

目の前に零と瓜二つのアバターが現れる。

「変更出来るのは、身長5センチ以内、眼の色、髪の色だけとなっております。あらかじめ、ご了承ください」
「はい」

何処を弄ろうか。髪の色変えようかな。うーん。あ、でも白色ないから色変えた後、白に戻せなくなっちゃう。別に構わないけど、結構この白い髪気に入ってるから、無理に変えなくても良いか。
美代たちも変えないで、って言ってたし。

目の色は変えよう。さすがにそのままにしたら、リアルばれするらしいし。
何色にしよう?赤が合いそうだけど紫も……
おお!緑が合う!緑にしよう!

「決まりました」
「身長は変更しなくてもよろしいですか?」
「はい」

今更、五センチ上増ししても、156センチだし、もう諦めた。

「ではこれで決定します。よろしいですか?」
「はい」

「アバターを決定しました。続いて、種族選択、スキルとステータス設定に移ります」
いくつか前の話に加筆しました。
ちなみに、レイはリアルばれを気にする必要はありません。
リアルばれについては、廃ゲーマーの莉子の教えです。
その辺も後々書いていきます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ