挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
砂漠に降る花 作者:AQ
99/198

第三章 閑話 〜名探偵クロルの事件簿(4)〜

 黄泉への塔、頂上近く。
 クロルは、3人を手招きすると、その窓から身を乗り出した。
 風に煽られて、薄茶色の前髪がふわりと浮き上がる。
 形の良いおでこは、リグルにピンピン弾かれたせいか、少し赤くなっているようだ。

 クロルは、昼寝から起きて伸びをする猫のように、気持ち良さげに目を細めながら空をみやる。

「みんな、見てみなよ。3つの塔からつながる、三角錐の頂点に何があるのか」

 窓辺からクロルがぴょんと飛び退いたので、3人は顔を見合わせると、おずおずと前に進んだ。
 ある程度近づくと、石の枠で切り取られた額縁の内側、ちょうど左右の端に煙突のようにそびえ立つ2本の塔が見えてきた。

 石が抜かれただけのシンプルな窓は、3人横並びになるとぎりぎりくらいの幅だったが、それでも充分すぎるほどに景色は堪能できる。
 三角錐の頂点を探す3人の中で、1人口を開けて空を見上げたリグルに、エールは「バカ、闇の魔術なら下だろう」と諭す。
 「そんなの分かってるよっ」というリグルの負け惜しみな遠吠え。

 普段なら大いに笑うだろうそのやりとりも、真剣なサラと1人考え事の続きをしているクロルは、右から左へ受け流す。

 2つの塔の中心に、真っ直ぐ線を引いてみると、ぶつかるのは中庭の森だ。
 その森はいびつな楕円形に広がっている。
 今度は、今自分が居る場所との距離を測り……。

 視力が良いサラが目を凝らすと、架空の線上に何か小さな赤色が見えた気がした。
 サラは、もう少し、と石の上に身を乗り出す。
 隣にいたリグルが、慌ててサラの腰のあたりを支える。
 くすぐったがりのサラも、黒騎士モード並に集中しているため気づかない。

 その瞳に飛び込んで来たのは、赤い色の……花。

 お茶会をしたバラ園のバラは、赤くなかった。
 ルリ姫は、パステルカラーが好きだから、白、黄色、ピンクのバラで埋め尽くされていた。
 だとしたら、あの赤は……。

「エール王子の、隠れ家……?」

 呟いたサラに、クロルはもう何度目かの「さすが僕の嫁!」という決め台詞を言った。

  * * *

 サラたちは、いったん会議の行われたホールへ戻った。
 城内にある塔はさておき、中庭に出るには一応国王の許可を取った方がいいだろうと、エールが提案したためだ。
 便乗するように「ついでに連れていかなきゃいけない人も居るしね」と、クロルは頭の後ろで手を組みながら、楽しそうに言った。


 ホールに戻ると、そこにはまだ会議参加者ほぼ全員が揃っていた。
 とっくに解散していると思った4人が呆気に取られると、国王があっさり答えた。

「クロル、お前が何かやらかすだろうと思って、皆を待機させていた。さて、今度はどんなショーを見せてくれるんだ?」

 洞察の鋭さに、クロルはお手上げのポーズをする。

「さすがに全員連れてくのは無理。各部門長と、力の強い騎士と、魔術師……は、防御系が強い者。あとは医師長と医師数名、デリスと古参の侍女が数名……ああ、当然父様と、そこに隠れてる国王の守り手サマもね?」

 舞台の袖に立っていた、無表情の月巫女を見ながら、クロルはギラリと瞳を光らせる。
 あからさまな侮蔑を込めた目線に、サラたちは焦り、国王は渋い表情をする。
 当然月巫女は意に介さず、長い髪を揺らしながら「わかりました」と頭を下げた。

 全員が、何事かと不審げにささやき合いつつも、クロルに付き従う。
 その理由は、先ほどの会議で感じた王者の風格からだろうか。

 サラは、皆の先頭を歩くクロルの隣で、その整いすぎた顔を観察した。
 クロルが国王に似ているなら、やっぱり彼自身が王になるよりも、リグルのサポートが向いているように思った。
 クロルは誤解されやすいから、人当たりのよいリグルが表に立つなら、悪いようにはならないだろう。

 賢いクロルは、1人で何でもできるように見えて、本当はそうじゃない。
 国王が月巫女に頼ったように、彼にはきっと傍に居てくれる、絶対的な信頼を寄せられる誰かが必要なのだ。
 そして、いくら望まれても、自分が一緒に居てあげることはできない……。
 当たり前のように握られた右手の熱さを思いながら、サラは小さなため息をついた。


 クロルの先導に従い、王族と重鎮ご一行さまは中庭へとたどり着いた。

「さ、ついたよ。とりあえず皆が楽に通れるくらい、木々に退いてもらえるように言ってくれない? この方角にね」

 声をかけられた魔術師長は、あからさまに無視。
 エールが「俺からも頼む」と言うと、苦い表情で部下達に指示を出した。
 すぐに、数名の魔術師による詠唱が始まる。
 心地よい風に乗るハーモニーに、サラは思わず聞き惚れた。

 魔術師ファースの呪文もそうだった。
 サラは、魔術を少しは感じ取ることができる。
 それが風や木の魔術だと、なんだか心地よく感じるようだ。

 目を閉じて詠唱を堪能していたサラ。
 気づくと、目の前の森にはまっすぐな一本道ができあがっていた。
 生えていた木々は一度別の場所へ移され、また元通り復元されるという。

 2人並べば窮屈だけれど、それでもあの迷路よりは全然マシだ。
 サラが迷いに迷ったくねくね小道は、人為的に作ったものではなく、さまざまな木々が増えていったら自然とああなったみたいよと、ルリは言っていた。
 きっと建て増しを続けた、田舎の温泉旅館のようなものなのだろう。

 この小さな森の地図を持っているのは、ルリ姫と1人の庭師だけ。
 ナイショの密会場所を見つかりたくないという、ルリの可愛らしいわがままによって、この森はほとんど人が立ち入らない、自然の溢れるオアシスとなっていた。

 そして、ルリのバラ園は、その庭師が定期的に管理しているという。
 そこまでの道のりも、最低限は整備されるようになった。
 ただし、エールの隠れ家は、その奥に埋もれてしまった。

  * * *

 先頭を歩くサラの隣、右手を繋いで楽しそうに鼻歌を歌いながら歩くクロル。
 サラたちのすぐ後には、仲良し兄弟のエールとリグル。
 その後ろは、ルリ姫とデリス。
 侍女たちは適度に散らばっているため、デリスの後ろには名前も知らない魔術師のローブがチラリと見える。

 国王はずいぶん離れた場所に居るようで、サラが目を凝らしても、その姿はまったく見えない。
 きっと、月巫女あたりと歩いているのだろう。
 クロルやデリスがここに居るから、なるべく近づけないように配慮したのかもしれない。

 きょろきょろと後方を気にしつつ歩いていたサラは、うっかり木の根っ子につまづきそうになり、クロルの手に助けられた。
 「ありがと」と言っても「あー、うん」と、意識を飛ばして思案中のクロル。
 やはりコイツは反射神経が良いな……と、黒騎士サラは眉をキリリと吊り上げた。

 慎重に木の根を避けながら歩きつつ、あの荒れ果てた茨の道を思い出したサラ。

「こんなことが魔術でできるなら、エール王子もあの茨の道でやってくれれば良かったのに」

 くるりと頭だけで後ろを向くと、ちょっとしたイヤミを言った。

「いや、すまなかった。元々俺は補助系魔術が苦手だし、あの時は体調が悪くて……」
「けっこう元気に見えたわよ? エール兄。サラ姫を奪うように連れて行ったから、ビックリしちゃった」

 後方からルリが会話に加わってきて、エールの旗色は悪くなる。

「そう、だよな。どうかしてたな、俺は……」
「ありゃあ確かにエール兄らしくなかったよ。ずっとサラ姫にそっけない態度取ってたのに、いきなり小脇に抱えて走り去ったからビックリしたよ」

 便乗してきたリグルが、あの日のエールの態度を3割増しくらいで語る。

「しかも、そのあとサラ姫にくち」
「リグル!」
「わあーっ!」

 エールとサラは、同時に叫んだ。
 むっつり膨れたリグルが、昔埋めた宝物を必死で掘り返す犬のように「あのときのエール兄はズルイ」と騒ぎ始める。

「何がズルイんですか? リグル様」

 垂れ下がった瞼の奥に隠れたつぶらな瞳をギラギラさせる、情報屋ばーちゃんことデリス。
 サラとエールは一瞬顔を見合わせると、「なんでもないから!」と同時に叫び、ハッピーアイスクリーム。

 2人の頬がじわじわとピンクに染まっていくのを見ながら、デリスは「そういえば、私にもそんな時代がありました」と意味深な感想を述べた。
↓次号予告&作者の言い訳(痛いかも?)です。読みたくない方は、素早くスクロールを。










 尺の問題で中途半端なとこで切れてしまいました。スミマセン。前半で、塔の謎解明。後半はしょーもない(いつもの?)コメディとなりました。なんかエール君イマイチ地味っぽいけど、長男ってそんなものではないかと思う作者。1人美味しい思いしたし、このくらいでちょうどいいのかも。そしてリグル君は、この閑話中は完璧な犬です。ゴメンよ。でも息抜き係に重宝……。デリスばーちゃんにも、昔は頬を染め合う相手がいたようです。それは番外編で……って、この話いつ終わるかもわからんのに、番外編のネタばかりがたまります。今回の補足懐かしネタは『ハッピーアイスクリーム』って、ご存知の方は何才くらいまでかなあ? タイミング良く同じ台詞を言ったら、すぐ『ハッピーアイスクリーム』と言うと、先に言った方がアイスをおごってもらえるというゲームです。ちなみに作者は、アイスをおごってもらったことはありません……。
 次回は、エール君の隠れ家編。今回大人しかったクロル君ですが、到着してからはエラソーに仕切りまくり予定です。あっ、次は記念すべき100回目! でも内容はいたって地味……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ