挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
砂漠に降る花 作者:AQ
72/198

第三章(12)エールの苦悩

 この国の王子たちは、みんな頑固だ。
 逆に言えば、みんなしっかりと自分の意思を持ち、それを貫き通すパワーを持っている。
 その結果、1つのモノを奪い合えば、こういうことになるのだ。

「ね、サラ姫? 結婚相手は僕だね?」
「いや、俺だよな? こいつより先に言ったし」

 すでに落ち着いているルリは、淡々とお茶のお代わりを淹れている。
 ドレスの染みは、エールの魔術であっさり取り除かれた。
 あわせて、テーブルクロスの染みも。

 サラは、それらの作業を一瞬でこなしてしまったエールに、尊敬の眼差しを向けていた。

 木に変装するだけかと思っていた木の魔術も、実は便利なものだった。
 エールが人差し指を一振りしただけで、どこからかねこじゃらし風の植物とシャボン草が飛んできて、お茶で汚れた生地をトントンと叩くように染み抜きし、その後水の魔術、風の魔術のコンボですすぎ&ドライ。
 良く考えたら、あの小さなナチルが領主館の家事を一手に引き受けられるのも、こういう手が使えるからかもしれない。

 エールはといえば、最初は弟たちに割って入ろうと頑張っていたが、今は椅子に座りなおしクールな表情で熱いお茶を飲みなおしている。

 無表情のように見えるけれど、本当は……。

「先に言った? たったの半日だよ? それだけで優先権主張するわけ?」
「ああそうだ。こういうことは早いもの勝ちだ」

 サラが都合よくスルーしてきた2人の会話に、突然エールが乱入した。

「そうか、だったら最優先権は俺にあるようだな」

 フードを外し、立ち上がったエール。
 長い黒髪が、風をはらんで揺れている。
 一重の奥の瞳が、傾き始めた太陽を受けて、強く光った。

 その目を見て、お互いの胸倉を掴みあっていたリグルとクロルが、素早く手を離す。
 一度うなずいたエールは弟たちから視線を外すと、その威圧的な瞳をサラへと向けた。

「サラ姫、正直に答えてください」
「はいっ!」

 のん気にクッキーをポリポリかじっていたサラは、緊張して背筋を伸ばした。
 無表情か、苦笑か、冷笑。
 その3つしか見たことがなかったサラに、初めて柔らかく優しい笑みが向けられる。

 感情があまり表に出ない人と思っていたけれど、もしかしたらこの人って……。

 怒ると……怖いタイプ?

「国王はさておき、この3人の中で一番早く、結婚の約束をしたのは誰ですか?」
「え、えっと……」
「忘れたなら言いましょう。君は一昨日の午後、俺の部屋に来て言ったはずだ。”俺と結婚したい”と」

 突然の爆弾発言に、リグル、クロル、ルリの3人は目を丸くしてサラを見つめた。
 サラは、必死でそのときの会話を思い出そうとする。

 そういえば、ぶち切れてアニマルモードになって、そんなことを言ったような、言わないような……。

「ということは、この兄弟の中での最優先権は俺にあるということで、よろしいですね?」

 サラの返事を待たずに、エールは優雅な身のこなしで椅子を避け、唖然とするルリの背後からサラの元へ。。
 リグルの次に背が高いエールは、サラに近づくと腰を屈め、耳元でささやいた。

「今から少し、二人でお話しましょう。いいですね?」

 有無を言わせぬ口調と、鋭い眼光に負けて、サラはうなずいていた。

  * * *

 テラスから連れ出されたサラは、昨夜と同じような展開に涙が出そうになった。
 うっそうと生い茂る森の最深部へ向かって、どんどん進んでいくエール。
 サラは、足元に生えた草木に注意しながら、ドレスの裾を摘んでちょこちょこと小走りで追いかける。

 懐かしの”2ショット”ってヤツに無理やり持ち込んだくせに、エールは思いやりのかけらもなく、長い足と風の魔術で、すべるように滑らかに進んでいく。
 徐々に引き離されていくサラは、もうドレスはいいやと手を離し、ダッシュで追いついた。

 そのローブの裾を掴もうと、手を伸ばしたとき……。


『ベシャッ!』


 ――転んだ。


「サラ姫っ!」

 一貫してサラに冷たかったエールもさすがに慌てて、倒れたままのサラを抱き起こす。
 幸い、やわらかい土の上だったおかげで、サラに傷はなかった。
 しかし、ドレスは悲惨な状態になってしまった。

 エールは、涙目で自分を見上げるサラに苦笑すると、再び木、水、風のクリーニング魔術コンボを披露した。


 バラ香りが完全に消えた頃から、別の花の香りが漂い始めた。
 テラスから茨の道を抜けたところに、小さな広場があった。

 敷き詰められた芝生に、木のベンチと、古いブランコ。
 周囲には色とりどりの花が咲き誇る花壇。
 まるで、楽園のような場所だった。

「とても素敵なところですね!」

 さっきまで泣きそうだったのに、あっさり機嫌良く微笑むサラを見て、エールは瞳を細めた。

「ここ、実は俺の隠れ家なんだ。子どもの頃は、良く家出してこのベンチで過ごしてたよ」

 エールは、風雨にさらされてくすんだベンチから砂埃を吹き飛ばすと、その上に腰掛けた。
 サラも、大人しく隣に座る。
 日差しに背を向ける角度だと、色白なエールの顔色はひどく青ざめて見えた。

「俺はずっと、逃げたていたかった……」

 ぽつりと呟いた言葉。
 隣に居るサラは、エールの視界に入っていない自分を感じていた。
 だからこそ、今漏らした一言は、エールの本音なんだと思った。

 両親を早くに亡くしてから、長男として兄弟を支えつつ、王位を狙ってきたというエール。
 その心労は、並大抵のものではないだろう。
 サラは、少し頼りなさげに見えるエールの手を握ろうとし……躊躇した。

 人の心に深く入り込もうとしてしまうのは、良くない癖だ。
 いつまでこの国に居るかも分からないのに。
 責任も、取れないのに。

「エール王子……私をここに連れ出した理由を、教えてくださいますか?」

 サラはなるべく事務的に聞こえるように、言葉を選んだ。
 エールは、驚いたようにサラの顔を見ると、少し皮肉げに笑った。

「別に。この場所を見せたかった。俺の妃となる女に、ね」
「ふざけないでくださいっ」

 明らかな嘘と分かる、エールの言葉。
 カチンときたサラは、隣に座るエールを睨みつける。

「私のこと、追い出す算段をしてるんでしょう?」
「今はもう考えてないよ」
「婚約者だっていらっしゃると!」
「ああ、書面だけ交わして1度も顔を見たことがない女がいたかもな」

 サラの疑問は、ことごとくかわされてしまう。
 この人は、とても賢い人だ。
 直球で質問したところで、まともな答えは返ってこないだろう。

 そういえば、こんな天邪鬼な人が1人いたなと、サラは思い出した。
 この王子は、弟子として天邪鬼も引き継いでしまったのかもしれない。

 そこまで考えて、サラは気づいた。
 自分を追い出すとか、戦争を続けるとか、師匠を憎んでいるような発言の裏には、きっと逆の気持ちが隠れていることに。

 サラは、ケンカ腰の態度をあらためた。
 クールダウンも兼ねて、大きく深呼吸すると、両手を木のベンチに当て、ヒールで歩き回って疲れた足をぶらぶらと揺すりながら考え込む。

 足を動かすたびに、ドレスの裾がまとわりついてうっとうしい。
 無意識にその邪魔な布を掴み、ひざが見えるところまでぐいっと持ち上げた。
 この世界に、ミニスカートというものが存在しないとも気づかずに。

 いきなり現れた、サラの細く引き締まった白い肌に、エールは目を見開く。
 淑女とは程遠いサラの態度に、エールは思わず呟いた。

「君……あの頑固な弟2人を、どうやって落としたの?」

 その瞬間、サラの片足から靴が脱げて吹っ飛び、傾斜のついた芝生の上を果てしなく転がっていった。

  * * *

 木漏れ日の色は、少しずつ赤みを増していく。
 あまりのんびりしている時間は無いだろう。

 それなのに、なぜかエールは笑いながら、自分の足でサラの靴を取りに行ってくれた。
 王子らしく一礼してサラの前にひざまずくと、どうぞお姫様とささやいて、そっと履かせてくれた。

 思わぬシンデレラプレイに、サラの頬も真っ赤に染まり……。
 エールの視線から逃げるように、横を向いた。

「なんだか、分かった気がするよ」

 サラを見上げながら、エールはくすくすと楽しそうに笑った。

「なっ、何がですかっ?」

 ありがとうも言い忘れたことに気づかぬまま、サラがぶっきらぼうに切り返すと、エールはその姿勢のままで告げた。

「弟たちが、君にプロポーズした理由が、ね」

 ええ、私にも分かりましたよ。
 こんな珍獣は、王子たちの周りには1人も居ないでしょうから、よほど物珍しかったに違いありません。

 不満げに口を尖らせるサラを、エールは面白そうに見つめる。
 その視線が、再びサラの足元へ落とされた。

「君に言われたことを、あれからずっと考えていた」

 サラは、エールの口調が変わったことに気づき、表情を引き締めた。
 サラの足元にうずくまり、視線を落としたエールの顔は見えない。
 またドレスが汚れるのも気にせず、サラはベンチから降りると、エールの傍にしゃがみこんだ。

「君は、俺に”私怨”と言った」

 艶のある真っ直ぐな黒髪が、風になびく。
 また怒りの感情が表れたのかと思ったが、覗き込んだエールの瞳は影り、暗く沈んでいた。

「その通りだと思った。俺のすべては、あの女に縛られていると。そこから逃れるためなら他人を犠牲にしてもかまわないと」

 エールの言葉を真剣に聞いていたサラは、その手が小刻みに震えていることに気づいた。
 無表情の奥に隠された、エールの葛藤。

「だけど、俺は止まれない。あの魔女を、探し出すまでは……止まることは、許されないんだ」

 ギリ、と噛み締められたエールの唇。
 皮膚が切れ、血が滲んでも止めない。

 エールになら、瞬きする間に治せるはずの傷。
 この人はいつも、こうやって自分の体を傷つけてきたのかもしれない。
 戒めのためなのか、他の誰かを傷つけたことへの懺悔なのか。

 自分の母親を殺したという魔女……2代前の筆頭魔術師を、エールは探しているのだ。
 自分のすべてをかけて。

 だとしたら、私は出来る限り協力する。
 もし魔女が砂漠に隠れ住むとしても、戦争で奪い取る以外に見つける方法はあるはずだ。

 サラの決意は、エールの次の台詞で覆された。


「俺には、もう時間があまり、ない……」


 うずくまっていたエールが、その体をぐらりと傾けていく。
 サラはとっさに腕を伸ばしたが、指先がマントに掠るだけだった。

 やわらかい土の上に倒れたエールは、唇から血を流したまま意識を失っていた。
↓次号予告&作者の言い訳(痛いかも?)です。読みたくない方は、素早くスクロールを。










サラちゃんモテまくり竹内まりやワールドから、一気に急展開となりました。しかしネルトンって、何才くらいまでの読者さんに通じるのかしら……ツーショットとか、書いてて懐かしさに涙が。(←自分の年を実感……哀切)こんな風に強引に連れ出したら、タカさんもキャメラも黙ってないっすよー。しかし、ネルトンでは強気に出たもん勝ちって面も。なんだかんだ、いつもは小生意気な弟たちも、本気になったエール君には逆らえません。当然、優柔なサラちゃんも。
次回は、サラちゃんパニクりつつも頑張ります。目の前で命の危機が発生したら、もうなりふり構ってらんないですよね。ねー、あおいちゃん?(←ナ○スあおい好き)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ