挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
砂漠に降る花 作者:AQ
20/198

閑話1 〜青少年カリム君の、不愉快な日常〜

ちょっと健全な青少年の妄想・・・的な内容になってます。夢オチなのでリアルではないですが、クダラナイ度MAXです。
俺の夢に、最近よくこの女が出てくるのは、一体なぜなんだろう?
確かに顔はちっと整ってるだろうけど、やせっぽちで胸だってねえ、姫の身代わりのくせにガサツで常識知らずで、時々ヘンタイで……

そうだ、こんな感じで……

  *  *  *

「ねぇ、カリム?」

ああこれは夢だ。


「私と、一緒に寝て?」

夢だろ?


「カリムの、筋肉好き」

夢だよな?


「カリム、体温高くてあったかい」

夢だって、絶対!


「カリムの……」

夢だって言ってくれよ!

(……)


「お○っこも……」

夢夢夢夢夢……

(……ぃ)


「あったかいよ?」

夢だーーー!!!

(……ぉぃ)


「カーリム?」

てめーは夢魔だ!怪物だ!

(……ぉい)


「ねえ、ちゅーしよ?」

(……おい!)


「するかボケー!!!」


ガバっと起き上がった瞬間、俺の顔面は、何かもじゃもじゃとしたものに接触した。
そのもじゃの中の、何かふっくらやわらかいものが、俺の唇に当たったような気がする。

「てんめぇ……」

そこには、日焼けした顔を真っ赤……を通り超して、ドス赤黒く染めて、額に青筋を立てたひげもじゃがいた。

「てめえの分まで部屋がねーからって、俺の寝床半分貸してやったらよ……」

ひくひくと、赤い唇をひきつらせながら、ヒゲは俺のシャツの胸倉を掴んだ。


ああ、殺られる。

絶対、逃げらんねえ。


「どんだけエロい寝言ぬかしとんじゃー!!」


その後、俺は盗賊オヤジの年季入り拳骨ボコボコにくらって、ヒゲの部屋を追い出された。

「欲求不満は、女で解消しろっ!!」

痛かった。
でもこれが、オヤジの愛のムチってやつなんだろうな。
オヤジという存在が居ないまま育った俺は、イテーと呟きながらも、なぜかちょっと胸が熱くなったのだ。

  *  *  *

しかし、その時偶然早起きして、ヒゲの捨て台詞を立ち聞きしていたリコに、

「カリム君はー、だれのことでー、どんだけ欲求不満なんでちゅか〜?」

と、しばらくまとわりつかれたことで、俺の胸の温度は一気に急降下したのだった。
↓次号予告&作者の言い訳(痛いかも?)です。読みたくない方は、素早くスクロールを。










どーしてもヒゲが出したかったんです。ヒゲは黒と赤ってイメージで。
しかしカリム君は、第二章以降ではイカスキャラ予定だったんだけど、こんなヘタレ、いや健康優良児なネタは想定外?彼は別にサラちゃんのこと特別好きとかじゃないはずです。たぶん。この直後にサラ生ちゅー見て鼻血直前でしたというオチ。
次回は、ドッキドキ王道ファンタジー下克上バージョン目指します!常に目指してますが特濃4.2レベルで。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ