挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
砂漠に降る花 作者:AQ
198/198

番外編2.5 ~サラはなぜ“サラ”なのか?~

「ねーねー、サラ姫に質問っ」
「なぁに? クロル王子」
「サラ姫は、何で自分の名前が“サラ”っていうか知ってる?」
「なによ、いきなり」
「いいからさー」
「えっと、確か“響きが良いから”って安住パパに聞いたよ。大澤パパも、海外に行ったときに通じる名前だからちょうどいいねって」
「ハナさんには?」
「どーだったかなあ。その話してたとき、一緒に居たと思ったけど……」
「僕、昨日聞いちゃった。本当の理由」
「えー、なになに? 教えてっ」
「……うーん、どうしよっかな。やっぱこれ、言わない方がいいかもー」
「ちょっと、そこまで言って止める気っ? 気になるよ……ってその言い方、なんだかデジャブを感じる……」
「まあ知りたくないならいいけど。ハナさんは『恥ずかしいから、サラちゃんには一生内緒にするつもり』って言ってたっけ。僕が告げ口したってバレたら怒られるし、この話はやっぱり」
「ズルイっ! 娘の私が知らないなんて不公平だよー。ねえ、意地悪言わないで教えてよっ」
「じゃあ、手繋いでくれたらいいよ!」
「……やっぱり。しょーがないなぁ」
「えへへー。サラ姫の手って、温かくて気持ちいいんだもん。それに安心するし」
「全く、甘えん坊なんだからっ。それで?」
「あのさ、僕この間“猫又”になった話したよね」
「うん」
「それから、ニッポンって国にすごく興味が湧いちゃってさ」
「そうなるだろうなーと思ったよ」
「この間ハナさんに、いろいろ聞いたんだ。ニッポンがどんな国で、どんな歴史があって、どんな人たちがどんな考えで暮らしてるのか。そしたら、たまたまサラ姫の名前の由来に繋がって」
「へーそうなんだ。あ、待って。当ててみる!」
「どうぞ?」
「お母さんが、お花が好きだから“ハナ”って単純につけたのよね。だからたぶん、私の名前も花から取ったんだと思うな。仏教の世界で良く出てくる“沙羅双樹”って花があるの。そこからじゃない? どう?」
「残念、ハズレー」
「えー、じゃあなんだろ。もう想像つかないや。正解教えて?」
「了解。あのね、最初は僕が“猫又”を知ってるって話をしたんだ」
「えっ、あれ話したんだ。ビックリしてたでしょ?」
「それがハナさん、僕の予想外のリアクションでさ。まったく、こっちが驚かされたよ。ハナさんってサラ姫に似てすごく変な……じゃなくて、面白い人だよね。それ聞いたとたん『妖怪大好き』って目をキラキラさせて、いきなり妙に甲高い声で……」
「『オイ! キタロウ!』」
「あっ、それそれ! なんでサラ姫もできるの?」
「……小さい頃に仕込まれたの。いつか大人になったとき、必ず“一発芸”が必要になるからって」
「ふーん、良く分かんないけど、ハナさんは教育熱心なんだね。さすが」
「教育……うん、まあそうかもね。あ、また話脱線しちゃった。それで?」
「その後、ハナさんが好きな妖怪の話になったんだよ。猫又の他にも、ニッポンには面白い妖怪がいっぱい居るんだってね」
「そりゃ居るけど……それ、ホントに私の名前と関係あるの?」
「もちろん。妖怪の中でもハナさんが一番好きなのが、田舎の綺麗な川に居るっていう、緑色の……」
「河童?」
「そうそう。そのカッパの頭にある、大事な部分を“サラ”って言うんだよね? ハナさんは、こう言ってたよ」

 ――もしも私が河童ならば、サラはそれだけ大事な存在だから。

「だってさ……ん? どーしたのサラ姫。手ぇ痛いんだけど」
「もうサイアクっ! 聞かなきゃ良かった! 全然ロマンチックじゃないっ!」
「えー、感動的なイイ話じゃん」
「どこがよっ!」
「あ、そーだ。ついでに、そのときニッポンの“有名な曲”も教えてもらったんだよ。確か……」

 それからしばらくの間、サラの頭の中にはあの曲が回り続けた。
 幼い頃から、サラも良く連れて行ってもらった、母が大好きな某回転寿司チェーン店のテーマ曲が。
↓次号予告&作者の言い訳(痛いかも?)です。読みたくない方は、素早くスクロールを。












「カーッパカッパカッパのマークの~♪」スミマセン。どうしても執筆に煮詰まってしまいました。こんな小話をちょっと挟んで、とりあえずお茶を濁させてください。orz 珍しく会話のみという形式にしてみたのは、決して手抜きではありません。手抜きではありません。(大事なことなので二回) 今回サラちゃんの名前の由来編でした。中身の無いアホな話ではありますが、つつましくも愉快な親子のイメージが浮かんでくれたら大成功です。あのお皿がくるくる回るのを見てるだけで、なんとなく幸せになれますよねー。ハナさんはきっと、『娘ラブ指数』なんて考えながら、空になったお皿をうず高く積み上げていたことでしょう。毎回軽く10枚は行ったはず。家でも頭にお皿を乗せながら歌って踊って落っことして割って……なんてアホな親の想像をしているバカな作者でございました。ちなみに作者がサラと名づけたのは、人物紹介ページにも書きましたが、SALAというシャンプーのCMを見て、さらさら黒髪少女にしようと思ったからです。はい、単純バカです。
 次回こそエピローグ2に行きたいのですが、筆が……とか言ってないで頑張ります。番外編という名のお茶は甘いのです。

※アルファポリス・恋愛小説大賞に参戦中の『春夏秋冬』、短期連載・2月中に完結予定でほぼ日更新中。まだ序盤ですが、予定より長くなりそうな予感……じれじれしてます。http://ncode.syosetu.com/n6395j/

※『ジョルダン』さんに投稿中の掌編『七両目のリンゴ』、携帯サイトにて決勝戦がスタートしました。またまた応援よろしくです! (3月上旬まで。パソコンからは見られません)http://mb.jorudan.co.jp/cmn/bk/booth/

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全176部)
  • 67 user
  • 最終掲載日:2017/08/20 00:00
猫かぶり姫と天上の音楽

断るのが面倒で受けたお見合い相手に迫られ、バルコニーから転落した音大生の花(ハナ)。それを拾ったのが、自称「神様」。で、拾得物は交番に・・・なはずが、違う世界へ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全151部)
  • 73 user
  • 最終掲載日:2017/05/27 00:00
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部)
  • 72 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
薬屋のひとりごと

薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。 花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全174部)
  • 81 user
  • 最終掲載日:2017/08/20 00:20
魔導師は平凡を望む

ある日、唐突に異世界トリップを体験した香坂御月。彼女はオタク故に順応も早かった。仕方が無いので魔導師として生活中。 本来の世界の知識と言語の自動翻訳という恩恵を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全330部)
  • 95 user
  • 最終掲載日:2017/08/16 07:00
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部)
  • 66 user
  • 最終掲載日:2017/08/11 22:19
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部)
  • 65 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
盟約の花嫁

お前たちが望む間だけ、お前たちを導くとしよう。その代償として、お前たちは私に人族の花嫁を与えよ。お前達が約束を違えぬ限り、盟約が破られることはない。・・・・・か//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全65部)
  • 72 user
  • 最終掲載日:2015/07/08 20:59
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全243部)
  • 93 user
  • 最終掲載日:2017/08/20 21:29
ちょっとした手違いで

目が覚めれば病院のベッドの上で、生死の境を彷徨っていたことと前世の記憶があることに気付いた相良瑞姫。そして、自分を取り巻く環境がかつて手に入れたものの仕方なしに//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全173部)
  • 67 user
  • 最終掲載日:2017/05/06 01:00
目指す地位は縁の下。

異世界に飛ばされた女子高生、相馬沙羅は、彼女そっくりな貴族の令嬢の身代わりとして後宮入りする事に。 彼女の目下の悩み事は、後宮から逃げる事でも、後宮の一番になる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全119部)
  • 86 user
  • 最終掲載日:2016/03/22 00:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全292部)
  • 111 user
  • 最終掲載日:2017/06/19 10:00
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部)
  • 69 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
箱庭の薬術師

交換条件は、神様の玩具になること。 妹を助けてもらった条件として、楠木ひなみは異世界へ渡った。その世界で「ポイント」を集めて、神様の役に立つことがひなみに与え//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全175部)
  • 68 user
  • 最終掲載日:2017/08/08 13:38
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部)
  • 93 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
リアデイルの大地にて

事故で半身不随となった“各務桂菜”は、ある日停電により死んでしまい、直前まで遊んでいたオンラインゲームの世界へ。 目覚めてみればゲームをしていた時代より更に20//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全75部)
  • 93 user
  • 最終掲載日:2017/03/26 21:20
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部)
  • 73 user
  • 最終掲載日:2016/11/20 13:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全216部)
  • 72 user
  • 最終掲載日:2017/08/11 00:00
張り合わずにおとなしく人形を作ることにしました。

 女性向けレーベル、アリアンローズ様より書籍版発売中です。ぜひにお買い上げくださいませ!  どうやらここは前世でプレイしていたファンタジーな乙女ゲームの世界ら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全69部)
  • 65 user
  • 最終掲載日:2016/12/14 13:50
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全108部)
  • 83 user
  • 最終掲載日:2017/08/14 00:00
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全91部)
  • 91 user
  • 最終掲載日:2017/08/18 00:00
義妹が勇者になりました。

 ある日突然、あたしは義理の妹に巻き込まれて異世界へ召喚された。第一声に「勇者さまは?」と訊かれ、即座に厄介事だと判断して迷いなく義妹を指さす。「このひとです」//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全116部)
  • 79 user
  • 最終掲載日:2017/07/23 14:00
蒼黒の竜騎士

転生したら、人と竜が共存するファンタジーな異世界でした。 目指せ!前世では出来なかったおしとやかで可愛い乙女ライフ!……って、何か全然違う方向に向かってない? //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全52部)
  • 81 user
  • 最終掲載日:2016/04/08 00:00
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部)
  • 70 user
  • 最終掲載日:2017/08/18 12:00
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全40部)
  • 67 user
  • 最終掲載日:2016/05/27 08:04
四竜帝の大陸

不本意ながら異世界トリップしちゃった鳥居りこ。イケメンな王子様と会ったけれど、彼女が恋したのは白いおちび竜。 可愛い見た目を裏切る性格難有りの『ハクちゃん』の<//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全200部)
  • 79 user
  • 最終掲載日:2017/08/09 12:44
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部)
  • 75 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

**コミカライズ、スタートしました** 生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全65部)
  • 66 user
  • 最終掲載日:2017/08/02 21:00
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全91部)
  • 69 user
  • 最終掲載日:2017/08/17 21:28
リビティウム皇国のブタクサ姫

リビティウム皇国のオーランシュ辺境伯にはシルティアーナ姫という、それはそれは……醜く性格の悪いお姫様がいました。『リビティウム皇国のブタクサ姫』と嘲笑される彼女//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全213部)
  • 69 user
  • 最終掲載日:2017/08/14 19:06
転生したので次こそは幸せな人生を掴んでみせましょう

車に轢かれるという残念な結末を迎えたと思ったら、気付いたら赤ん坊に。しかもファンタジーな世界の住人になっていました。マジですか。  というかよくよく考えれば、//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全184部)
  • 70 user
  • 最終掲載日:2017/05/19 21:15
↑ページトップへ