挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
砂漠に降る花 作者:AQ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

193/198

第五章 エピローグ ~三角の頂点(3)~

「ねぇ、ジュート。なんだかすごく暑いの……このワンピ、脱いでいい?」
「……氷水でも飲んで我慢しろ」
「じゃあ、下着だけでも脱いでいいよね?」

 ベッドの上に寝転んだまま、サラはもぞもぞとワンピースの裾をたくし上げる。
 その下に穿いているのは、必殺下着人シリーズでも一番キレの良い、パープルのアイツだ。
 なんら躊躇せず、サイドの紐を引こうとしたサラの手が、力強い手でガシッと掴まれる。
 触れられた手のくすぐったさに、サラは思いっきりそれを振り払って笑い転げる。
 ワンピースからにょきっと飛び出る、均整のとれた細く白い足から目を逸らし、ジュートは呟いた。

「サラ……もう一回風呂入って、その香油落として来い」
「えー、またお風呂なんてメンドクサイよー」

 サラは、ベッドの上からむくっと起きて、ジュートの膝の上に移動。
 硬く引き締まった太ももの上にぽよんとお尻を乗っけて、ジュートの首に腕を回す。

「そうだ、いいこと考えたっ。ジュートも一緒にお風呂入ろ? 自分じゃ背中流せないもん」
「……勘弁してくれ」
「うふふっ。あなたのことも、ちゃんと洗ってあ・げ・る」

 首に回した手を外し、ジュートの頬から首へ、そして胸へと滑らせるサラ。
 上気した身体から否応なく香油の成分が飛び散り、それを吸い込んだジュートの胸を高鳴らせる。

「ねぇ、最初に洗って欲しい場所……どこ?」
「――くそっ!」

 思い切って抱き寄せれば、くすぐったいと大爆笑。
 冷たく突き放せば、こうしてねちっこく追いかけてくる。
 どうやら向こうから触るのはOKで、こっちに触られるのはNG。
 中途半端に触れて、誘惑して、生殺し状態をキープし続ける今のサラは……恐ろしい魔女だった。
 とりあえずサラを退かせるために、ジュートはその頬をむにっと摘む。

「ふひゃっ!」

 そのワンタッチだけで、サラは飛び退いてしまう。
 その立ち位置が寝室のドア方面に行ったことで、ジュートは一つのプランを思いついた。
 重い腰を上げると、ようやく笑いが収まりかけたサラの肩をつつく。

「うにゃっ!」

 またもや飛び退って、サラのポジションは寝室を飛び出し机の脇へ。
 そのままツンツンとつつき続けて……笑い転げ過ぎてぐったりしたサラを、服を着たまま女子風呂の湯船に放り込んだジュートは、風の魔術で“おばちゃん”を呼んだ。

  * * *

 全身に妙なけだるさを感じながら、サラはジュートの部屋でぼんやりと座りこんでいた。
 息が苦しく、酸素が足りない気がする。
 口でスーハーと呼吸しながら、サラはジュートに問いかけた。

「ねぇ、ジュート……なんで私、鼻栓なんて」
「気にするな。ついでに俺に近寄るな」

 容赦なく冷たい台詞に、サラは涙目でジュートを睨みつける。
 夢心地だったサラは、おばちゃんに身体を洗い直されている途中で目が覚めた。
 一度しっかりお風呂に入って、その後ジュートの部屋に行ったはずなのに……と考える端から記憶が零れ落ちて、あやふやになっていく。
 そして最も不可解なのが、お風呂あがりにおばちゃんが無理矢理詰め込んだ、この鼻栓。

「ねー、息が苦しいよ。なんでこんなことしなきゃいけないの? 私、鼻血なんて出てないよ?」

 おばちゃんは「頭領様の命令だから、取るんじゃないよっ」と言ったけれど、ジュートからその理由は一切説明してもらえない。
 文句を垂れるサラは、自分の皮膚にしみついたほのかな香りに気付かない。

「こんなの付けて恋人と二人きりなんて、しかも手も繋いじゃダメなんて、ヒドイよぉー」
「ヒドイのはお前だ……ったく、今夜はそれで我慢しろ。何か聞きたいことがあるなら聞け。無いなら出て行け」
「むうっ、その言い方ロマンチックじゃないー」
「文句言うなら今日はお開き。疲れたから俺はもう寝る」
「寝るって、一緒に……?」

 軽い天然ボケだったはずが、親の仇を見るような目つきで睨みつけられ、サラはうっと押し黙る。
 自分の記憶がおぼろげな間に、何かやらかしたのには違いない。
 けれど、そんな風に憎々しげに見られるほどの粗相はしてないはず!

「分かった、もう鼻栓のまんまでいいよっ。その代わり、今夜は朝まで生質問大会ね!」
「頼むから、手短にしてくれ……」
「なによ、私と一緒に居るのがそんなにイヤなのっ?」
「そういう問題じゃねーって……」

 こめかみを指で押さえ、くたびれきった老人のようなしゃがれ声を漏らすジュート。
 サラは不満を膨らませつつも、なぜかちょっとだけ自分が悪いような気になってきた。
 とりあえず、聞きたいことを頭の中で整理しようと試みる。
 しかし、ジュートへの疑問はたくさんあり過ぎて、溢れかえったハナの部屋の洋服ダンスのようだ。
 こういうときは何も考えず、片っ端からとっかかるに限る。

「じゃあ、今日のことから聞くね。さっき、地下の湖にサンちゃん達が集まってたのって、どうして?」
「それ言おうとすると、けっこう長くなるんだけどな……一言でいうと『魔女が封じられたから』だな」
「……なんだか、風が吹けば桶屋が儲かる話みたい。もうちょっと分かりやすくっ」

 サラから距離を取るため、ドアをまたいでデスクの椅子に座ったジュートは、長い足を組みかえながら淡々と答える。

「元々この岩山は“聖なる山”と呼ばれる場所だったんだよ。ここの地下と神殿の地下は直結している。水脈が“流れてきている”んじゃなくて、同じものなんだ。ようやく魔女が封じられて水の穢れが払われた。あいつらは魔物とはいえ大地の浄化を担うし、水を砂漠に持ち込むって仕事をする。だから一時的に結界を解いて呼び寄せた。以上」

 そこまでの情報だけでも、サラの頭の中はいっぱいいっぱい。
 与えられた情報が、丸めた毛糸のようにぐっちゃりとこんがらがる。
 サラはそれを解きほぐすべく、またもや端から質問を重ねた。

「えっと、聖なる山ってこの何も無い岩山が? しかも、ココと神殿って相当距離あるのに、繋がってるってどういうこと?」
「昔はもっと木も草も生えてたんだよ。女神が眠ってるうちに封印が解けて、いつの間にかサンドワームに乗っ取られてたんだ。聖域が魔物に穢されるのはマズイから、俺が来ざるをえなかった。あと繋がってるのは、ここが“頂点”だから」

 サラの頭には、見事に絡まった毛糸玉が出来上がった。

  * * *

「ねー、聞けば聞くほど分かんなくなってくんだけど……」

 ベッドに転がったサラは、ジュートの身代わりに愛用枕を抱きしめる。
 せめてジュートの匂いを感じたいと思っても、鼻栓がガッツリ邪魔をする。
 苛立って文句を言ってみたところで、ガンコジジイなジュートは鼻栓の解放許可を出してくれない。
 サラは唇をタコのように尖らせながら、聞いたばかりの話を噛み砕こうと試みた。

「つまり、大昔はキレイな山だったのが、女神が留守のうちに魔物であるサンちゃんに乗っ取られて……ん?」

 脳裏に蘇るのは、強固な岩盤を叩き飛ばして穴を開けた、サンちゃんの意外なパワー。
 ああやって、道を掘りながら進めるということは……。

「ねぇ……まさか、この砦の中の部屋とか通路って、全部サンちゃんたちの……?」
「まあ、当然だな」

 サラをからかうように、軽い口調であっさり言い放つジュート。
 リアルな想像をしかけたサラの背中に、ゾクッと悪寒が走る。
 この部屋はもちろん、うねうねと開いた穴という穴が……全て、サンちゃんたちの仕業だったとは!

「うえー、気持ち悪っ……てっきり鉱山の跡地だとばっかり思ってたのにー」
「鉱山がこんな非効率的な掘り方するワケねーだろ」
「確かに、なんだかアリの巣みたいな作りだなーとは思ってたけど、まさか本当にそうだとは思わなかったよ」

 悪寒を和らげるために、サラはサンちゃんを可愛いアニメキャラにデフォルメしてみた。
 聖なる山の封印が解けて、わーいわーいと喜んで引っ越してきたサンちゃん。
 せっせと穴を掘って部屋をたくさんつくり、仲間との愛を育てて子どもを増やして、これだけ立派なマイホームを築き上げた。
 しかし、そんなサンちゃんたちを追い出した、悪徳土地転がしがここに……。

 涙ながらにとぼとぼと砂漠へ出戻るサンちゃん一家。
 その後も、水不足の被害者になったり、闇の魔術で狂わされたりと、踏んだり蹴ったり。
 すっかりサンちゃん派になったサラは、サンちゃんに同情的な気分で、涼やかな目をしたジュートを睨み上げる。

「ジュートが、いたいけなサンちゃんたちからこの山を乗っ取ったのね。それっていつ頃?」
「いつだったかな。百年は経ってねえな」
「古っ! てゆーか……ジュートって何歳?」
「さあ、忘れた」

 ロリコンライン……いや、その話はひとまず置いておこう。
 本題は、そんなところじゃないし。
 サラが本当に聞きたかったのは……。

「だったら元カ……ううん、なんでもない」

 サラは、わざとらしくゴホンと大きな咳をした。
 心の奥から投げかけられる「それだけ長生きしてて、彼女の一人や二人居ないなんて、逆にキモイよねー」という、意地悪な乙女の声をかき消すべく。
↓次号予告&作者の言い訳(痛いかも?)です。読みたくない方は、素早くスクロールを。











 媚薬……はい、ゴメンナサイ。ずるずる引っ張ってしまいました。普段色気無いサラちゃんが、可愛く迫るシーンをねちねちと描きたかったのです。しかしヒドイ薬だぜ……ジュート君、生殺しにしちゃってごめんよっ。アホな微エロの後はガッツリ鼻栓で真面目なお話を。さて、このエピローグではでジュート君の謎をある程度暴露しようと思ってるのですが、なかなか進まねーです。最初のこんがらがった毛糸説明でピンと来る方は、天才だと思います。今回は、うねうね岩山の謎まで。サンちゃんたちは、だんだん愛らしいキャラになってきた……よね? あとは、ジュート君の私生活に関する憶測も多少。まあ、こういう輪廻転生していくキャラって、年齢聞くの愚問だよね? と、設定考えるのメンドクセー病をゴマカシつつ。ちなみにジュート君の元カノ=前の女神サマ、つまりサラちゃん自身です。己の敵は己ということで。
 次回は、ジュート君の過去話をガッツリと。サラちゃんの媚薬な煩悩もまだまだくすぶりまくり……。エピローグ、ラスト2です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ