挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
砂漠に降る花 作者:AQ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

15/198

第一章(13)頭領の魔術

頭領の部屋の中は、砦の頂上に近い位置にあるというのに、予想に反して窓がなく、薄暗かった。
目隠しを外されてから、しばらく明るい廊下にいて光に慣れていた目は、一気に暗闇に塞がれた。
目を凝らしても、薄くグレーの膜がかかったようにしかみえない。
おかげで、蝋燭の灯りの先に居る男の顔は、よくわからない。

向こうからこちらの2人は、良く見えているはずだ。
サラは、リコの華奢な手を握りしめながら、暗がりに目が慣れるのを待った。

  *  *  *

部屋の中は、8畳ほどの広さだ。
座り心地の良さそうな木製で布張りのイスに、男が腰かけている。
その手前には、大きなテーブルと、積み上げられた書類の山。
こんなロウソクの灯りだけで、書類を読むなんて、目を悪くするんじゃないだろうか。

それとも……
精霊の加護で、灯りは関係ないとか?

大地を見守る、緑の森の精霊王。
森は、人間が足を踏み入れると気が狂ってしまうという、精霊たちだけの楽園。
そんな緑の森に住むはずの男が、なぜこんな緑のない岩山で、盗賊の頭領なんかをしているんだろう。

男が立ち上がった気配がして、サラはその疑問を頭からおいやった。

「ようこそ、我が砦へ」

低く甘い声が、闇を震わせて響き渡る。
男はテーブルを横切り、2人の方へ近づいてくる。
さすだに盗賊だけあって、足音はいっさい聞こえない。
黒い服を着ているのか、黒い影が近づいてくるようにも見える。

「少し暗いな」

その言葉と同時に、室内に光の粒が舞い込んできて、白く輝く灯りを放った。

「嘘……光の、魔術……」

リコは、サラに黙っていろと言われたことも忘れて、呟いていた。

光の魔術は、光の精霊の加護を受けなければ使えない。
光の精霊は、精霊のなかでも一番位が高く、そう簡単には召喚に応じてくれないから、普通の魔術師は、炎の魔術で灯りを調節するのだ。

それを、ほんのひとことで操ってしまう。
光の精霊たちが、男の命令に喜んで飛び回っているのがわかる。
リコは、ありえない光景を見せ付けられたことで、盗賊というより魔術師として、目の前の男に強い畏怖を覚えた。

怖い。怖い。怖い。
あまりの恐ろしさに、顔が上げられない。
もし男の姿を直視したら、自分の心はいったいどうなってしまうのだろう。
リコの体は、カタカタと震えだした。

「ふーん、そっちの女は、魔術師か。こいつらが見えるってことはそこそこの力はあるみたいだな」

男は、ほんの少し興味を引かれたように、リコに近づいた。

  *  *  *

サラは、不思議な魔術に心を奪われつつも、冷静に頭領と呼ばれる男を観察した。
白い光に溢れた部屋の中で、目の前の男の顔はくっきり見える。

(くそー……めちゃめちゃカッコイイ!)

想像していたとおり、いや想像以上に整った顔立ちの男だ。
軽くウェーブがかかった、深い緑の髪、同じ色の瞳。
ややつりあがった、切れ長の目。
すっと通った高い鼻と、薄い唇。
優しいというよりは、冷酷な印象を受けるくらいの、少し日本的な顔立ち。

盗賊稼業の親玉と言っても、ひげもじゃのような筋肉隆々の男くさい体格ではなく、背が高いけれどどちらかというと痩せている。
しかし、薄い布地の服の下から、胸筋がほどよく盛り上がっているのが分かる。
服で隠れていない二の腕も、硬く引き締まっている。

(いや、一般に受けるというより、単に私の好みってこと?)

誰にも言ったことは無いが、サラの好みは馬場先生の顔だった。
常々、馬場先生がもう少し背が高くてマッチョだったら、すごくステキなのになと思っていた。

(あー、頭領にメガネかけさせたら、絶対似合うかも……)

  *  *  *

サラがそんな不埒なことを考えている間に、力のある魔術師のリコに興味をしめした頭領は、リコに近づいていく。
うつむいてぎゅっと目を閉じ、細かく震えているリコは、サラがいたわるように手を握り返しても表情を変えない。
横顔は、青ざめきっていて、今にも倒れそうだ。

その様子から、いつものリコではないと、サラは感じる。
魔術師同士で、何か共鳴しているものがあるのだろうか。

頭領が、リコのあごに手をかけて、無理矢理上を向かせたとき、リコの緊張はピークに達した。
そのまま意識を失って、崩れ落ちる。
おっと、と呟いて、頭領は片手で軽くリコを支え、そっと床に降ろした。

リコ!と叫びたかったサラは、ぐっとこらえて、リコの脇にしゃがみこみ、額に手をあてる。
特に熱くも冷たくもない。
熱があるとか、そういうたぐいのものではないのかもしれない。

魔術は、精霊の力を借りて行うものと聞いた。
その精霊たちの頂点に君臨するのが、この男なのだ。
繊細なリコは、この男の底知れない力を察したのではないかと、サラは結論付けた。

私の我がままで、こんなとこに連れてきて、本当にゴメン。
後でちゃんと、暖かいベッドに寝かせてあげるからね。

リコを楽な体勢に寝かせなおしてから、サラはすっと立ち上がり、気合いを入れて頭領をにらみつけた。
リコを守るためには、私が戦わなきゃならない。

サラは、頭領の言葉を待った。
↓次号予告&作者の言い訳(痛いかも?)です。読みたくない方は、素早くスクロールを。










長かったけど、頭領こと精霊王出せました。サラちゃん見た目だけですでに落ちてます。あまー・・・おえっぷ、となる前に、リコちゃん寝てもらおうという展開になりました。
次号からあまあまです。恥ずかしさに叫んでもOKな個室へどうぞ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ