挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
砂漠に降る花 作者:AQ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

149/198

第五章(7)月巫女の逆襲

「サラ姫様、その行為には何の意味が?」

 国王の寝室に敷かれた、毛足が長くモコモコのカーペット。
 そこに額をこすりつける土下座スタイルのサラを見下ろしながら、直立不動の月巫女は冷たすぎる声を降らせた。
 ベッドの上から隣室へと移動した国王は、サラのために温かいお茶を淹れ直しつつも、開かれた寝室の中をのぞき込むと、呆れたような口調で言った。

「サラ姫。本当にもういいから、勘弁してくれ」

 肺の空気を全て押し出すような、恐ろしく長いため息を耳にして、サラはそろりと顔を上げた。
 月巫女に殴られた頬の痛みは、サラがとっさに手のひらを当てると、きれいさっぱり消えてしまった。
 もっと痛いままにしておけば良かったと、サラは思う。
 自我を失った自分は、こともあろうか国王様に危害を加えようとしたのだから……猛省必須。

「しかしお前はまた、牢を勝手に出て……これでは幽閉の意味が無いな」
「申し訳ありません」

 しゃあしゃあと言ってのける月巫女に、悪びれた様子は一切無い。
 顔を上げ立ち上がったサラは、自分のすぐ脇に立つ月巫女の細い足首と、細身の白いワンピース、そしておかっぱの髪、感情の無い表情と、順繰りに見つめた。
 この人にも、礼を言わねばなるまい。

「あのっ、月巫女……さん、私……」
「次は、殺します」

 月巫女は、嘘をつかない。
 その声はサラが今まで耳にした何よりも恐ろしく……サラは「キャン!」と鳴いて尻尾を丸めた。
 ちょうど国王が「さあ二人とも、お茶にしよう」と声をかけてくれたので、これ幸いとばかりにサラはその場からトンズラした。

  * * *

 国王、月巫女と、一つのテーブルにつきお茶を飲む。
 考えてみればとんでもないシチュエーションなのだが、今のサラにそれを気にする余裕などなかった。

「止めてもらって、助かりました。私本当にどうしてあんなこと……」

 サラは、あらためて二人に頭を下げた。
 国王が苦笑しつつ「もういいから」と言ってくれたけれど、サラはまだショックが覚めやらない。
 立ち上る熱い湯気の中に顔を埋めながら、鼻をスンスンとすすった。
 心が闇に支配される……その恐怖を思い出し、一瞬身震いする。

「あなたの感情は、視えないけれど読みやすい。利用することは容易いのです」

 冷たすぎる口調は、ドライアイスから立ち上る煙のようにサラを包む。
 月巫女の悪行をすっかり失念し、ひたすら恐縮するサラに、国王が声をかけた。

「俺があんな話をしたからいけなかったんだな。すまなかった。誰にも言うべきではないと思っていたのだが……」
「いいえ、それはっ。砂漠に居る“魔女”が、本当に国王様の探している人物なら、そのことは知っておかなければならないので」

 舌が火傷するのも構わず、サラはぐびっとお茶を飲んだ。
 お茶を飲んでお茶を濁す……そんな言葉が思い浮かび、ようやく『元の自分に戻った』感覚になる。
 隣にいる月巫女の視線は冷たいが、それもいつもどおりだ。

「とにかく、これから私はネルギへ戻ります。ネルギ軍の支援やリコのためもありますが、魔女のことも……全ての鍵があの国にあると思うので」

 今頃カリムたちも、ネルギへ向かって出発したはず。
 サラにとって『赤い瞳』という言葉しかヒントが無かった魔女の姿が、より鮮明にイメージできていた。
 魔女は、感情によって瞳の色を変えるのだ。
 月巫女の姉ならば、ビジュアル的にもそれなりに若く美しい女性だろうけれど……。

『あなたの、想像される通りではないかしら』

 サラは、口に含んだお茶をスプラッシュ寸前で飲み込んだ。
 咳き込む背中をさりげなくさすりながら、月巫女に瞳を細めながら微笑む。

「サラ姫様、大丈夫ですか?」
「大丈夫……ですわよっ」

 月巫女の視線は、まさに怜悧な刃物のようだ。
 サラが油断すれば、斬り付けて来る。
 または、こうしてからかってくるのだ。

『なぜ突然っ!』
『読めてしまうのですから、仕方ありません』
『普通に口で言ってくれたら!』
『傷ついていらっしゃる国王様の前で、その話はできません』

 視線で会話する二人に気付かず、国王は珍しいものを見るように、サラにじゃれつく月巫女を見つめた。

  * * *

 ショートボブになった月巫女と、超ロングになったサラは、髪の長さだけではなく立場も逆転してしまったようだ。
 国王にとって都合の悪い台詞だけ、心話で語りかけてくる月巫女に、サラは何度もお茶を吹かされそうになった。

「最初は俺も、太陽の巫女は大陸へ逃げたと思っていた。先日の武道大会の後、ファースから報告を受けるまでは」
「それは、どんな内容だったんですか?」
「大陸には、巫女たちの母親が居るんだ。その母親が居る国はどうやら奇妙な……まあ、話が長くなるからそれは置いておこう」

 苦笑する国王に、サラはなんとなく相槌を打った。
 今は聞かない方が良い……聞いたらさらに話がややこしくなる、そんな予感がした。
 自分の母親の話題だというのに、月巫女はノーリアクションでお茶を口にする。
 自分の心はバレバレなのに、サラに月巫女の心を読むことはできなかった。

「魔女が大陸に居ないとすれば、この半島のどこかに居ることになる。ちょうどあの頃から精霊の森の増殖が始まって、単に逃げる機会を逸したのかもしれないが」

 一度森に受け入れられ、自らそこを旅立った者は、やはり二度と入れないのだ。
 太陽の巫女も、月巫女も……。

『精霊王も、ですね』
『読まないでくださいっ』
『あと、私は別に戻りたいなどとは一切考えておりません』
『だから、読まないでってば!』

 サラは、ツンとすました月巫女の涼しげな顔を一べつすると、国王に向き合った。

「魔女が、まだこの国に居るという可能性は無いんですか?」
「それは……分からない」
『そんなことが分かっていたら、国王様の手腕があればとっくに見つけております』

「もー、うるさいなっ!」

 突然かんしゃくを起こしたサラに、とりあえず「すまん」と謝る国王。
 サラは「いえっ、国王じゃなく私の耳元にハエが……オホホ」と笑ってごまかした。

『この銀バエっ! もう私に話かけないで!』
『分かりました。せっかく“姉の話”を詳しくお伝えしようと思ったのですが……残念です。もうサラ姫様には話しかけません』

「えっ……?」

 その後、サラがいくら心で話しかけても、月巫女は全て無視した。
 最初は「ねーねー」と甘えておねだりし、「もうイイッ!」と逆切れし、最後は「ごめんなさい」と真摯に謝ってみた。
 結果、月巫女はどんなときも嘘をつかないキャラなのだと知った。

「うーっ、イライラするっ!」
「おい、サラ姫? どうしたんだ」

 国王が、サラの七変化に戸惑いの表情を浮かべるものの、サラの頭は月巫女攻略でいっぱいだった。
 正攻法でお願いしてダメなら、からめ手で攻めるしかない。
 嘘をつかないということは……。

「――そっか! 国王様、ちょっとこの人借りますねっ!」

 サラは、月巫女のワンピースの袖を掴むと、強引に立ち上がらせる。
 それでも口を開かない月巫女を、部屋から引っ張り出した。
 後ろ手にドアを閉めると、サラは月巫女に最高級の笑顔を向けた。

「あなたが私に話しかけないなら、私から話しかけて、あなたは“答える”だけってのはどう? それならいいでしょ?」

 サラのひねり出した『このはし渡るべからず』のトンチ的発想に、月巫女は少し眉根を寄せて「仕方ありませんね」と呟いた。
 よりくだらない二の矢三の矢を考えていたサラは、ほっと胸をなでおろす。
 月巫女は「これ以上くだらない問答に付き合わされたくありませんので」と、冷たく言った。
↓次号予告&作者の言い訳(痛いかも?)です。読みたくない方は、素早くスクロールを。










 どうでしょう、こんな月巫女さま。完全にキャラがおかしくなってきました。無口でクールで利己的な美女……利己的なのは一緒なのですが、クールに「殺す」と言われるとギャグになるのですね。サラちゃんと案外(漫才の)相性良いです。しかし、まさか月巫女さまを『銀バエ』扱いするとは、このサラちゃんの口の悪さはいったいどこから……馬場先生か。月巫女さんが活躍したせいで、国王様の影が薄くなってもーた。サラちゃんはまた土下座だし、シリアスな雰囲気もどこへやら。しかしこういう展開が一番好きなのです。残念なのは、やはり話が進まなくなるということ……だ、大丈夫さっ。目指せ八月中完結! ちなみに大陸の向こうの話は、すべて聞かなかったことにしてくださいませ。続編は未定中の未定であります。
 次回は、月巫女さまとツーショットで、神殿の巫女さまのお仕事について少し。その後リコのお見舞いへゴー。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ