挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
砂漠に降る花 作者:AQ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

140/198

第四章 エピローグ 〜砂漠への帰還(1)〜

 トリウム王城へ向かって飛び去ったサラ。
 その姿が遠く霞み、最後は小さな点となって消えるまで見守ったカリムは、シシト将軍やグリードら交流を深めたトリウムの騎士たちと握手を交わして別れ、一人正反対の方向へ歩み始めた。

  * * *

 荒野に吹く風は昨日より弱まり、傾いてきた太陽の放つ熱も弱まっている。
 新陳代謝の良いカリムは、それでもすぐ汗をかいてしまう。
 伸ばしかけの前髪を指でかきあげ、後方へ撫でつけながら、カリムは一人呟いた。

「ネルギ軍、か……」

 昨夜、星降る荒野を進んだときとは違う感情が、カリムの心を占めていた。
 サラを奪った者を憎むべき敵と信じ、がむしゃらに走った。
 その結果、サラ自身に『足手まとい』の烙印を押され……帰り道に月を見上げながら誓ったのだ。
 これからは、自分の甘さを全て捨てると。
 そうでなければ、サラに……。

「言えるわけ、ねーな……」

 初めて会ったときは、大事な姫君の身代わり。
 砂漠の旅では、女のくせに可愛げもなく、挙動不審な行動を取るかなりのヘンタイ。
 ただ、過酷な旅の中でも弱音を吐かず、貪欲に強を求めて食らいついてくる根性は認めていた。
 普通の女なら悲鳴を上げる怪物との邂逅後、アイツはこの聖剣だけを見ていた。

 カリムは、腰に差した大ぶりな剣を見ながら自嘲した。
 剣の腕には自信があった。
 しかし、実戦ではほとんど使い物にならないことを学んだ。
 盗賊に襲われたときも、道場でアレクにやられたときも、大会予選であの姫を助けたときも。

 サラや、アレクや、あの魔術師なら、軽く切り抜けられただろう。
 自分は甘い。
 何かを守るためには、何かを切り捨てなければならない。
 その姿勢は、あの勇猛なシシト将軍ですら貫いていたのに、全てを守りたいと思ってしまった。
 そんな力は無いのに。

「気付くのが、遅かったんだな」

 呟きは風に流れ、誰にも届くことなくかき消された。
 いつもいつも、タイミングを逸してしまう。
 やっと、サラだけを守りたいと、自国の民を敵に回してもいいと、そう決めたのに……。

 カリムは、歩みを止めて振りかえる。
 空に昇った太陽は、先ほどより少しだけ西へと位置を変え、その先遠くに緑のオアシスが見える。
 サラはもう、王城に着いているだろうか。
 手の届かない場所へと飛び去った、女神。

『ありがとう、カリム』

 女神の発した声が、カリムの胸にリフレインする。
 特別な愛が、欲しかったわけじゃない。
 自分は、必要とされたかった。
 傷つきながらも、戦いに首を突っ込んでしまう不器用なアイツを、守れる力が欲しかった。

「今度は、お前の守りたいものを、守ってやるよ」

 サラが守った命を、赤い瞳の魔女が奪おうとするなら……俺は許さない。
 今度こそ自分の腕で、倒してみせる。

 カリムは、再び東を向いた。
 地平線の向こう、はるかな砂漠を見据えて、かさついた大地を蹴り走り出した。

  * * *

 昨夜訪れた廃墟の入り口に到着したカリムを、一人の男が出迎えた。
 初めて見る『ネルギ軍総大将』は、ぱっと見やや陰気でひょろ長い魔術師だった。
 すでにサラから伝言を受けていたらしく、駆け寄ってきたカリムに対して、礼儀正しく頭を下げた。
 その黒い瞳に映る静かな炎を見て、カリムは印象を改める。

「私が、キールです。サラ姫からお話は伺っております」
「カリムだ。カナタ王子の側近をしていた。顔を合わせるのは初めてだな?」
「ええ、私は十五年この地におりましたゆえ」

 年齢で言えば、キースと同い年のカリムにとって、キールはかなり年上になる。
 しかし、立場でいえばカリムの方が上だった。
 おかしな話だが、キール将軍のような第一線へ送られる人間は、決して評価されることはない。
 中央の人間にとって、彼らは最初から『使い捨て』だから……非常に傲慢な考え方だ。
 全てを変えてみせると、カリムは決意を新たにした。

「今から、倒すべき敵については、互いの意見が一致しているか……確認を取りたい」

 カリムとキール将軍の身長はほとんど同じだが、体の線の細さがまるっきり違う。
 まるで自分たちはトリウムのエール王子とリグル王子のようだと、カリムは思った。
 だぶついたローブで体の線を隠すのは、どこの国の魔術師も同じだ。
 そして、長年闇の魔術に支配されてきたというキール将軍は、今まで見たどんな魔術師よりも、痩せていた。

「私の敵は、私を狂わせた者……その者は、ネルギ王宮におります」

 猫の目のような、少し吊り上がった二重の黒い瞳が、西日を避けるように伏せられた。
 昨夜少しだけ聞かされた『本当は優しい人なんです』という、彼の義妹の言葉がなんとなく理解できる。
 今は痩せぎすだが、もう少し肉がつけばそれなりに見られる容姿になるだろう。
 隈ができ落ち窪んだ目も、彼女を見ればきっと愛情に溢れるに違いない。

 カリムは、砦に一人残してきたキースが、涙を堪えながら告げた言葉を思い出した。
 華奢な彼女には「行かないで、一人にしないで」という台詞と涙が似合いそうなのに、言われたのは正反対のことだった。
『私は一人で大丈夫です。どうか兄を……ネルギの皆を、助けてください』
 強いな、と思わず呟いたカリムに、キースは「兄譲りですから」と笑った。

「キール将軍は、強いな……キースが言った通りだ」
「カリム殿……」

 十五年も自分を縛りつけ、義妹を贄として送りつけてきた相手に対しても、冷静でいられる強さ。
 激しく罵って怒りをぶつけては、再び闇に捕らえられると分かってのことだろう。
 カリムはキール将軍と視線を絡ませると、力強くうなずいた。

「俺の敵は、女神にとっての敵。相手はどうやら重なりそうだな」

 差し出した右手にキール将軍の右手が重ねられ、固く握られた。
 カリムは、握った手のなよやかさに、キール将軍はごわつく皮膚に驚き……互いに苦笑した。
↓次号予告&作者の言い訳(痛いかも?)です。読みたくない方は、素早くスクロールを。










 すみません。ちょいちょい手直ししてたら長くなったので、二つに分けました。中途半端なとこで切れてもーた。しかも全体的に地味……なんとなく黄土色って感じです。カリム君のサラちゃんへの地味ラブ、奥ゆかしい日本男児風に語らせてみました。しかし回想させたら、第一章で壊れかけのサラちゃん……相当なヘンタイっぷりでしたね。サンドワームと、お○っこ……いいんです。今は女神様なのですから。カリム君は大人しいキール将軍とも話が合うようです。お互い地味&女子に頭が上がらない系。ただし、興味無い女子にはとことんクール。キール将軍は十五年操り人形だったので、若干精神年齢が幼い感じです。逆にカリム君は精神年齢高め。
 次回は後半戦。旅の出発にあたって……いろんな問題を解決せなあきまへん。前回予告のキャラも今度こそ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ