挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
砂漠に降る花 作者:AQ
130/198

第四章(15)キール将軍との対話

 五人の魔術師を即座にひざまずかせた男は、明らかに別格と分かるほどの異彩を放っていた。
 細められた目は若干つりあがり、瞳の色は黒い。
 暗幕を下ろしたように、長い前髪で顔の左半分が隠されており、後ろ髪は束ねられフードの中へ。
 その髪の色はやはり漆黒だ。

「私が、キールです。どうぞお見知りおきを」

 蝋のような青白い肌をしたその男は、カナタ王子に良く似たしぐさで一礼すると、地を這うような低い声で語りかけてきた。

「そうですか……あなたがここへ現れたということは、トリウム王城が落ちたということですね」

 キール将軍の言葉に、サラはすかさず反応する。

「“落ちた”ね……どちらの意味か分からないけれど、とりあえずお願い。部外者には出て行って欲しいの」

 初めて聞くサラの高い声に、五人の魔術師は一斉に顔を上げた。
 サラは、自分がまだ少年で通じることがハッキリ分かり、落胆を通り越して少しおかしくなった。

  * * *

 二人きりになって、サラはまず一番聞きたかったことに触れた。

「ねえ、あなたのその顔……どうしたの?」

 床に座り込んでいるサラは、その隠された部分を見透かすように目を細めた。
 シシト将軍が、サラの左手の包帯を疑った気持ちがようやくわかった。
 前髪の下に何があるか、サラにはうっすら見える気がしたのだ。
 異質なものが、そこにあるのだと。

「気になるなら、お見せしましょう」

 マントの裾が床につくのも気にせず、キール将軍は長い脚を折り、サラと目線を合わせた。
 サラの中に、一つの映像が浮かぶ。
 幼いキースを可愛がる兄の姿。
 小さなキースに、彼はこんな風に目線を合わせながら、語りかけたのだろう……。

「あまり面白いものではありませんが」

 サラの目の前で、キール将軍はフードを脱ぎ、顔半分に垂らされた長い前髪をかきあげた。
 大きく骨ばった左手の下から現れたのは……。

「目が、赤い……?」

 目の形そのものは、右目も左目も同じだ。
 しかし、漆黒の右目と違って、左目の方は血のように赤い。
 左右の目の色が違うことを『オッドアイ』と呼ぶ……マンガで見たそんなキャラを思い出しながら、サラはその異質な瞳を観察した。
 赤い目の下には、まるで手の甲のように青黒い血管が浮き出て、頬の中心部あたりまで根を伸ばし這い回っている。

「この目って、視力はあるの?」

 サラの声に滲んだのは、明らかな好奇心。
 察しながらも、キール将軍は表情を変えずに答えた。

「ええ、見えますよ。ただしこの目は“見えないはずのもの”も映すのですが」
「見えないはずのものって……?」

 パチパチとまばたきしながら、サラはその赤い瞳に見入った。
 キール将軍も、サラの澄んだブルーを見つめる。

「あなたには……見えませんね。なぜでしょう」
「何のこと?」
「あなたにとって、どうやら私は“敵”ではないようだ」

 台詞の行間から、サラは少しだけキール将軍の性格が掴めたと思った。
 先ほどまでの、サラを取り囲んだ魔術師たちと同じ。

「怯えてるのね。自分を害するものの存在に」

 キール将軍は、一瞬その赤い瞳の色を濃くすると、その整った顔を不快そうに歪めた。
 前髪をかきあげていた左手を下ろし、視界を黒い右目のみに戻す。
 赤い瞳が無くなったキール将軍は、ただの魔術師となる。
 アジトがこの滅びた街に溶け込むように、自然に。
 サラだけは見破ってしまう、巧妙な擬態。

「その瞳がある限り、あなたはこの場所から逃げられない……違う?」
「――お前は、何者だ?」

 一歩二歩と身を引き、視線を鋭くするキール将軍に、サラは笑った。
 何を分かりきったことを、と。

  * * *

 サラは、ようやくほどけた手首をさすりながら、今日はやけに縛られる日だなーと感想を呟いた。
 黒剣はあの魔術師に預けたままだけれど、それくらいは仕方ないだろう。
 キール将軍の中で、まだサラのポジションは、敵でも味方でもない……そんな曖昧な場所に置かれているのだから。

「ねえ、喉渇いたんだけど」

 サラのワガママな要求に、キール将軍が苦い表情で水を呼ぶ。
 グラスの用意もせず、どうするのかと思ったサラの目の前で、水の粒が一口大に丸まった。
 透明なシャボン玉状の物体が、サラの口に直接飛び込んではじけた。

「……んぐっ……ちょっ、ケホッ!」

 気管のほうに少し水が入り、サラは咳き込んだ。
 その様子を見ながら、キール将軍は少し溜飲を下げたようで、しゃあしゃあと告げる。

「ここでは、水は貴重だ。一口飲めただけでもありがたいと思え」
「うーっ……ありがとうございましたっ!」

 アゴを上げ、まったく感謝のカケラもないという表情で、サラはうわべの謝意を伝えた。
 どうやらこの相手と仲良くなるには、それなりに時間がかかりそうだ。
 最初は、そうじゃなかったのに。
 初めに自分を見たときは……。

 サラは、にっこりと天使の笑顔を作りながら言った。

「お礼にイイコト教えてあげる。彼女は、無事よ」

 形勢逆転。
 私が助けてあげたからーと皮肉げに笑うサラに、キール将軍はぐっと唇を噛み締めながら、ごく僅かに頭を下げた。
 優位に立つうちにと、サラは思い浮かんだ疑問を次々とぶつけていく。

「彼女の他にも、この砦には“贄”として送られてきた少女がいるのね?」
「ああ、そうだ」
「彼女たちは、無事なの?」
「生きているかという意味では、無事だな」

 ため息とともに、キール将軍は無意識に前髪をかきあげた。
 一瞬のぞいた赤い瞳が、妖しく輝きながら、キール将軍の言葉を補った。

『今日までは……』

 ビクリ、とサラは体を震わせる。
 心臓が嫌な音を立てながら、訴えてくる。
 この赤い目は、危険な存在だと。

 きっとキール将軍は、自覚しているのだろう。
 だから、たった一人大事な者を、無理にでも逃がした。

「あなたは、明日何が起こるか、知っているの……?」
「明日?」

 怪訝そうにサラを見返すキール将軍の黒い瞳に、陰りは無い。
 サラの体からは、緊張による汗が吹き出てきた。
 動揺を抑えようと右手が腰の位置をまさぐるけれど、そこにあるべきものは無い。

「異界のサラ姫……何を隠している?」

 懐かしいその呼び名に、サラは正気を取り戻した。
 そう呼ばれたのは、たったの一週間だけ。

「キール将軍、あなたに、一つだけ確認したいことがあるの」

 キール将軍のサラに関する知識は、断片的なものだった。
 異界から呼び出された、サラ姫の身代わり。
 本物のサラ姫とカナタ王子から、和平の使者としてトリウム王城へ遣わされた。
 その後、和平交渉に失敗し、直接戦争を止めるために戦地に乗り込んだ……馬鹿な女。

 それらの情報を得たところで、キール将軍のやるべきことは変わらない。
 彼は、トリウムという国を滅ぼすために操られる人形なのだから。

「あなたの本当の敵は、誰だと思う? トリウム国民か……それとも、ネルギ国家?」
「――っ!」

 サラは、背の高いキール将軍を見上げながら、黒騎士の声である予言を発した。

「明日、この戦場には死の雨が降る。トリウム軍も、ネルギ軍も、すべてを巻き込むような……」

 キール将軍の黒い瞳に、わずかな怯えが見えた。
↓次号予告&作者の言い訳(痛いかも?)です。読みたくない方は、素早くスクロールを。










 ついに出してしまいました『オッドアイ』キャラ! 王道また一個クリアだー。ヤター。ついでに血管はわせてみたのは、筋肉少女隊好きにより。正直、リアルにこんな人が居たら気持ち悪いのですが、ファンタジーだとカッコヨク思えるのはなぜだろう。赤い瞳のパワーについては、若干お茶濁してしまいました。なぜかというと、すぐに……まああまりネタバレせずにおきましょう。そしてキール将軍、性格はチキンです。ビビリです。なぜかというと……ま、このへんもおいおい。サラちゃんは相変わらず微アニマルモードで、鋭いことズバビシッと言ってしまいます。クロル君が居ないから……話進めるのに勘を働かせてくれるのは大事であります。一個だけネタ補足。「すみませんでしたっ!」は、お笑い芸人響のミツコというキャラから。一発屋脱出目指してガンバレ。
 次回は、予言回避のためにサラちゃん奔走します。まずはキール将軍をしっかり落としてから。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ