挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
砂漠に降る花 作者:AQ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

108/198

第三章 閑話3 〜名探偵クロル君の休息(2)〜

 新しい紙コップを用意して、クロルがお茶を淹れなおしてくれた。
 至れり尽くせりなお姫様扱いは今日が最後だろうしと、サラはその好意をありがたく享受した。
 熱いお茶に癒されるサラに、クロルの懺悔の声が届く。

「ゴメン……僕がもっと早く動いてたら良かったんだ。コーティのことも、エール兄のことも……」
「ううん! クロル王子のおかげで、こうして事件が解決したんだもん。本当に良かったと思うの」

 慌てて否定しながら、サラは心を落ち着かせるように、黒い剣の束を握り締めた。
 もしもあのときダイスあったら……と考えかけたサラの心に、天邪鬼な魔術師の顔がふっと蘇る。
 サクラ並木で別れたときに初めて見た、真剣な表情。
 苦しげに眉根を寄せ、必死で何かを耐えていた。

「魔術にも、道具にも……頼り過ぎることが、人の心を弱くする」

 零れ落ちたサラの呟きに、クロルは瞳を強く光らせながらうなずいた。
 あの時、魔術師ファースが口に出さずに堪えたのは、そういうことだったんだろう。
 自分の力でやりとげなければならないと。
 国王が“魔法の水”に頼る自分を止められなかったのも、全部裏表なのかもしれない。

「侍従長も、自分で最後と思ってたのかもね。盗んだ本はすべて処分したって、あの月巫女が言ってたし」

 クロルの台詞に、サラはうなずいた。
 侍従長は賢い人だから、充分自覚していたのだろう。
 自分が、人の道を踏み外したことを。
 そしてこの先、自分と同じような人間が出て来てはいけないと。

  * * *

 昨日の深夜までかかった、事件の大掛かりな調査の前半は、クロルの証言が中心だった。
 侍従長がクロルに『懺悔』をしなくなって以降の行動は、月巫女が補足した。
 そこには、サラも立ち会っていた。

「あのときの、クロル王子の誘導尋問、すごかったね」

 苦笑したサラに、クロルは心外とばかりに頬を膨らませる。

 国王以下、重要人物がずらりと首を揃えて見守る中、月巫女は無表情で椅子に座っていた。
 飲ませていたという銀の髪を、もう一本たりとも落とさないよう、ひとくくりに結わえて。
 中には「切り落としてしまえ」という意見も出たけれど……国王が止めた。

 クロルと国王の連携によって、月巫女の責任を問う前にすぐできることから決まっていった。
 まずは、三つの塔の封印をより強固にし、赤い花の広場を墓地として整えること。

 おとなしく聞いていたエールは、疲れた顔を真っ直ぐ上げて、封印強化の実行役を名乗り出た。
 傍に居たリグルは、騎士たちによる森の整備を約束した。
 アロハシャツ姿の文官長は、ぎょろりと飛び出た目を細めながら、全ての発言を記した。

 何も知らなかった王姉が隠れ家として逃げ込み、エールが引継いだ小さな楽園は、この国の暗部として人目に晒されることになった。
 過去、逃げ出した二人を探してあの広場を何度も訪れたというデリスが、切なげに国王を見上げていた。
 砂地はかなりの深さまで掘り起こし、遺留品を全て回収した後は、デリスが鑑定を行うことになった。

 誰もが苦しい胸のうちを隠しながら、事務的に話を進めていった。
 そんなやりとりを、月巫女は何も映さない透明な瞳で見ていた。
 誰に何を問われても、繰り返された言葉は一つ。

『私はただ、周りの方から望まれることに協力しただけです』

 彼女のささやきは、真実だった。
 それなのに、その言葉はもうみんなの心に届かない。
 真実も、角度を変えれば嘘になることが分かったから。

 月巫女の嘘を暴いたのは、クロルの質問だった。
 王姉のことで悩める侍従長に、闇の魔術の存在を示唆し、銀の髪を与えた。
 見返りに、王妃の座を求めた。
 自分の口では何も言わずに、それら全てを侍従長に悟らせ、命じられる側にまわった。

「月巫女って、本当は誰よりも純粋な人なのかもしれないね」

 クロルの誘導尋問に抵抗する様子も無く、思うままを口にした月巫女の姿が、あの夜サラの部屋を訪れたコーティと重なった。
 コーティの振りをした月巫女は、とても素直で……あっという間に尻尾を出した。
 少し舌ったらずなしゃべり方をしていたような気がする。

 あの夜フルーツエードを準備したことを、本物のコーティは知らなかった。
 つまりは月巫女自身が、サラが本当に喜びそうなものを考えてくれたのだろう。
 単に毒を飲ませるためなら、ただのお茶でもジュースでも良かったのに。

 闇の魔術を操る、純粋な乙女。
 どうしても憎みきれないのは、砂漠の王宮にいるあの無邪気な少女と重なるからだろうか?

「それはサラ姫が純粋だから、そう見えるんじゃない? 僕から見ると、あの女は真っ黒でドロッドロ!」

 顔をしかめながら舌を出すクロスに、サラは「王子! はしたない!」と、デリスの口真似で応戦する。
 クロルは、亀のように首を引っ込めて「ゴメンナサイ」と笑った。

「デリスばーちゃんにも、いっぱい迷惑かけちゃったよ。これから親孝行しなきゃねー」
「あっ、私もう一個、デリスを喜ばせるネタ思いついちゃったんだ」

 今晩開かれるサラのお別れパーティに仕込んだ、一つのサプライズ。
 想像しただけで、自然にサラの頬はつりあがってしまう。

 パーティには、サラの好きな人たちや、お世話になった人がみんな集まる。
 サラの指を縫ってくれた医師長も、コーティへのお土産をくれた魔術師長も。
 一度は闇の魔術に狂わされた人たちも、全員が許されたのは、国王の鶴の一声があったせい。

『最初に狂ったのは、俺の弟。狂わせたのは俺。月巫女や侍従長をおさえられなかったのも……この事件の根本にあるのは、すべて俺の判断ミスだ』

 国王が頭を下げたとき、隣で支えたのはデリスだった。
 体の自由を奪われていた月巫女は、椅子の上に座ったまま、無表情のままその姿を見つめていた。
 サラは、少しだけ涙ぐみ……すでに“影の国王”というニックネームが定着した若干十三才の少年は、いつもどおり冷たい手で、サラの手を握り締めていた。

 その後すぐ、医師長と魔術師長が、泣きながら土下座をした。
 闇の薬をばらまく役目として二人が取り込まれたのも、すべては自分の弱さから。
 彼らは、心の奥に閉じ込めていた自らの闇を吐露した。

『死者の魂を、蘇らせたかった』

 それは、魔女となった王姉が求めたもの。
 大事な人を失った者が、一度は必ず囚われるだろう闇。
 侍従長が少しずつ人間の域を超えていくことを、二人は恐れながらも憧憬の目で見つめていたという。

  * * *

 医師長と魔術師長、二人の体に回った毒は、あの広場で赤い花が消えた瞬間に抜けたらしい。
 コーティと、侍従長の二人の命を救いたいと願ったときに。
 死んでしまった人を蘇らせることはできないのだ。
 そのルールを覆すために、他の誰かの命を犠牲にしなければならないなら、自分が冥界へ行くまでもう少し待てば良いだけ。

 魔女は、待てなかった。
 最初は止めようとしていた侍従長も、結局はその魅力に引きずられてしまった……。

「それで、侍従長は……?」
「うん、元気みたいだよ」

 サラは、ほうっと吐息を漏らした。
 あの時死んだと思われた侍従長も、実は生きていた。
 クロルが、生き返らせてくれた。
 どんな魔法を使ったのかは、誰も知らない。

「サラ姫だけには教えてあげようか? なんてったって僕の嫁だしっ」

 とても嬉しそうに聞いてくるけれど、サラは「いいえ、要りません。そして嫁にもなりません」とシャットアウトした。
 チェッと唇を尖らせるクロルは、本当にかわいい。
 ちょっとクールで皮肉屋だけど、素直で賢くて優しくて……最高の弟分。

「本当はね、昨日のためにいろいろ仕込んでたことがあってさ」

 子どもの頃の国王に似るといわれる、いたずらっこな笑みを浮かべて、クロルは魔法の種を明かしてくれた。
↓次号予告&作者の言い訳(痛いかも?)です。読みたくない方は、素早くスクロールを。










 またもや中途半端なとこで切れてすみません。もうそろそろ、説明はイランでしょう……。作者の頭もどんどん悪くなってきましたよー。拾い忘れた伏線ボロボロ、英単語や方程式のように落っこちていきます。また全面見直しの際には、ペコペコしつつ修正するかもしれません。いや、来る、きっと来る……。侍従長は、とりあえず死なせませんでした。この話では、極力人の死は無しの方向でいきます。死んじゃってはいないけど……というのは次回簡単に。
 次回は、クロルにちょっとイチャつくチャンスをあげつつ、クロル君のちょっとした秘密暴露予定。ずれ込んですみません……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ