挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第二部:レーベの秘宝編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

99/200

13-099.牽制

 
(……魔法の盾(シールド)

 ヒロは、左の掌を正面に向けると、心の中で呪文を唱えバリアを張った。呪文を唱えたのは、イメージを形成しやすいようにだ。それは此処で小悪鬼(ゴブリン)に襲われた時に発動させたバリアと同じものだった。だが、それは全身を囲わず、左手を起点として前面にのみ形成されていた。バリアは白い半透明の板となって、ヒロの肩から膝辺りまでを覆い隠す。いわゆる大盾だ。

 もしも小悪鬼(ゴブリン)に襲撃された時のように、全身を覆ってしまうと、攻撃の際、最低でもバリアのどこかを解除しなければならない。それが隙になってしまう可能性は十分に考えられた。ヒロがバリアを部分的にしか張らなかったのは、反撃をする事を考えての事だ。

 だが、問題は、この(バリア)黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの攻撃に耐える程の強度があるかどうかだ。やはり身を曝け出すのは拙い。左右の林に身を隠すべきだ。ヒロは右手を後ろに回して、そっと炎粒(フレイ・ウム)を発動させた。

 黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルが右腕を水平に伸ばすと肘を直角に折り、薬指と小指だけを握った指先を左胸に軽く当てる。ピンと伸ばした人差し指と中指の先端が白く光り、その指先に空気が渦を巻いて集まった。

 ――!

 ヒロが直感で危険を感じ、左へステップした。同時に黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルが、逆水平チョップの要領で右手を振る。

 黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの右手が描いた弧の軌跡に沿って、弓形(ゆみなり)の風が刃となってヒロを襲う。先ほどの風の刃が短刀だとすると、こちらは大太刀だ。攻撃範囲も威力も段違いだと思われた。攻撃範囲が広い分、多少狙いが甘くなっても問題ない。命中させるのは簡単だ。ヒロは左腕を黒衣の不可触ブラックアンタッチャブルの方に向けて、バリアの盾で防御すると同時に、右手で発動していた炎粒(フレイ・ウム)を投げつけた。

 ――バシッ!!

 二人の目の前で同時に激しい音が炸裂した。ヒロのバリアの盾(シールド)黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの風の大太刀を弾いて逸らし、ヒロが放った炎粒(フレイ・ウム)黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの数歩手前で、弾け飛んだ。

 黒衣の不可触ブラックアンタッチャブルは、おやとばかり仮面の顔を上げた。ヒロの姿が見あたらない。やはり仮面では視界が悪いのだろうか。首を左右に振ってヒロを探す。

 ヒロは、先程の攻撃の隙に左の林に逃げ込んでいた。木の陰に身を隠し、左手のバリアの盾(シールド)を解除する。

(……やっぱり駄目か)

 予想通りだ。黒衣の不可触()には弓も魔法も剣も通じない。ヒロはウオバル酒場で聞かされたスティール・メイデンとの戦いの顛末を思い出した。

 さっきのヒロの攻撃は、林の中に逃げ込むための牽制だ。ヒロは最初からその積もりだった。命中することなど、さらさら期待していない。だが、炎粒(フレイ・ウム)は、いとも容易く防がれてしまった。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルは、ヒロの魔法を迎撃しないどころか回避さえもしなかった。

 それなのに、炎粒(フレイ・ウム)は途中で弾け飛んだ。つまり黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルも自分を守るためのバリアを張っているということだ。これも酒場で聞いたとおりだ。黒衣の不可触ブラックアンタッチャブルが二重のバリアを張っているかどうかは分からないが、そんなことはどうでもいい。大事な事は、この窮地から逃れられるかどうかだ。

(拙いな……)

 黒衣の不可触ブラックアンタッチャブルには、自分の攻撃など一切通じないのではないかという不安がヒロの心によぎった。
 

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ