挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第二部:レーベの秘宝編

95/190

13-095.今度こそ本物だとよいのですけれど

 
「銀貨の代わりに希望する報酬があるんだが、いいかな?」
「何です?」
「実は身元引受人を探している」
「ほう」
こちら(ウオバル)に来てから、ギルドで知り合った冒険者から色々教えて貰ったんだが、ウオバル(ここ)の大学に入る為には、願書と身元引受人の紹介状が要ると聞いた。願書は代理人(マネージャー)に代筆して貰うことが出来るらしいが、紹介状の方はそうもいかなくてね。俺のような遠い異国の者には、ここら辺りに貴族の知り合いなんていないし、その伝手もない。此処で仕事が見つかれば、雇い主にお願いしてみるという手も考えていない訳じゃないが、何時になるか分からない。だから、もし、君の知り合いで、身元引受人をやってくれそうな人を知っていたら紹介してくれないか。身元引受人になってくれるよう頼むのはこちらでやる。君はこれはと思う人を紹介してくれるだけでいい」

 配達の報酬に身元引受人を紹介しろなどと、図々しい要求であることは百も承知だ。普段はこんな要求なんて口にはしない。だが、シャロームの条件を聞いたヒロは考えを変えた。

 シャロームはヒロに一人で配達するように条件をつけた。ヒロを信頼できる人物か確かめる為だという。それが嘘か本当かは、シャロームが自分を他人に間違いない人物だと第三者に紹介できるかどうかをみれば直ぐに分かる。

 なぜなら、シャロームの信用に関わるからだ。変な人物を紹介しようものなら、シャロームは自分の面目を潰すことになる。シャロームが真にヒロを信頼できる人物だと思ったのなら、ヒロの身元引受人になれそうな人を紹介できる筈だ。シャロームが自分を試すのであれば、自分もシャロームを試しても良いだろう。ヒロはシャロームの反応を待った。

「ふむ。そう来ましたか……」

 シャロームは暫し天井を見つめて考えていたが、交渉が楽しいのか、満更でもなさそうに見えた。無茶な要求を吹っ掛けた積りだったのだが、意外と平然としている。もしかしたら、こんな交渉など慣れっこなのかもしれない。大したタフネゴシエイターだ。やがてシャロームはゆっくりと顔を戻すと、ヒロの目を見つめた。

「その御期待に添えるかどうかは、この場では保証出来かねますね。もしもその報酬を用意出来なかったときは?」
「そのときは銀貨で構わない。相場の半分でいい。今後、配達クエストを直接俺に回してくれるのだからね。サービスだよ」
「ははは。いいでしょう。それで手を打ちましょう」
「ありがとう。謹んで君の依頼(クエスト)受けさせて貰うよ」 
「交渉成立です。依頼したい品を届ける期限は三日後の夕方までです。いつ此処を出れますか?」
「うん。特に予定もないので、明日の朝には立てるかな」
「お戻りは……日帰りですか。報酬のこともあるので、戻って来る予定日を教えてください」
「……そうだね。首尾よく行けば、日帰りでいけると思うよ」

 ヒロは、リムをちらと見てから答えた。心配そうな顔で見つめ返すリムに、大丈夫だと頭を撫でる。エマは何度も行き来した所だ。道に迷うことはない。それに自分一人で行くのなら、リムの体力も気遣う必要もない。特に急ぐ必要もないのだが、リムを心配させない為にも、最短で戻るとしよう。

「分かりました。では、それでお願いします。届けていただきたい品物は明日の朝までに用意しますので、出立の前に商会(ここ)に寄っていただけますか?」
「分かった」

 そう言ってヒロは、シャロームが伸ばした手をがっちりと握った。


◇◇◇


「御用意できました」

 軽くノックした後、先程の女性店員が小振りの木製鞄を持って部屋に入って来た。その鞄には大きな取っ手がついていて、彼女は両手でそれを支えていた。それなりに重量があるのか、背筋を少し伸ばし気味にしている。背筋も使っている様子が窺えた。

 女性店員は、鞄をテーブルに乗せると、小さな鍵を取り出して、鞄の鍵穴に入れる。大きく開いた鞄の中から、きちんと並んで納められた金貨が姿を見せる。

「残りの正金貨です。貴方のレーベン金貨を」

 シャロームの言葉にヒロは皮袋を取り出し、ざらざらと中の金貨をテーブルにあけた。

「ヒロ様、レーベン金貨四十枚。確かにお預かりしました」

 十枚づつ束に纏める形でリムの古金貨を数え終えた女性店員は、そう言って、持ってきた鞄から換金する王国正金貨を取り出した。

 王国正金貨は紐で十枚一組の束に纏められていた。たちまちヒロの目の前に金貨の束二十本が並べられる。

 シャロームは懐からナイフを取り出すと、束の一つに当てて、金貨を拘束する紐を切る。

「ヒロ、御確認を」

 シャロームはゆっくりとナイフをしまうと、手の平をヒロに見せて、確認するよう促す。ヒロは自由になった束から金貨を一枚摘んで眺めてみせた。勿論、ヒロは、金貨の真贋を見極める鑑定眼を持っている訳ではない。しかし、手にした金貨の重さと表面に刻まれた刻印は、これまで何度も出し入れした金貨(それ)と同じと思われた。ここで疑っても仕方ない。騙す積もりなら、最初にシャロームと出会ったアラニスの酒場での交渉でやっているだろう。

「確かに二百枚。間違いない」

 ヒロは、手にした金貨を元の束に戻すとそう言った。

「では契約書に受け取りの署名(サイン)を」

 シャロームは、ヒロから受け取っていた契約書に自らのサインをすると、ヒロに寄越す。ヒロは、習って間もないこちらの言葉で自分の名前をサインした。そしてリムにも同じくサインをさせる。

「結構です。これで契約完了です、ヒロ」

 シャロームは契約書を丸めるとヒロに手渡した。


◇◇◇


 換金した金貨を受け取ったヒロとリムが女性店員と小男に見送られ、商会を後にした。それを二階の窓から確認したシャロームは、先程まで交渉の場であった弾力のある黒い総革張りソファに深々と腰を沈めた。ソファの背に身を預けて、大きく一息つく。

「あら、貴方でも緊張することがあるのですね」

 透き通った高い声が、シャロームの背に掛かる。

「私を何だと思っているんです。でも(ヒロ)との交渉は特別です。何処か心の奥底を見透かされているようで、どうも落ち着きませんね」

 シャロームは振り向きもせず答えた。

「……で、彼で間違いありませんか?」

 シャロームの問いに、瑞々しい声の持ち主は口元を綻ばせた。

「えぇ。間違いありません。手配に感謝します。……それにしてもお人が悪いですね。シャル」

 くすくすと抑えた笑い声が小部屋を踊る。

「嘘は言ってませんよ。彼が信頼できる人物なのかどうかは早いうちに知っておく必要があります。(ヒロ)が貴方の言うとおりだとしたらね」
「では、……よいですね?」
「仕方ありません。依頼主(オーナー)がそう仰るのですから。但し……分かっていますね」
「心得ています。今度こそ本物だとよいのですけれど」
「そう祈りますよ」
「では、手筈通りに……」

 謎の声の主はそう言い残して、姿を消した。ただ、柑橘の果物の香りだけが、そこに人が居た証拠を残していた。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ