挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第二部:レーベの秘宝編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

92/200

12-092.ヒロ様、大丈夫ですか?

 
釣炎球(ダゥ・フレイ・マー)

 ――ドグァ。

 先程までモルディアスが指さしていた地面から爆炎が上がる。土塊と小石が天に吹き上がり、人の背丈程の宙をさまよった後、バラバラと落ちていった。

「これは?」
釣炎球(ダゥ・フレイ・マー)を地面の下で発動させてから、地上に引き上げただけじゃ。空気がないと火は点かぬが、地の下にマナを通してはいけないという法はないの。ちょっとした足止めには使えるかの」

 驚くヒロにモルディアスは、片目を瞑って次があると告げた。 

「また、こういう使い方もある」

 モルディアスは、しゃがみ込んで足下の土を掬い握り込んだ。しばらくそうした後、立ち上がって手を開く。昨日の雨で湿った土は小さな塊となっていた。指の痕がくっきりと残っていた。

 モルディアスは、その土の塊を足下に転がした。

炎粒(フレイ・ウム)

 囁くほどの小さな声でモルディアスが呪文を唱えると、その土の塊がボンッと破裂して、小さな炎の塊となった。

「?!」

 驚いてモルディアスを見やったヒロに、モルディアスは平然と説明する。

「握った土にマナを纏わり付かせただけじゃ。そして後からそのマナに炎粒(フレイ・ウム)を発動させたのじゃよ。予めマナをつけておるから、好きな時に発動させられるし、釣炎球(ダゥ・フレイ・マー)のように指さしてマナを届かせる必要もないの」

 ――凄い。

 ヒロは舌を巻いた。モルディアスの魔法にではなく、たった一つの魔法の応用の広さにだ。同じ魔法を少し見せ方を変えるだけで、まるで別物のような効果を発揮する。ヒロは魔法の奥深さに圧倒された。

「全ては同じ魔法じゃ。じゃが工夫次第で一つの魔法が千にも万にも化けるの。今の若い魔法使い(もの)は、そういう頭を使わぬがの。しばらく自由に練習してみるがよい」

 ヒロは、目の前で見せられたモルディアスの魔法を一つ一つ試してみた。当然モルディアスのようにはいかない。「炎線斬(フレイム・アッシュ)」は二メートルにも満たないし、釣炎球(ダゥ・フレイ・マー)は、先端に炎を残せず完全に消えてしまうか、炎線斬(フレイム・アッシュ)となって火線全てに点火するかのどちらかだった。釣炎球(ダゥ・フレイ・マー)の地下点火版は、地上に出しても燃え上がらず、土にマナをまとわりつかせての炎粒(フレイ・ウム)は、ぽんっと微かな音を立てただけだった。

「ふむ。今日はここまでじゃ。ヒロよ。今見せた魔法が使えるようになったら、またここに来るがよい。一つの魔法でも極めることが肝心じゃ」

 岩に腰掛けて、ヒロの魔法をずっと見守っていたモルディアスがにこやかな表情で立ち上がる。辺りに夕闇が迫っていた。集中していて気づかなかったが、数時間は練習していたらしい。

「ヒロ様、大丈夫ですか?」

 ぺたりその場に座り込んだヒロに、リムが心配そうな表情を見せて駆け寄る。

「大丈夫、問題ないよ。だけどちょっと喉が乾いたな。何かあるかい?」
「はい、ただいま」

 リムが茶を淹れに急いで小屋に戻る。彼女(リム)の小さな背中が扉の向こうに消えるのを見届けると、ヒロはモルディアスに声を掛けた。

「モルディアス、この国の魔法使いは皆こんな練習をしているのかい?」
「ほっほっほっ、もっとゆっくりじゃ。初級魔法一つを身につけるのに一ヶ月(ひとつき)は掛かるでの。沢山教えたところで一度には無理じゃ」
「さっき、何個も教えてくれたじゃないか」
「先程のとて一つの魔法とその応用に過ぎぬ。基本は一つしか教えておらぬよ」
「そうか」
「お主は飲み込みが早いので、応用を見せておいた。次に来るのはいつか楽しみじゃの」

 モルディアスはなんだか嬉しそうだ。

「さっきの応用技を身につけるのに普通はどれくらい掛かるんだ?」
「人それぞれじゃよ。一日で出来る者もおれば、十年掛かっても出来ぬ者もおる。じゃが、そもそも応用することを思いつかなければ、いつまで経っても始らぬ。何事も工夫じゃて」

 そんなに個人差があるのか。ヒロは自分はどちらなのかと考えたが、ふと、承認クエストの道中で小悪鬼(ゴブリン)に襲われたとき、魔法でバリアを張ったことを思い出した。行きに練習をしていたとはいえ、バリアをあっさりと張ることができた。バリアと炎魔法は違うのかもしれないが、ヒロは、自分が()()()()()()()()にチップを乗せることにした。

「ヒロ様。お茶です」

 お盆を持って戻ってきたリムがお茶を差し出す。白い陶器の碗に薄緑の液体が注がれていた。お茶を受け取ったヒロは思わず鼻を近づけた。僅かに乾いた草の香りに甘い匂いが混じっていた。この間の香ばしい茶とは明らかに違っていた。

「あ、ヒロ様。緑陽の葉を煎ったお茶です。カユタ団子虫のお茶じゃありませんから、ご心配なく」

 リムはにこりと微笑んだ。この間、モルディアスに振る舞って貰ったお茶の一件からちゃんと配慮してくれたのだ。団子虫茶でなければ大丈夫だ。リムの言葉にほっとした表情を見せたヒロは、碗の端に唇をそっと押し当てて熱さを確かめた後、一気に薄緑の液体を口に流し込んだ。

 ――ブフォ。

 盛大に吹いた。激しくせき込む。甘い、甘すぎる。何が入っているんだ。

「リ、リム、何を入れたんだ?」

 大丈夫ですかと背中をトントン叩くリムにヒロは思わず尋ねた。責める積もりは毛頭ないが、普通にお茶を淹れて此処まで甘くなるとは思えなかった。いや異世界のお茶だからなのか。ヒロは半ば涙目になっていた。

「え、あ、あの、蜂蜜です。特級のがあったので、たっぷり入れときました。お茶に蜂蜜は普通ですよね」

 リムは当然とばかり答えた。そういえば、この世界ではワインが激甘だったことといい、胡椒を入れることといい、味が両極端だったことを忘れていた。次からはお茶は自分で淹れよう。ヒロは心に誓った。

「い、いや。俺の国では、お茶には何も入れないんだ。すまん。次からは何を足したのか教えてくれ」

 しゅんとしょげているリムにそういったヒロだったが、甘みもあるならあるで悪くはない。疲れた体に糖は助けになる。ヒロは、少しずつ確かめるように、()()を啜り、結局最後まで飲み干した。

「モルディアス。ありがとう。今教えて貰った魔法を練習しておくよ。何時になるとは言えないが」
「ほっ、ほっ、楽しみにしておるでの」

 上機嫌のモルディアスに礼をいったヒロは、リムとソラリスに戻ろうと告げた。
 

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ