挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第二部:レーベの秘宝編

89/191

12-089.暗躍する者

 
 ――ヒロとソラリスが闘技場で剣術練習をしている丁度その頃。

 石造りの小さな部屋に齢五十を数える男が一人いた。

 白髪の混じるオールバックに後ろに束ねられた長髪。男の射るような瞳は何者をも寄せ付けないぎらりとした光を放っている。

 男は、中央に置かれた古い木製の丸テーブルを前に、長持ちに腰掛け書籍を手にしていた。男の指にはルビーやサファイアのような赤青の宝石。石は男の瞳に負けじとその輝きを保とうとしていた。

 テーブルには、うずたかく分厚い書物が積み上げられている。テーブル中央にランプは、細長い四角で行灯のような据え置き型だ。()()の光は思いの外強く、文字を読むのに十分な明るさがあった。

 テーブルに置かれた分厚い書物の中身は分からない。しかしその豪奢な装丁からそれなりに貴重なものだと思われた。

 男は手にしていた書籍を読み終えると、テーブルの山にそれを重ねた。そして山の天辺に無造作に置かれた羊皮紙を、わずかに残ったテーブルの平たい空間に器用に広げ、なにやらメモを取る。

 ()()の灯りがゆらりと揺らめく。そのたびに男が纏う白いローブを彩る金の刺繍が、灯光をチカチカと反射する。

 男がメモを取り終えると、また、山から本を取り広げる。パラパラと頁を繰る音だけが存在していた。

 そこは、数日前に男がスティール・メイデンを呼び出し、黒衣の不可触ブラックアンタッチャブル捕縛を依頼した場所だ。

 ――コンコン。

 分厚い扉を軽くノックする音がその静寂を破った。男は読みかけの本を閉じ、扉に目を向ける。それを待っていたかのように、扉はギギと重々しくも軋んだ音を立てた。扉の向こう側から差し込む光が、部屋の明度を少しだけ上げる。続いて部屋に入ってきた執事風の老人が恭しく頭を下げる。

 開け放った扉が、ひとりでに閉まった。男は僅かにぴくりとしたが、何も言わない。

「ラスター様。御報告が御座います」
「何だ」
「例の依頼(クエスト)の件ですが、どうやら失敗したようで御座います」
「スティール・メイデンか?」
「左様で御座います」
黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルが見つからなかったのか?」
「いいえ。凱旋の丘にて接触しましたが、戦闘の末敗れました」
「三人共か」
「左様で御座います。一部始終を見た者の話によると、全く歯が立たなかったようです」

 ラスターと呼ばれた男は報告に軽く頷き、諒とした。

スティール・メイデン(奴ら)はどうしている?」
「リーファ神殿で治癒術式を受けております」
「助かるのか?」
「命だけは。ただ、冒険者としてはもう無理かと……」
「分かった。下がれ」
「はっ」

 老執事の退出を確認すると、ラスターは、ふふっ、と押し殺した笑い声を上げた。ミカキーノが黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルを捕えるという依頼(クエスト)を達成できなかった時点で、(ミカキーノ)との関わり合いを断つ積りでいた。だが再起不能にまで追いやるとは予想以上だ。これで手間が省けるというものだ。

「流石は黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルといったところか。噂以上だな」

 大学の教官や学生を除けば、ウオバルの冒険者で一番強いと目されていたスティール・メイデンを一蹴する程の実力の持ち主。その力にラスターは驚きと共に満足を覚えていた。

ミカキーノ(やつ)は少々欲張り過ぎた。そろそろ退場して貰う頃合いだ)

 ラスターはこれまでスティール・メイデンに数多くアンダーグラウンドでクエストを出していた。それらの一つとて容易なものではなかったが、ミカキーノ達は難なくこなし、莫大な報酬を手にした。しかし、ミカキーノはクエストの度にもっと大きな報酬を要求するようになった。いつしかそれは、適正な報酬の範疇を超え、恐喝紛いのものへと変化していった。ミカキーノは金銀だけでなく、レアアイテム、魔剣の類をも要求するようになったのだ。

 ミカキーノの過大な要求に辟易したラスターは、アンダーグラウンドのクエストを他の冒険者に出すようにした。だが、どこから嗅ぎつけたのか、その冒険者は悉くミカキーノ達の闇討ちに遭い大怪我を負った。気が付くとスティール・メイデン以外に、ラスターからの闇の仕事(アンダーグラウンド)を受ける者は一人も居なくなっていた。だが、それもこれで終わりだ。

 ラスターは、壁に作り付けられた本棚の中から一枚の地図を取り出した。地図を部屋中央のテーブルに置いて広げて見せる。地図には細かな通路と小部屋がびっしりと書き込まれている。何かの見取り図のようだ。ラスターは顔を上げ、室内を見渡した。そして一つ息をつくと、自分以外に誰もいない筈の部屋の隅に向かって口を開いた。

「居るのだろう? 黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブル

 部屋の一角が蜃気楼の如く揺らめいた。密閉された部屋に微かに風が吹き、机に置かれた行灯の火が不安気に揺れる。

 空気の揺らめきが収まると、そこに漆黒のローブに身を包んだ白い仮面が姿を現した。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルだ。

「流石だな。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブル。噂通り、いや噂以上の働きだ。それほどの力があれば、裏の仕事をせずとも表の冒険者として名を馳せることも出来ように」

 ラスターは珍しく目の前で賞賛してみせた。この男にしては珍しいことだ。

「約束の報酬だ」

 ラスターはテーブルに置いた地図を手に取り、黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルに見せる。

「貴様が欲しがっていた地図だ。だが何年も昔のものだ。噂では魔物の巣窟になっていると聞いている。貴様、討伐にでも行くのか?」
「……」

 ラスターはひとしきり悪態をついてから、地図を筒状に丸めると、黒衣の不可触ブラックアンタッチャブルに渡した。

黒衣の不可触ブラックアンタッチャブル、貴様はラクシス家に(ゆかり)のある者か?」
「……」

 黒衣の不可触ブラックアンタッチャブルは、受け取った地図を手にしたまま一言も発しない。もちろん表情は仮面に隠れて見えない。仮面が反応しないと分かるとラスターはふん、と鼻を鳴らした。

「そっちも不可触か……まぁよい。これで貴様との契約は終わりだ。何処へでも行くがいい」

 突然、黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの周りで風が渦を捲いた。風は小部屋の空気をかき回し、ラスターの束ねた後ろ髪を揺らす。

 やがて風の渦は収まり、静寂が再び顔を見せた。だが、その時には黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの姿は忽然と消え失せていた。

 ラスターは微動だにしなかった。やがて彼の視線の先にある扉がひとりでに開き、そしてゆっくりと閉まった。

 ラスターは扉が完全に閉まったことを見届けると、天井に向かって顔を上げた。計画(プラン)を切り替える必要がある。スティール・メイデンが黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルを捕える事が出来ていたら行ったであろう尋問はお流れになった。それを補完しなければならない。

 だがこれもスティール・メイデンと縁を切る為の代償なのだ。

 ラスターは、スティール・メイデンに黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルを捕えよ、というクエスト(アンダーグラウンド)を出すその裏で、黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルにスティール・メイデンの攻撃を退け、動けないようにさせよという、相反する裏のクエスト(アンダーグラウンド)を出していた。両者を互いにぶつけることでどちらか片方を、あわよくば共倒れをも狙う。最低でもどちらか一つの目的は達せられるという計略だ。

 黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルは、自分の依頼クエストを完璧にこなして見せた。殺さずに再起不能にまで痛めつけた。二匹の黒狼の内、一匹を消すことが出来たのだ。行幸とすべきだろう。

 あとは、残ったもう一匹を潰すことだ。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの正体を暴き、奴にその目的を吐かせなければならない。

 もしも、黒衣の不可触()があの地図の意味を知っているのなら、もしも、黒衣の不可触()が、ラクシス家と関わりを持つ者であるのなら、捨て置く訳にはいかない。それでも()()の秘密に辿り着くことはないだろうが……。

「バレル!」

 ラスターの声に木製の天板の一角が音もなく外れたと思うと、小さな影がすとりと降り立つ。

「今のを見ていたな。黒衣の不可触()をつけろ。絶対に気取られるな」

 ラスターは振り向きもせず命じる。

「お任せ下さい。キヒヒヒヒヒヒ」

 影は薄気味悪い嗤い声をあげるとそのまま天井に姿を消した。

 テーブルの灯りに目を細めたラスターは口元に静かな笑みを浮かべた。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ