挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第二部:レーベの秘宝編

87/191

12-087.ウオバル公式闘技場

 
 翌朝。ヒロとソラリス、そしてリムの三人はある建物を訪れた。

 ――ウオバル公式闘技場。

 ウオバルの領主であるウォーデン卿の発案で設けられた闘技場である。普段は大学に通う学生の剣術練習に使われているのだが、空いている時間は一般にも開放される。剣術だけでなく、魔法の練習や試技も可能だ。冒険者も自分の練習や、パーティに新しい仲間を加えるとき、その実力を計るために使われることも多い。公式闘技場(ここ)には、大学の剣術教官や魔法教官もよく足を運んでいて、一般冒険者でも、実力のある者は大学の学生としてスカウトされることもあるという。

 公式闘技場は、円形のコロシアムだ。中央は砂を敷き詰めた闘技場で、その周りに観客席がある。外観はローマのコロシアムにも似ているが、建物全体に魔法結界が施されており、魔法を使っても外には影響を及ぼさないようになっている。

 受付でそう説明されたヒロは、使用料の銀貨一枚を支払うと、別室で準備を始めた。公式闘技場(ここ)で貸し出ししている防具の中から皮の鎧を選んで身につける。装着の仕方が分からないところはソラリスが手伝ってくれた。

「ソラリス。防具は要らないのか?」
「何言ってんだ。既に装着してるさ」

 ソラリスはマントを脱いでリムに渡した。ノースリーブにショートパンツの軽装だ。どこにそんな防具がと訝るヒロに、ソラリスはぐいと自分の襟元を引っ張ってみせる。チャリと微かな金属音と白銀の布(メイル)が顔を覗かせた。

 ――真銀鎖帷子ミスリル・チェーンメイル

 ヒロとリムがカダッタの道具屋で注文した鎖帷子と同じものをソラリスは着ていた。ヒロは前にもソラリスに見せて貰ったことを思い出した。

「そうか。そうだったな。剣はこれでいいのか?」

 ヒロは、部屋の隅に置いてある傘立てのような長細い箱に無造作につっこまれている木剣の一つを抜いてソラリスに見せた。

「どれでも好きにしな。どれも大して違わねぇさ」

 そういうソラリスは、木剣ではなく、ただの棒切れを握っていた。何かの木の枝を切って作ったとしか思えない只の棒だ。

「ソラリス? そんなので……」
「さっきも言ったろ。何だっていいんだよ。さ、いくよ、ヒロ」

 こんな事で反論しても仕方ない。ヒロは少しだけ首を竦めて、闘技場に向かうソラリスに続いた。

「ヒロ様、頑張ってください」

 そんなヒロの背中をリムの透き通った声が後押しする。振り向いたヒロは何も言わずに微笑んだ。 


◇◇◇


 ――ドン。

 棒切れが鈍い音を立てて、皮の鎧を抉る。

「がはっ!」

 肺胞に蓄えた空気を一つ残らず吐き出したかのような呻き声を上げたヒロを、舞い上がった砂煙が覆う。

「げほっ、げほっ」

 片膝をついたヒロの口が空気を求めた。

「あ~。どうする? この辺にしとくか。大体分かったからよ」

 ソラリスが右手の棒切れを肩に担いで、やれやれという顔をする。

「……もう、……いい、のか?」

 肩で息をしながら、ヒロが答えた。疲労困憊だ。剣術練習を始めて一時間も立ってない。休みを何度も入れたのにこの有様だ。こんなに疲労するものなのか。エマに行って日帰りで戻ってくるほうが余程(よっぽど)楽だ。ヒロにはボクシングや格闘技の試合が一ラウンド三分かそこらである理由が分かった気がした。

 ソラリスの剣術練習は実戦そのものだった。ヒロは剣の持ち方から始まって、足捌きや構えを教えてくれるものだと思っていたのだが、そんな予想は見事に裏切られた。ソラリスはヒロに好きなように攻めてきていいとだけ伝え、いきなり試合形式での練習を始めた。

 何をしてもいいと聞いて、ヒロはよしとばかり意気込んで掛かった。無論、ヒロには剣術の心得はない。高校時代に体育の授業で剣道をやったくらいだ。だが、フリーで何をしてもいいのなら一太刀くらいなら浴びせられるのではないかと思っていた。それは大きな思い違いだった。

 始めてしばらくの間、ソラリスは、ヒロの木剣による攻撃を、手にした棒切れで受けた。反撃も何もしない。ただ受けていただけだ。だが、それからソラリスの対応は徐々に変化していく。ヒロが打ち込もうとした刹那、ソラリスの棒がヒロの木剣の切っ先を少しだけ逸らす。剣は流れ、ソラリスにかわされてしまう。続いてソラリスは足を使い始めた。ヒロが剣を振り被るのに併せて、僅かに切っ先の軸線から(たい)を外す。その動きは必要最小限で、素人には動いたことさえ分からない。ヒロの剣は全く当たらなくなった。

 ヒロはありとあらゆる試みをした。上からも下からも打ち込んだ。チャンバラの如く、体を回転させてからの奇襲もやってみた。だがどれもこれも失敗に終わった。

 一言で言えば、実力差が有りすぎた。

 ヒロは、その場に座り込んだ。確かにこの辺りにして置いた方がよさそうだ。

「ヒロ、今のお前じゃ剣は止めたほうがいいな。本物は木剣(そいつ)のように軽くないからよ。そんなに振り回しちゃすぐに疲れちまう」
「やっぱり、素人じゃ、話にならないんだな。済まない、ソラリス。こんな下手糞につきあわせてしまって。俺には剣術は荷が重そうだ」

 そんなヒロに、ソラリスは嫌な顔一つせず答える。 

「ヒロ、だが魔法使いでも剣術を身につけたいという考えは悪くないぜ。ウオバル(ここ)の大学でも、最近は、魔法使いで入った奴にも基礎的な剣術くらいは教えるらしいからな」
「でも、こんなド素人じゃどう仕様もないんじゃないのか?」
「へっ。昨日も言ったろ。お前に合った技を探すって」

 ソラリスが不敵な笑みを浮かべた。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ