挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら最強の魔法使いになってしまった件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第二部:レーベの秘宝編

84/113

11-084.恐ろしい魔法ですよ

 
 ロンボクはヒロから視線を外すと、両手の指先を組んで自分の膝の上においた。そして思い出すように語り出した。

「後から聞いた話ですが、ロッケンとミカキーノさん、そしてハーバーさんは同郷だったんです。ロッケンは師匠(わたしたち)の元を去った後、郷に帰りました。きっと別の仕事を探そうとしたんだと思います。だけどそれは叶わなかった……」

 再びロンボクの顔が歪んだ。

「……彼の郷は、小悪鬼(ゴブリン)の大群に襲われて、壊滅していたんです。五百匹を優に越える数だったそうです。わずか数十人の郷ではどうすることも出来ませんでした。郷の男達は勿論、女子供までも悉く殺されました」
「生き残りは?」

 壊滅といっても、生き残りが一人もいなければ、誰が襲ってきたのか、どれくらいの数が来たのかなど分かる訳もない。ロンボクは小悪鬼(ゴブリン)が五百匹だと説明した。ならば、生き残りが居る筈だ。

 しかし、ヒロにはその答えの察しがついていた。そしてロンボクの答えも予想通りのものだった。

「はい。二人だけ……。お察しの通り、ミカキーノさんとハーバーさんです」

 ロンボクは続ける。

「三人は必死に郷の人々を守ろうとしました。けれども、ミカキーノさんとハーバーさんは深手を負い、ロッケンは魔法を使える体ではなかった……。どうにもなりませんでした。全てが終わって、運良く生き残った三人は、血の涙を流して小悪鬼(ゴブリン)達への復讐を誓った。スティール・メイデンはそのとき生まれたんです」

 ヒロには言葉も無かった。スティール・メイデンが執拗に小悪鬼(ゴブリン)を目の敵にするのも、残虐に殺すのも、彼らなりの理由があったのだ。

「ミカキーノさんは郷を襲った小悪鬼(ゴブリン)を何体か斃していたのですけど、その戦利品の中にあの髑髏の指輪があったんです。最初はなんの指輪か分からなかったのですが、知り合いの賢者に鑑定して貰ったところ、マナを整えるマジックアイテムだと分かった。それをロッケンに渡したんです」

 ――マナの流れを制御する指輪。

 ヒロは思わず自分が填めている輪廻の指輪に手をやった。この異世界ではこの手のアイテムは結構あるのかもしれない。尤も、モルディアスは、ヒロに与えた輪廻の指輪(レンガス)を扱えた魔法使いは殆どいないと言っていたが。

「話のついでにもう少し聞かせてくれ。さっき、ロッケンが黒衣の不可触ブラックアンタッチャブル青の珠(ドゥーム)とかいう魔法を使うと言っていたように聞こえたが、一体何なんだ?」
「僕も師匠から聞いた話でしか知りません。青の珠(あれ)はマナを吸収・凝縮する魔法だと師匠が仰ったことがあります。大気のマナや生き物の体内マナ(オド)を吸い取る魔法なのだ、と。青の珠(ドゥーム)が発動すると、青い宝珠のようなものが現れ、周囲のマナを所構わず吸い込んでいくんだそうです。生き物が傍に寄れば、マナを吸い取られ、最悪は死に至る。恐ろしい魔法ですよ。僕は見たことはありません。まさか黒衣の不可触ブラックアンタッチャブル青の珠(その)の使い手だったなんて……」
「そういえば、スティール・メイデンと黒衣の不可触ブラックアンタッチャブルの戦いの一部始終を見た子が、そんな事を言っていた。黒衣の不可触ブラックアンタッチャブルが青い珠を出したって」
「恐らくそれが青の珠(ドゥーム)です。ロッケンは青の珠(ドゥーム)にミカキーノの体内マナ(オド)を抜き取られてしまうことを阻止したかったのでしょう。でも、だからと言って、自分の体内マナ(オド)を使ってしまうなんて……」

 ロンボクが唇を噛みしめる。いつも冷静な彼が感情の昂ぶりを抑えらないように見えた。それでも、ロンボクは二、三度深呼吸をして、自分を落ち着かせようとした。ヒロは少し待ってから訊ねた。

「ロンボク、スティール・メイデン(あいつら)が、黒衣の不可触ブラックアンタッチャブルを襲ったのは、やはり何処かからのクエストだったのか? 君は冒険者ギルドにはそんなものは出ていなかったと言っていたよな」

 先程、ロンボクがミカキーノとの会話で、黒衣の不可触ブラックアンタッチャブルの討伐というクエストはないと言っていたことをヒロは指摘した。クエストなしで襲いかかることがあるとすれば、個人的な恨みがあるか、または()()()()()クエストのどちらかだ。

「先程のミカキーノさんが呟いた通りだとすると、おそらくそうでしょうね」

 ロンボクはぽつりと答え、眉間に皺を寄せた。

「ヒロさんには、前にもお話したかと思いますけれども、クエストは冒険者ギルドに出すものだけではなくて、冒険者個人に依頼するものがあります。それは、学生は勿論ですが、冒険者でも、個人契約している代理人(マネージャー)を通じて行われるのが殆どです。しかし、その中には表沙汰に出来ないものもあります。例えば、他国に対するスパイ行為といった諜報活動に類するものです。当然、王国もその辺りは承知しています。其の為、王国は冒険者ギルドに直属の報告官を派遣、常駐させていますし、学生や冒険者の代理人(マネージャー)には、個別依頼されたクエストを領主または王国に報告する義務を課しています」

 そういうことだったのか。ヒロは心の中で唸った。

 言われてみれば、戦闘能力の高い冒険者を集めて王国に反旗を翻す輩が出てこないとも限らない。それを防ぐために冒険者に出されるクエストの内容を常日頃から把握しておくシステムを設けているということなのだろう。それは、領土を治める立場にしてみれば当然の処置だとも言えた。

「だけど、それでも捕捉できないクエストがあります。個人的な知り合いを通じて冒険者本人に直接依頼するケースです。それを僕ら冒険者仲間は『アンダーグラウンド』と呼んでいます」
「要するに、裏の仕事的なクエスト、ということか?」
「えぇ。内密に処理したい案件や、秘密アイテムの探索など、最初からなかったことにできるクエストですね。アンダーグラウンドともなると冒険者達(ぼくら)でも、それに手を染めない限り、実態を知る事はできません。けれども、伝説クラスのアイテムは、そうしたアンダーグラウンドの中で取引されると聞いたことがあります。つまり、それだけ危険なクエストだということです。普通の冒険者には縁のない世界ですよ」
「王国は裏の仕事(アンダーグラウンド)については、目を瞑っているのか?」
「さぁ、そこまでは……。ただ数としては、そう多くは無い筈ですよ。アンダーグラウンドが簡単なクエストである訳がないですから。当然それを受けられる冒険者も限られてきます。だけどスティール・メイデンの実力はウオバルの冒険者の中でもトップクラスでしたから、アンダーグラウンドの話があっても全然おかしくないと思いますよ」

 ――裏の仕事。

 本当に重要なものは人知れず取引されるということか。表だけでは決して知る事の出来ない世界があるという事実を告げられたヒロは、表の世界だけで元の世界に帰る方法を見つけることができるのだろうかと不安になった。だが、そんな心配はずっと先の話だ。まだ自分は冒険者に正式登録されたばかりの駆け出しだ。今は、この世界での生活基盤を築くことに専念すべきだ。ヒロはそう考えを切り替えた。

「そういえば、さっきミカキーノは『破魔の剣』とやらが手に入る筈だったとか何とか言ってなかったか。もしかしたら、それが伝説クラスのアイテムだったりするのか?」

 ヒロはロンボクとミカキーノとの会話で耳に挟んだ単語を思い出した。伝説クラスのアイテムがアンダーグラウンドのクエスト報酬になることがあるのなら、その剣がそうではないかと思ったのだ。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ