挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第二部:レーベの秘宝編

79/191

11-079.神官がいるといないとでは生存率が全然違ってきますからね

 
「ロンボク!」
「こんにちは。ここ、よいですか?」
「もちろん」

 声の主はロンボクだった。ヒロに断ってから対面に座る。

「ヒロさん、冒険者認定クエストはもうされましたか」
「お陰様で。昨日終えたばかりさ。一応正式登録して貰えたよ」
「それは良かった。これでヒロさんも晴れて僕達と同じ冒険者ですね」

 差し出したロンボクの手をヒロが握り返す。ヒロは少し大袈裟だと思ったが、これが此処の流儀なのかもしれない。

「ところでロンボク、この間待ち合わせていた仲間はいいのか? てっきりクエストをしに遠くに行ったとばかり思っていたよ」

 ヒロは散々待ち惚けを喰らったロンボクがやっとお目当ての仲間と合流できたのに、まだ此処にいることを不思議に思った。

「えぇ、そちらの用事は終わりましたから、御心配なく」

 そう答えたロンボクはヒロが一人であることに気づいた。

「おや、今日はソラリスも、小さなお嬢さん(リム)も居ませんね。お一人ですか?」
「ソラリス達は他の用事で出ている。俺は朝から図書館でね。ここで待ち合わせすることになってるんだ」
「そうですか。ところでヒロさん、聞きましたか?」

 ロンボクが身を乗り出す。ヒロにはもう何の話題か察しがついていた。

「スティール・メイデンのことかい?」
「その通り。ご存じでしたか」
「知ってるも何も、昨日、クエストの帰りにそのスティール・メイデンに会ってたんだ。彼らがやられる所は見てないけどね。黒衣の不可触ブラックアンタッチャブルとやらの姿はちらりとみたんだが」
「では、彼らが今どうなっているかも?」
「それは知らない。昨日酒場で、彼らと黒衣の不可触ブラックアンタッチャブルがバトルしたのを見た子がいてね。その話を聞いただけだよ。確か、戦闘が終わってから神官を呼んだとかいっていたが」
「えぇ。彼らはリーファ神殿に運び込まれ、治癒魔法を受けました。幸い命は取り留めたのですが、ダメージが酷くて、もう冒険者として復帰できないのではないかと言われています」

 この男(ロンボク)、相変わらず耳が早い。ここの冒険者は皆そうなのだろうか。一体、何処から情報を集めているのだろう。情報に敏感なことも冒険者に必要な資質なのかもしれないなとヒロは思った。

「そんなに重傷なのか。俺が聞いた話だと、外傷を受けたのは剣士と狩人の二人で、魔法使いは特に攻撃を受けてなかったそうだが」

 ヒロは昨晩、酒場で聞いた話を思い返した。

「魔法使い……ロッケンの事ですね。実は彼のダメージが一番大きいのです。オドが尽きかけていたそうです」
「オド?」
「あぁ、済みません。『体内のマナ』と言った方がいいですかね。魔法使いは、大気のマナと区別して『オド』と呼んだりもするんです」

 そういえば、モル爺さんもそんなことを言ってたっけ。モルディアスから指輪を貰ったときの記憶がヒロの頭を掠めた。

「俺は、魔法使いで冒険者登録をしてはいるが、魔法については殆ど何も知らないんだ。オドが尽きると命に関わるから普通は魔法には使わないと聞いているが違うのかい?」

 ヒロはモルディアスから教えて貰ったことを口にした。

「仰るとおりです。迷宮(ダンジョン)探索といった特殊な例を除いて、魔法発動に自分のオドを使う事はあり得ない。魔力を殆ど消費しない極々小規模の魔法ならオドを使っても大丈夫ですけど、中級魔法以上にオドを使ったら只ではすみません」
「俺が聞いた話だと、魔法弾(マジック・ミサイル)魔法多弾頭弾(ノードーン)とかいうのを使ったらしいが」
魔法多弾頭弾(ノードーン)は上級魔法です。大量の魔力を消費しますが、そもそもあれを使える魔法使いからしてそうはいません」
「じゃあ、(ロッケン)は、その魔力を大量消費する上級魔法を自分のオドで発動したということかい?」
「分かりません。普通は絶対にそんなことはしません。でも、まさか……」

 ロンボクの顔色がみるみる曇っていく。ロキ、と小さく呟きながら、ロンボクは眉間に皺を寄せて苦しそうな表情を見せた。その姿はまるで触れられたくない過去と闘っているかのようにも見えた。

「……怖いものだね。でも、黒衣の不可触ブラックアンタッチャブルって一体何者なんだ?」

 ヒロはそんなロンボクを見て慌てて話題を変えた。昨日の酒場でも話題になった事をロンボクにぶつける。情報通らしいロンボクなら何か知っているかもしれない。そうヒロは思った。

「申し訳ない。僕も知らないんです」

 ロンボクは少し肩を竦めて、ヒロに詫びた。

「そうか。ロンボク、昨日の酒場で聞かれたときも誰も知らなかったんだ」
「そうでしょうね。黒衣の不可触ブラックアンタッチャブルの正体を知る者は誰もいない。ただ、リーファ神殿の高位の神官(ハイプリースト)ではないかとはいわれていますね」
高位の神官(ハイプリースト)?」
「ヒロさん、貴方が信じる神が何かは存じませんけど、大陸の殆どの民はリーファ神を信仰しています。大陸各地の大都市にはリーファ神を奉る神殿があり、それらは神官が守っています」
「神官? 神殿は都市の守備隊が護ってくれるんじゃないのか?」

 いえ、とロンボクは、ヒロの疑問に首を振った。

「リーファ神殿は租税を免除されている代わりに、国の保護が受けられません。寄進を受け独自の領地を持つ彼らは自分の安全は自分で護らなくてはならないのですよ」

 ――僧兵。

 ヒロは高校時代に習ったことを思い起こした。確か中世の日本でも荘園を持つ有力な寺社には財産を護るための僧兵がいた。

「神官は身を守るために魔法を使いますけど、専ら防御魔法が主で攻撃魔法は殆ど使いません。やはり神官ですから相手を無闇に殺めることは、憚られるでしょう」
「だから防御魔法を?」
「ええ。リーファの神官達は防御に特化した魔法研究を続けていて、その成果は代々受け継がれてきました。中には彼らしか知らない奥義もあると聞きます」
「もしかして彼らはこの都市(ウオバル)と敵対しているのかい?」
「いいえ。両者の関係は良好です。ただ税を納めないというだけですよ。彼らはウオバル大学とも関係が深く、力のある高位の神官(ハイプリースト)は、特別講師として招かれたりもしています」
「そうなのか」
「ある意味、彼らは自立しているのですよ。フォス王国の法に縛られない代わりに保護も受けない。もっとも彼らの内規とて、王国法を踏襲してますからね。住人にとってはあまり変わりませんよ」
神官(かれら)は冒険者にはならないのかい? それほど防御魔法に優れているのなら、どこのパーティも欲しがりそうに思うが」
「仰るとおりです。元々神官職は回復魔法(ヒーリング)が使えることが前提ですしね。聖騎士も回復魔法を使えなくもないのですけど、精度も力も神官には及びません。神官になるにはリーファ神殿の大司教の認可が要りますから、それほど沢山居る訳ではありません。実際、神官を仲間にしたがっているパーティは多いですよ。中には毎日銀貨一枚の高額報酬で神官を募集しているパーティもあるくらいですから」
「ふ~ん。貴重な存在なんだな。俺はどのパーティにも一人は神官がいるものとばかり思っていたよ」

 ヒロの言葉にロンボクは、まさかと苦笑する。

「ヒロさん、貴方がどこかのパーティに入ることがあるときは、メンバーに神官がいるかどうかを確かめておくことをお勧めしますよ。神官がいるといないとでは生存率が全然違ってきますからね」

 ロンボクのアドバイスに礼を言うヒロの前に影が落ちた。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ