挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら最強の魔法使いになってしまった件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第二部:レーベの秘宝編

78/113

11-078.ヒロさんに言伝がありました

 
 ――冒険者ギルド。

 ヒロは図書館からの帰りに冒険者ギルドに立ち寄った。ソラリスと昼過ぎに待ち合わせをすることになっていたからだ。ギルドのフロアを一通り見渡す。ソラリスの姿はなかったが、ヒロは直ぐに会えるとも思ってはいなかった。

 この世界には時刻という概念が存在しない。否、一日を何等分かに区切って目安とし、互いの行動の基準にするという慣習がないといったほうがより正確だろう。この世界の一日は太陽の動きを基準とし、日が昇るとき、中天にあるとき、陽が沈むときという具合に大雑把に昼を三等分している。

 朝といえば日の出から正午までの間、昼は正午から日没まで、夕は日没少し前から薄暮が完全に消えるまでといった具合だ。ヒロはこの世界に来てから、周囲の話す内容や体感でその事を掴んではいたが、このペースにはまだ慣れない。

 図書館を出たときは、太陽は丁度、頭の真上にあったから、この世界の基準では今から()の扱いだ。

 ソラリスの言った待ち合わせの時間は昼過ぎ。つまり、最大日没まで待つことになる。ソラリスは、ヒロが図書館に行っている間に仕事の口利きをしておくと言っていたが、どれくらい掛かるかまでは言わなかった。

 ソラリスは期待するなと言った。普通に考えればそれも当然のことだ。何処の馬の骨とも分からない者をいきなり雇ってくれるところなどそうそうある筈もない。自分一人で探すのなら尚更だ。それだけに、ウオバル(この町)でも顔が広いと思われるソラリスが自分の代わりに仕事を探してくれるだけでも有り難いとヒロは思っていた。

(……そういえば、冒険者も仕事のうちだよな)

 ふと独りごちる。

 そもそも、冒険者登録できたのだって、ソラリスが勧めてくれたからだ。無論、ソラリス自身がヒロを冒険者にしたがっていたこともあるのだろうが、冒険者とてこの世界では立派な職業だ。その意味ではヒロは既に仕事を見つけているともいえる。

(仕事がない、なんて文句を言ったらばちが当たるな)

 ヒロはクスリとした。やりたい職種でなくとも、とりあえず手をつけられる()()があるだけ有り難いことなのだ。たとえ報酬が少なくとも、得られる手段があるとないとでは大違いだ。ヒロは、この間の手紙を届けるといった簡単なクエストがないか聞いてみようと、真っ直ぐに受付に向かった。

「こんにちは、ヒロさん。今日はお一人ですか」

 受付のラルルがいつもの人懐こい笑顔を見せる。

「待ち合わせさ。待ってる間にこの間のようなクエストがないかと思ってね。掲示板から探せればいいんだけど、字が読めないんだ。何かいいのはないかな」
「あ、そうなんですか。この間というと、配達のクエストですね」
「うん」
「え~と。あったかな~、ちょっと待ってて下さいね」

 ラルルは掲示板の前にいき、ずらりと掛かっている蝋板(ワックス・タブレット)を丹念にみる。やがてラルルは一息大きく息をついてからカウンターに戻ると、後ろに積んである蝋板(ワックス・タブレット)の山を一つ一つチェックし始めた。山の間には丸めて紐で縛った羊皮紙も何本かあったのだが、それも広げて中を確認している。

「ごめんなさい。ヒロさん、今はないですね。モンスター討伐ならいくつかありますけどどうします?」

 ヒロに向き直ったラルルは申し訳なさそうな顔をした。そこまで真剣に調べてくれるとは思っていなかった。ヒロの方が逆に恐縮してしまった。

「いや。止めとくよ。其処までのランクがあるわけでもないし、パーティに参加もしていないからね。調べてくれてありがとう」

 礼をいってカウンターから離れようとしたヒロをラルルが呼び止める。

「あ、ヒロさん。大事な事をいうのを忘れてました。ヒロさんに言伝(ことづて)がありますよ」
「え?」
「シャローム商会からです」

 ラルルは手のひらサイズの小さな蝋板(ワックス・タブレット)を取り出すと、その中身を読み始めた。

 ――七日後の日没前、八蓮月の十日にお会いしましょう。シャローム・マーロウ。

「戴いたのは一昨日なので、今日からだと五日後ですね。ヒロさん。シャロームさんとお知り合いだったんですか?」

 ラルルは吃驚したような顔をしている。

「ちょっとした縁でね」

 シャローム商会を訪ねたときには一言も言わなかったのに、なぜ自分が冒険者だと知っているのだろう。ヒロは不思議に思いながらも、ラルルに尋ねる。

「彼はそんなに有名なのかい?」
「はい。目下売り出し中の商人ですよ」

 ヒロはラルルからシャローム商会の説明を聞いた。商会そのものは古くからあったのだが、十年前にシャロームが先代の後を継いでからは、ただの一商会であったシャローム商会を急成長させたのだという。今ではウオバル周辺だけでなく、近隣の城塞都市とも活発に取引を行っているのだそうだ。

「へぇ。実は数日前にシャローム商会に行ったんだ。売り出し中という割には、建物はこじんまりしていたけどな」
「そこがシャロームさんが他とは違うところなんですよ。内装を少し変えるくらいで、建て替えはしないんだそうです。先代から継いだ建物だからって」
「そうなんだ」

 一代の大商人か。やはりシャロームは只者ではないようだ。

「ラルル、伝言ありがとう。今日はここで待ち合わせしたいんだけど、いいかな」
「はい。何もありませんけど、どうぞごゆっくり」

 ヒロはラルルに礼を言うと、空いたテーブルを見つけ、椅子に腰掛ける。フロアはいつものように他の冒険者で賑わっていたのだが、その賑わいの大半はある一つの話題で占められていた。

「おい聞いたか」
「あぁ。あいつらがやられるとはなぁ」
「ミカキーノもこれで終わりかな」

 隣のテーブルから冒険者達の噂声が聞こえてくる。スティール・メイデンが黒衣の不可触ブラックアンタッチャブルにやられた件だ。やはり噂になっていたか。昨日の酒場もこの話題で持ちきりだった。増してや冒険者ギルドで話題にならないわけがない。それ程この界隈の冒険者達にとって衝撃的な事件だったということだ。

「ヒロさん」

 ぼんやりと噂話に耳を傾けていたヒロに声を掛ける者がいた。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ