挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら最強の魔法使いになってしまった件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第二部:レーベの秘宝編

75/125

10-075.ウオバル図書館

 
「図書館はここでいいのかな」

 順番が来たヒロは開口一番尋ねた。

「はい、そうです」

 カウンター越しに受付の娘が答える。ショートカットに揃えた黒髪に白い肌。大きな瞳が知的な光を湛えている。白いシャツは正面のボタンで止めるタイプで、この世界ではあまり見かけない服装だ。どちらかといえばヒロの元の世界でいうカッターシャツに似ている。襟は無かったが。

「読み書きを勉強したい。ぜんぜん読むことも書くこともできないんだが、いい本はないかな」
「ウオバル大学図書館は初めてですか?」
「うん」
「本日は午前だけの開館ですがよろしいですか?」
「手頃な本が見つかりさえすればいい。それで十分だ」
「そうですか、では」

 娘は手元のベルを摘んで、チリンチリンと二度鳴らした。直ぐにカウンターの奥から人が出てきて、ヒロの隣に来た。十歳くらいの少年だ。

「彼に案内させましょう。セイン、お願いね」

 娘は少年に声をかけた。

「僕の名はセイン。図書館を案内するよ、ええと……」

 少年の言葉をヒロが継いだ。

「俺の名はカカミ・ヒロ。ヒロでいい」
「じゃあ、ヒロ、こっちへおいで」

 ヒロはセイン少年の後に続いた。

 図書館の建物に入るとそこは大きなホールだった。吹き抜けの高い天井は青空を描いた壁画となっていた。左右には金の装飾が施された螺旋階段があり二階、三階へと続いている。四階へ行く階段は見あたらなかったが、四階部分には大きな窓がいくつも設けられていて、十分な光が入ってくる。窓の下半分は透明で、上半分には色鮮やかなステンドグラスがはめ込まれていた。ステンドグラスを通過した外光は、七色に変化して大理石の床を彩っている。 

 三階から下の周囲の壁にはびっしりと書架が並べられていた。ホールから見える部分でこの規模だ。一体どれほど蔵書があるのかちょっと見当もつかない。

「ヒロ、ウオバルの図書館は初めてかい?」

 セインが振り向いた。

「ああ、正直驚いたよ。ここまで揃えてるなんて」
「でしょ。ウォーデン卿(りょうしゅさま)が兎に角、本が好きなんだ。世界中の本を集める積もりだって(ウオバル)中の評判だよ」

 セインは両手を広げて見せる。その顔はどこか誇らしげだ。

「セイン、君は図書館(ここ)で案内の仕事をしているのかい?」
「うん。僕も本が大好きなんだ。田舎の村から出てきたんだけど、本が読みたくてうろうろしてたら、ここの館長が拾ってくれたんだ。手伝いしながらいくらでも本が読めるし、いうことなしさ」
「へぇ。セインは何歳(いくつ)なんだい?」
「十一歳。ここにきてもう四年になるよ」
「親御さんもウオバル(ここ)に住んでいるのかい?」
「ううん。住んでるとこは、ウオバルの近くのバンガルって村だけど、毎朝、父ちゃんが虹の広場(ここ)で露店をやってるんだ。僕は図書館(こっち)に住み込みだけど、今の季節なら三日に一回は会ってるから平気だよ」

 セインは目をキラキラさせて答えると、ヒロに質問を返した。

「ヒロ、ヒロは何処から来たの」
「俺かい。遠い東の国さ」
「なんて国?」

 ヒロの咄嗟の、ある意味で定番の答えにセインは躊躇無く突っ込んでくる。好奇心旺盛な子だ。

「……、ニホンっていうんだが、知らないよな」
「聞いたことないよ。大陸にそんな国あったかな~」
「大陸から離れた島国だからね。知らなくても無理ないさ」
「じゃあさ、海を渡ってきたの。本で読んだことはあるけど、見たことないんだ。教えてよ」

 ヒロは、内心冷や汗を掻きながら、海について説明した。ヒロの記憶にある海は、フェリーで瀬戸内海を行き来した程度の穏やかなものだ。大洋の荒波を越えた経験がある訳じゃない。セインくらいの歳の子は、聞いたことは直ぐに覚えて吸収してしまう。この歳で図書館の案内を任されるくらいだ。きっと物覚えもいいだろう。ここは大陸であり、周りに海があることはソラリスから聞いていたが、元の世界の海と同じである保証はない。一通り説明しながらヒロは、余り喋らないほうがいいなと思った。

 ヒロの説明をじっと聞いていたセインは、握り拳を作って人差し指の腹を唇に当て、何かを思い出すかのようにじっと考えていたが、直ぐに瞳をヒロに向けた。

「ヒロが渡ったのは、バルバルの海かな。うん。大陸の東の海って書いてあった。その向こうに島があるとは書いてなかったけど。浅瀬の穏やかな海で、魚が一杯穫れるんだって」
「う、うん。セインは勉強家だね。セインは大きくなったら何になるんだい?」

 危ない。これ以上迂闊に喋ると矛盾が出てくるかもしれない。ヒロは話題を逸らした。

「ありがとう。僕は将来、此処の大学で勉強して学者になるんだ」
「そうか。今から勉強すればきっと成れるさ」
「うん」

 セインはヒロをホールの奥へと案内した。 

「ヒロ、君が良ければ図書館の中を一通り案内するし、お目当ての本が早く読みたいならそこに案内するよ。どっちにする?」
「そうだな。一通り案内をお願いできるかな」
「分かった。任せて」

 セインはヒロを先導して建物の奥へと導く。ヒロはセインの背中を見ながら、もしリムを連れてきていたらどうなっていただろうかと想像する。セインはリムと同じくらいの歳だ。仲良くなるだろうか。いや、リムが幼いのは見かけだけで、実年齢はずっと上の筈だ。確かにリムの屈託のなさは幼い子供のようだ。しかし時折見せる大人びた表情や言葉は十年や二十年で培えるものではないように思える。

「ヒロ、こっちだよ」

セインの声に、ヒロは余り実りあるとは言い難い、自分の思考を打ち切った。

 ホールの奥には開け放たれた扉があり、その先は廊下になっていた。廊下の両脇はいくつかの小部屋に仕切られている。

「こっちの部屋には歴史の本、こっちは地理だね」

 ヒロは、セインが指さした小部屋に顔を向けた。部屋には当然ながら書架が並べられていたが、間隔はゆったりと取ってある。書架は天井まで届く高さがあったが、脇に木で出来た脚立と、背もたれのない座面が丸い椅子が置いてあった。いくつかの椅子には人が座って熱心に本を読み込んでいた。

 右側をさしたセインの指が反対側を向く。

「こっち側は剣術の本。魔術の本は少ないけどね」
「なぜ少ないんだ。ここの大学は魔術も教えているんだろう?」
「後で教えてあげるよ」

 セインは奥へ奥へと入っていく。廊下の突き当たりにきて、セインが足を止める。その目の前に、紋章のついた銀色の扉があった。こちらの扉は閉まっていた。

この扉(ここ)から先は、入室禁止。入れるのは大学の学生と教官だけ。魔法の本の殆どはこの中なんだ。魔法はちゃんと使い方を学ばないと危険だからね。普通の人は読むことはできないんだ」
「なるほどね」

 当たり前に魔法が存在しているかのように見えるこの世界でも、やはり魔法は特別なのだ。ヒロの心に微かな迷いが生まれた。ヒロは魔法使いのモルディアスが呉れた指輪の御陰で、苦もなく魔法が使えるようになった。だからといって、こんなに簡単に使ってよいのだろうか。今のヒロの魔法は自己流だ。無論、モルディアスに魔法を習う積もりではいるが、彼は魔法の()()()使い方を教えてくれるのだろうか。

 確か、この都市(ウオバル)では、魔法使いは黄の路(フラー・ウィア)に住んでいる筈だ。ソラリスはそう言っていた。だがモルディアスの住処はウオバルから外れた森の中だ。あんなところに住んでいるところから察するに、実はモグリの魔法使いなのではなかろうか。そんな考えさえ頭を()ぎる。

「次は二階だよ。付いてきて」

 セインは元来た廊下を戻る。ヒロは(かぶり)を振ってセインに続いた。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ