挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第二部:レーベの秘宝編

57/200

8-057.今は葡萄酒で勘弁しといてやるよ

 
 ヒロ達三人は、ウオバルの街をぶらりと散策した。特に目的がある訳ではなかったが、まだ来たばかりで良く知らない街の様子を知っておきたかった。賑やかな人通り、立ち並ぶ商店。大学に向かう学生らしき若者に冒険者達。活気のある街だ。統治が上手くいっているのだろう。皆の顔が生き生きとしている。

 ヒロはウオバル(このまち)を拠点に生活するのも悪くないと思いながら、夕方、宿に戻った。

宿といっても半ば下宿のようなもので、長期宿泊が可能だ。四階建ての四階部分を改装した六畳くらいの部屋が二つ。ヒロ達は何件か当たった末、半年以上の長期滞在を条件に、格安な此処を常宿とすることにしたのだ。

 宿の主人はウオバルの大学の学生相手に長くやっているらしく、毎日のように新しい客を迎えるよりは、気心の知れた相手に長く泊まって貰ったほうが良いと言っていた。その方が手間が掛からないのだそうだ。その代わり、食事は一切なし。食べたければ、自前で食材を用意し、自分達で調理しなければならない。炊事場は貸してくれる。食材は、虹の広場の朝市で、調達できるから特に不便はない。但し、主食のパンだけは、パン焼き用の竃が、ウォーデン卿の居城にしかないため、そこまで足を運ばなければならない。もっとも、その日に食べる程度の分量であれば朝市で入手できるから、わざわざ本人が出向いてパンを焼くケースは少ない。

 部屋は、相部屋を想定していたらしく、ツインのベッドに小さめのテーブルと椅子が二つ。ベッドといっても木枠の中に干し藁を敷き詰めてシーツを掛けたものだし、椅子は四つ足のそれではなく、長持ちを正方形にカットした程度のものだ。

 ヒロは二つある部屋の内、一つは自分で使い、もう一つはソラリスとリムにあてがった。しかし、ソラリスとリムが自分達の部屋に居るのは寝るときだけで、それまではヒロの部屋に入り浸っていた。ソラリスとリムは、ヒロの部屋に自分達の部屋の椅子をちゃっかり持ち込んでいる。

 ――ぱくぱく、もぐもぐ。

 リムは美味しそうに団子(キビエ)を食べていた。ヒロがリムと初めて出会った落とし穴でリムに食べさせた団子だ。テーブルに山と積まれているため、リムの姿が隠れてしまっている。

 ヒロは、ウオバルの街中を見回るついでに、夕食の代わりにと、露天で団子(キビエ)を大量に買い込んできたのだ。ソラリスによると、団子(キビエ)は、普段から食べられている一般的な食べ物であるが、携帯食としても優れていることから、長旅の道中ではほぼ必須のアイテムとなっているという。

 ヒロが団子(キビエ)を買い込んだ理由はもう一つある。ヒロがモルディアスから魔法を習う代償として要求された、リムがモルディアスの世話をする件だ。この問題は結局、毎日団子(キビエ)をリムに()()()することで解決した。

 リムは遠慮なく、団子(キビエ)を口一杯に頬張っている。その顔は当然の権利だと主張していた。

 ヒロも山から団子(キビエ)一つ摘んだ。鼻に僅かな草の香りが抜けていくがそれだけだ。相変わらず味がない。この世界の住民の味覚がよく分からない。味のない団子を食べるかと思えば、胡椒入りの激辛ワインや蜂蜜でも入っているかのような激甘ワインを平気で飲んでいる。丁度良い塩梅がないのだ。もし、この団子に餡子や黄粉(きなこ)が掛かっていたら、リムはどんな顔をするのだろうとヒロは思った。

「ヒロ、エマに行くのは明日かい?」

 ソラリスが声を掛けた。ヒロが正式に冒険者になるための配達クエストのことだ。その顔には自分もついていくと書いてあったが、ヒロ達は、そのエマから此処ウオバルに着たのだ。エマへの道は分かっている。来た道を逆に辿ればよいだけだ。ヒロは案内は要らないとばかり手を振った。

「うん。俺だけで行けると思う。(ソラリス)の怪我もあるしね。どうかしたのか?」

 ヒロはエマへ配達して帰ってくるだけなら、三人でいくこともないと考えていた。ソラリスはかすり傷といっていたが、無理することもないだろう。ソラリスとリムに余計な負担を掛けさせたくないという気持ちもあった。

「また黒曜犬に出喰わしたらお前だけで捌けるのか? モンスターは黒曜犬だけじゃないんだよ。それに……」

 ソラリスは、テーブルに手を突くと、ずいと顔をヒロに近づけてニヤリと笑った。テーブルの山から団子(キビエ)が一つ転がり落ちたがリムが落ち着いてキャッチすると自分の口に案内する。

「冒険者ならそれなりの装備が要る。あたいを連れてけば、カタッダのとこで安く手に入るぜ」

 ソラリスの言うことは尤もだった。指輪の力で魔法が使えるようになったとはいえ、それで全て解決すると考えるのは傲慢だ。異世界人であるヒロには、まだまだ知らない危険がいくらでも転がっていると考えるのが妥当にも思えた。確かに戦力は多いほうがいい。それが土地勘のある冒険者なら尚更だ。

「いいのか? 報酬なんて知れてるぞ」
「後で熨斗つけて返して貰うさ」
「そいつは怖いな」
「へへっ。今は葡萄酒(こいつ)で勘弁しといてやるよ」

 ソラリスは、テーブルの水筒から、銅のコップに葡萄酒を並々と注ぐとグイと煽った。空になったコップに再び葡萄酒を満たすとヒロに渡す。ヒロは黄金色の液体の入ったップを受け取ると、ほんの一口だけ含んだ。胡椒は入っていないが物凄く甘い。やはり蜂蜜か何かを足しているとしか思えない。

「なぁ、ソラリス。一昨日、此処の酒場で俺の事を冒険者に向いていると言ってたよな。本当に俺が冒険者になれると思うかい?」

 ヒロはコップをテーブルに置くと、右手を額にやった。昨日の出来事を思い出す。とりあえずの便宜のために冒険者登録をしたはいいが、まだクエストをこなした訳ではない。今のヒロは公式には、仮の冒険者に過ぎない。たとえ、手紙をエマに届けるクエストを無事に達成して正式な冒険者になれたとしても、今回のような簡単なクエストがいつもあるとは限らない。

 そもそも配達なんて、その難易度からみて報酬など多寡が知れている筈だ。とても配達クエストだけで生活できるとはヒロには思えなかった。もしも、冒険者で生計を立てるのなら、いつかはモンスター狩りなどの高難易度のクエストをしなくちゃいけなくなるのは避けられない。昨日、モルディアスの所に現れた魔物にしても、モルディアスを含めた四人が力を合わせてようやく倒したのだ。あんなのを狩っていかないといけないと考えただけで気が滅入る。ヒロは自らの不安を正直に口にした。

「……なれるね。お前(ヒロ)が魔法を使いこなせるようになったらね。あの爺さん(モルディアス)がどこまでアテになるか知らねぇけどよ。あたいは魔法を使えないから、ヒロが魔法使いになれるかどうか分からないよ。でもよ、ちゃんと習うなら大学に行った方がいいんじゃないのかい?」
「それも考えたさ。だが、身元引受人の紹介状と願書がいるんだろう。願書は誰か代理人を雇うとしてもだ、身元引受人がそう簡単に見つかるとは思えない。ソラリス、君が俺の身元引受人になってくれるのかい?」

 ヒロはソラリスに質問を投げ返した。昨日、冒険者ギルドで知り合ったロンボクに教えて貰ったところによると、ウオバルの大学に入学するためには、身元保証の為に身元引受人の紹介状と、入学願書を用意しなければならない。このうち願書については専門の代理人(マネージャー)に依頼することで手当はつくが、紹介状はそう簡単に貰えるものではない。自分を良く知る人物でなければならないからだ。

「……残念だけど、無理だね」

 ソラリスは少し考えてから答えた。
 

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ