挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら最強の魔法使いになってしまった件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第二部:レーベの秘宝編

56/113

8-056.あと一回騒ぎを起こしたら冒険者資格停止ですよ

 
「止めてください、こんなところで。ミカキーノさん、貴方、降級点持ちでしょ。あと一回騒ぎを起こしたら冒険者資格停止ですよ!」

 奥から戻ってきたラルルが叫んだ。手にした鉄筆をミカキーノと呼ばれた銀のアーマーの男に向けていた。彼女の目が絶対に許さないと警告している。可愛らしい見た目からは想像できない毅然とした対応だった。

「へっ。命拾いしたな。運の良い奴だ」

 大剣を背にした男は、手を上げて黒マントを制すると、カウンターに向き直って、ラルルから換金された報酬を受け取った。

「ソラリスもそんな奴らに構ってねぇで、俺んところに来いよ」

 そう言い残して、銀のアーマーに身を包んだ男は、これ見よがしに背中の大剣を見せつけながら、黒マントと弓矢の男を引き連れフロアから出て行った。

「彼は?」

 ヒロがソラリスに尋ねる。

「ここを拠点としている、パーティ『鋼鉄の処女(スティール・メイデン)』さ。さっき話してた奴がミカキーノ、剣士だ。もう一人の黒マントが魔法使いのロッケン、最後の一人が狩人のハーバーだ。ここで……」

 ソラリスがロンボクを見る。

「一番稼いでるパーティです」

 ロンボクがソラリスの言葉に付け加えた。

「資格停止とかなんとか……」
「正式登録後に御説明しようと思っていたのですけれども……」

 ヒロの疑問にラルルが恐縮した表情で説明をしてくれた。

「冒険者ギルドに登録しているパーティはその実績に応じてランクが付加されます。パーティはランク(ごと)にクラス分けされます。クラスは六つあり、下からフリー、C2、C1、B2、B1、Aとなっていまして、一番下のフリー以外は定員が決まっています。フリー以外の各クラスは、毎年の獲得報酬金額順に順位を付け、各クラスの最下位はひとつ下のクラスの最上位と入れ替え戦を行います。勝てば一つ上のクラスになり、負ければクラスが下がります」

 ――冒険者のランキングシステム。

 おそらくこうすることで、冒険者の質を維持しているのだろう。厳しい競争システムだが合理的だ。競争は勝者と敗者を生むが、全体を底上げするには有用な面がある。大切なのは何度も挑戦できる機会があることなのだ。

「クラスにはどれくらいのパーティがいるんだ?」
「先ほど申し上げましたとおり、フリークラス以外は定員が決まってます。C2、C1が各三十組、B2、B1が各二十組、Aは十組です」
「じゃあ、此処(ウオバル)にもAクラスのパーティが十組いるんだね」
「いえ。ランキングシステムは、王国全土の冒険者ギルドで行っているものでして、ウオバルのギルド(ここ)にはAクラスに所属するパーティは一組もいないんです」
「王国一の大学があるんだろう、そんなに厳しいのか?」

 ヒロの後ろからソラリスが声を掛ける。

「前にも言ったろう。ヒロ。ここの冒険者は大学を卒業できなかった半端者が多いんだ。Aクラスになれるような奴らはみんな大学に行っちまってるのさ」

 ソラリスの説明をラルルが引き継ぐ。

「クエストでも、本当に高難易度のクエストは、此処のギルドに出さずに、代理人を通じて大学生に直接依頼することもあるんです。受ける受けないは、代理人と学生さんの判断なのですけれども、受けるときには学生の友人達と即席のパーティを組んでクエストを行うことが多いようですね。難易度が高いだけあって、報酬もよく、学生達ではいい小遣い稼ぎになっているようです」
「そうなのか。じゃあ、あいつら(スティール・メイデン)は、どのクラスなんだ?」
「C2です」

 ヒロの当然の質問にラルルがあっさりと答える。

「一番稼いでいるのに?」
「問題を起こすとペナルティとして降級点一点がつきます。累積二点で降級です。『スティール・メイデン』は実力はあるのに問題ばかり起こしてますから」
「ソラリスは?」
「あたいはフリーだよ。パーティ入ってねぇから」
「ソラリスさんが僕達のチームにいた頃はB1まで行ったことがあるんですけどね。とても頼りになる剣士でしたよ」

 ソラリスの言葉にロンボクが付け加える。

「昔のことだ。それにもう剣士じゃねぇよ」
「今はどうなんだ? ロンボク」
「C1とB2を行ったり来たりですよ、何ならメンバーを募ってるパーティを紹介してもいいですけど、どうしますか?」
「よしてくれ。俺はまだ冒険者にもなってない。承認クエストもやってない仮登録の身だ。申し出は嬉しいけれど、今は遠慮させて貰うよ」

 そんな事はないとばかり、ヒロに語りかけようとしたロンボクだったが、その(ロンボク)に声を掛ける四人組の集団があった。みな甲冑を着こんでおり、剣を帯びている。どうやらロンボクが今朝から待っていたパーティ仲間が到着したようだ。

「あぁ、待ち人がやっと来ましたよ。残念ですが、もう行かなくちゃいけない。では、ヒロさん、またの機会に」
「ありがとうロンボク」

 ヒロは、ロンボクの伸ばした手をがっちりと握る。

 「ロンボク、あんがとよ」

 ソラリスがロンボクに礼をいう。ロンボクはどういたしまして、とソラリスに軽く挨拶をして、彼のパーティの輪に戻っていった。

 「さて。これからどうする?」

 ヒロはリムとソラリスに声を掛けた。配達クエストをこなすにしても、今からだと途中で一泊しないといけない。ここで一泊して日帰りするか、エマで一泊して戻ってくるか。エマで一泊の方が楽は楽だが、この間のように宿を取るのに苦労するかもしれない。やはり宿が取れている此処(ウオバル)で一泊して、明日朝早く出発。万が一宿が取れなくても、日帰りできるようにしておいた方が良さそうだとヒロには思えた。

 「ヒロ様、これからエマに行くのですか?」

 ちょっと思案気なヒロに気づいて、リムがくりくりした金色の瞳を向ける。

 「いや、エマ(むこう)で宿がないと困る。明日朝早くにしよう」

 ヒロはリムに軽く頷いてみせると、ソラリスを見上げた。

 「今日は、ウオバルの街中をちょっと歩いてみたい。付き合ってくれるかい?」
 「仕様がねぇな。まぁいいさ」

 ソラリスの承諾に済まないなと答えたヒロはリムをみて、

 「こっちは、当然ついて行くって顔してるな」

 と、今度はリムの頭を撫でた。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ