挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第二部:レーベの秘宝編

55/190

8-055.三人の冒険者

 
「こんにちは。カカミ・ヒロ様」

 明るい声がヒロを迎える。ギルドの看板受付嬢のラルルだ。昨日初めて会ったばかりなのに、ヒロの名前をフルネームで覚えていた。しかも性名の順で。ワープロばかり使っていると、漢字を忘れてしまうなんてことはよくあるが、紙という存在が貴重なこの世界では、余程重要な情報でない限り、書き留められる機会は少ない。その分、人の記憶に頼らざるを得ないのだが、受付嬢のラルルはその職務柄の所為(せい)なのか記憶力が抜群にいい。

 ヒロ達の前に何人もの冒険者と応対していたのに、ラルルは疲れた様子も見せなかった。

「もっと早く来る積もりだったんだけど、寝坊しちゃってね」

 ヒロの挨拶は半分本当だった。昨日、モルディアスの小屋で魔物との戦った後、宿に戻ったのはちょうど日沈の頃。疲労を考え、明日は昼からにしようとヒロが提案した。尤も、寝坊をしたのはリムだったのだが。

「ラルル、何かいいクエスト見つかったかい?」

 ラルルは後ろを振り返って、机の上から一枚の蝋板(ワックス・タブレット)を取ると、ヒロに見えるようにカウンターの前に置いた。その板の右下隅には、昨日、ヒロが掘った木片を押し当てた印章(サイン)がついていた。

「いいのがありましたよ。配達です。ヒロ様。昨日、冒険者ギルドに仮登録を行わせて頂きましたけど、今日から七日以内に、手紙の配達(クエスト)を行っていただきます。クエストの完了を以て、正式登録とさせていただきます」

 ラルルは蝋板(ワックス・タブレット)をヒロに見せながらにこりとする。

 次いで、ラルルは、ヒロの返事も待たずに、カウンター脇の袖机の引き出しを開けると、流れるような動作で、一枚の羊皮紙を取り出す。細長い木箱の中に手紙を畳んで仕舞うと、細い紐をぐるりと一周廻して縛り、結び目に蝋を垂らして封をした。

「こちらの手紙をエマの街の冒険者ギルド事務所に届けて、受取証を持ち帰ってください。それでクエスト完了になります。報酬はこちらで受取証を確認させていただいた後に御支払いいたします」

 手紙の入った木箱を受け取ったものの、事情が呑み込めず困惑しているヒロを察して、ラルルが補足する。

 エマの街はつい昨日までいたところだ。片道四半日、届けて帰って来るだけなら日帰りも可能だ。ヒロがソラリスを見ると、彼女は当たり前だという顔でウインクした。どうやら拒否権はないらしい。

「分かった。七日の内にだね」
「はい」

 木箱を眺めながら答えるヒロの後ろに人影が現れた。


◇◇◇


「おい。邪魔だ退()け」

 後ろからヒロの肩を掴んで脇に押しやる手があった。ヒロが振り向くと、三人の冒険者と(おぼ)しき男がいた。

 ヒロを押しのけた男は、くすんだ銀色のアーマーに大剣を背にしていた。背丈はソラリス程ではないが、ヒロよりは高かった。男のよく発達した筋肉がアーマーの隙間から覗いている。相当鍛えていることが窺えた。前髪で隠れていない方の眼光は全てを拒絶するかのように鋭かったが、その瞳にはどことなく濁りがあった。やや高めの鷲鼻に薄い唇、尖った顎。一度見たら忘れない顔だ、とヒロは思った。

 もう一人は痩せた男。黒いマントで全身を覆っている。先の尖った大きな三角帽を深く被っていて、顔はよく見えない。右手の親指に髑髏の指輪をしている。全身から不気味さを漂わせるその風体は『暗黒の魔導士』と呼ばれてもおかしくない程だ。

 最後の一人は小柄な男で、肩に弓を抱えていた。オールバックの髪を後ろで結んでいる。額が異常にデカい。小男は、団子鼻の下の脣を、舌でぺろりと舐めると、警戒心と敵愾心をブレンドした三白眼でヒロ達をねめつけた。

 剣を背負った男はヒロ達の間に割って入ると、後ろのマントの男をちらとみて合図した。マントの男は無言でマントの下から皮袋を取り出すと、カウンターにドンと置く。どうやら、この剣を背負ったアーマーの男がリーダーのようだ。

「ラルル、黒曜犬の牙とゴブリンのバックルだ。換金してくれ」
「は、はい。確認しますので、少々お待ちください」

 ラルルは、皮袋を手元に引き寄せると口を開けて中を確認する。そして、計量してきますと言って、奥に引っ込んだ。

 大剣の男はくるりと体の向きを換え、カウンターを背にもたれ掛かる。両肘をカウンターに預けると、ソラリスがいることに気づいた。

「よぉ、ソラリス。暫くじゃねぇか。俺達のパーティに入る気になったか?」
「誰が」
「いいじゃねぇか。いつまでもフラフラしてねぇで、俺達と遊ぼうぜ」
「ざけんな。とっとと失せろ!」

 ソラリスは心底厭そうに拒否したが、男はまるで意に介さない。

「なぁ、ソラリスぅ。俺は、お前を買ってるんだぜぇ。お前が来てくれりゃぁなぁ、此処(ここ)で……」

 銀色アーマーの男は、一歩踏み出して、ソラリスの前に出ると人差し指をソラリスの下顎に押し当てた。

「入らねぇって言ってんだろ。それとも死にてぇのか」

 ソラリスが男の指を手の甲で弾いた。怒りのランプは点灯寸前だ。

「あぁ、出来んのか手前(てめ)ぇに」

 ロンボクが止めようと動き掛けるより早く、見かねたヒロが割って入る。

「嫌がっているじゃないか。止めろよ」
「あぁん? 何だお前ぇは」
「何だっていいだろ」

 ヒロは、自分のために骨を折ってくれているソラリスに対する大剣の男の慣れ慣れしい態度に少しイラッとしていた。もしかしたら嫉妬していたのかもしれない。

「俺が誰だか知ってんのか。何ならその喧しい口を二度ときけないようにしてやってもいいんだぜ」

 男はヒロに腕を伸ばした。ヒロの顔に緊張が走る。ヒロの傍で身を硬くしていたリムが声を上げそうになる一瞬前に、男の手首をロンボクが押さえた。

「ミカキーノさん、止めてください。これ以上やるのなら、僕がお相手しますよ。貴方には敵わないまでも一矢報いることくらいなら僕にだって出来るんですよ」

 ロンボクは空いた手に炎粒(フレイ・ウム)を作って見せた。何時の間に呪文を唱えていたのか。ロンボクもそれなりの魔法の使い手ではないのかとヒロは思った。

 だが、そのロンボクの言葉に、アーマー男の後ろで控えていたマントの男が反応する。ほんの僅かに顔を上げ、切れ長の黒い眼をロンボクに向けたかと思うと、ロンボクの後ろの壁に掛けられていた蝋板(ワックスタブレット)の一つがバチンと音を立てて割れ、床に落ちた。

「ロキ!」

ロンボクの叫びに周囲が騒めき、フロアは一気に緊張感に包まれた。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ